日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > コント番組を殺した視聴者の“声”と局の“自主規制”(前編)

コント番組を殺した視聴者の“声”と局の“自主規制”(前編)

20080313_cont1.jpg『笑う犬の生活』(上)と『リチャードホール』
(下)

 近年、『8時だョ!全員集合』(TBS/69〜85年)や『オレたちひょうきん族』(フジテレビ/81~89年)などに代表される、バラエティ番組の本流ともいえるコントバラエティが、急激にその数を減らしている。現在、地上波で全国放送されているのは、プライムタイムの(しかも芸人でなくアイドルメイン)『SMAP×SMAP』(フジテレビ)だけで、そのほか深夜枠の『コンバット』(同)や『サラリーマンNEO』(NHK)など、数えるほどになってしまった。

 かつては隆盛を誇ったコントバラエティが、ここまで数を減らしてしまったのは一体なぜなのだろうか? その要因のひとつとして、まず注目しなければならないのが、局による番組ガイドラインの強化。つまり、自主規制による笑いの表現の収縮である。

「もちろん番組への苦情、クレームなんかは昔からありました。特にテレビ業界に“ヤラセの笑い”を知らしめた『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ/85~96年)や、裸の若い女性が出てきたりする『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』(TBS/86~92年)なんかは、放送すれば必ず苦情が来ていたと聞きます。でも、当時はそんな視聴者の意見に、制作者側も過剰反応を示していませんでした」(局関係者)

 それでは、一体いつから局の自主規制が厳しくなったのだろうか?

「96年4月に、『子どものいじめを助長しかねない』との理由から、日本PTA全国協議会が『ダウンタウンのごっつええ感じ』に内容改善を求め抗議したんです。世間ではいじめ問題が騒がれていた時期だったので、この一件は結構大きく報道されました。これだけなら大丈夫だったんでしょうけど、翌年6月に酒鬼薔薇聖斗が逮捕されてから、青少年へのテレビの影響というものが本格的に議論されるようになったんです」(同)

 そして、決定的だったのが98年1月に黒磯で起こった中学生徒が女性教諭を刺殺した事件だったと前出関係者は言う。刺殺した少年が、ドラマ『ギフト』(フジテレビ)で、主人公がバタフライナイフを使っているシーンに憧れたと供述したことが報道されると、当時同ドラマを再放送中だったフジ系列の東海テレビは放送を即中止。マスコミは「少年がドラマの影響で人を殺した」などと報道を行った。この事件を境に、各局は表現の自主規制を強めていったのだ。

 また、企業コンプライアンスの大切さが叫ばれるようになったという社会背景も関係している。消費者の声に過敏な反応を見せるスポンサーや広告代理店が、番組制作に対して大きな影響力を発揮しているという現実があるからだ。
(テルイコウスケ/後編へ続く

【関連記事】 『ロンハー』の「格付け」から梨花が消えちゃった理由
【関連記事】 保守化『サンデージャポン』希望は不倫ディレクター!?
【関連記事】 バカネタ・下ネタ、なんでもOK!“バラドル”急増のナゼ?

【お知らせ】 よろずや【才蔵】オープン! ~ヤバい本から“一癖アリ”のグッズまで~

最終更新:2013/02/07 14:46
こんな記事も読まれています

コント番組を殺した視聴者の“声”と局の“自主規制”(前編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

『ガチ星』が生ぬるい邦画界に追込み

 サイコーに熱い映画が、福岡からやってきた! 例えるなら、福岡県民のソウルフードであ...
写真