日刊サイゾー トップ > 社会  > 読売・朝日・日経連合が本気で毎日新聞潰しに!

読売・朝日・日経連合が本気で毎日新聞潰しに!

 この春から、新聞業界が半世紀ぶりの紙面改革に乗り出す。

「高齢化する新聞読者でも十分読んでもらえるよう、活字を20パーセント拡大するんです。その文字を収容するスペースづくりのため各段の間隔を広げることになり、1ページを従来の15段組み(読売新聞は14段組み)から12段組みに変えるという、戦後初の試みに着手するんです」(新聞社社員)


 たとえば、2月15日の読売新聞の社告を見ると、現在の文字より横に7%、縦に16%拡大するという。これにより、新聞文字は正方形に近づき、文字の線も太くなるそうだ。社告に登場した俳優・橋爪功が「大きい活字を読むと、字が目に飛び込んでくる」とさわやかにコメントしているのが印象的だ。

 しかし、喜んでばかりはいられない深刻な事情がある。あるブロック紙の幹部は「この変更は、輪転機をはじめ、印刷システムへの多額の投資を伴います。この結果、資金力のある大手紙主導による業界再編すら、余儀なくされそうなんです」と警告しているのだ。

 事の発端は、年末から年始にかけて起きている。ブロック紙や地方紙などの各地の新聞社の社長あてに、読売新聞グループ本社の内山斉社長名で、一枚の通知書が送り付けられたのだ。「前略 取り急ぎ用件のみ、ご連絡いたします」と唐突な書き出し。続けて、朝日新聞、日経新聞と共に紙面研究をした結果、3社とも12段化を実施することにしたので御社でも12段化を検討してほしい、という実に強引な内容だ。

「降ってわいたような通知に、地方紙の経営者たちの間に衝撃が走りました。理由は2つ。読売、朝日、日経という大手紙に読みやすい紙面づくりを先行されたら、シェアを食われてしまうに違いないこと。そして、紙面構成が12段へと変わると、15段の新聞社は広告がもらえなくなるかもしれないからなんです」(前出・ブロック紙幹部)

 特に深刻なのは、広告の問題。新聞紙面に組み込む広告は、サイズによって広告費が決められている。広告代理店はこれまで、15段に合わせたサイズで広告枠を販売してきたが、もし12段の新聞が増えてくれば、広告代理店も12段に合った新規格での販売に一本化してしまうかもしれない。そうなると、15段のままの新聞はサイズが違うという理由で広告を掲載できなくなるケースが増え、ただでさえ苦しい経営の中、さらなる減収を迫られるわけだ。

「どうやら広告代理店最大手の電通は、当面は15段用の広告を維持する方針だが、大手紙だけで業界シェアの半分に迫る発行部数があるだけに、広告主から『12段の新聞に合った広告をつくってほしい』とオーダーが来るのは目に見えている。そうなると、15段用の広告記事そのものが、打ち切られるかもしれない」(広告業界関係者)

 販売面でも、広告面でも、大手紙に一方的にかく乱された中小新聞社は、まさに水攻め、火攻めの中に投げ込まれたかのようではないか。新聞業界関係者によると、読売のこうした動きに対し、乗り遅れては負け組になるというので、産経新聞や神戸新聞、信濃毎日新聞など10社を超える新聞社が12段へと移行する予定で、こうした流れは今後も加速するとみられる。だが、明らかに流れに乗り遅れた新聞社がある。毎日新聞だ。

「毎日は昨年、拡大文字『J文字』を導入して、紙面を14段にしたばかり。さらに12段化まで実施するとなると、印刷システムを変える、新たな投資が必要となる。一説には10億円は下らないというから、今の毎日の経営体力では、この投資は命取りになる」(同)

 実は、読売の社長が送り付けた前述の通知には、「毎日のように現行段数のままでは、限界」と名指しで触れられており、「大手3紙の当面の戦略は、同社を潰し、毎日新聞の販売シェア300万部を奪うことでは?」(前出・ブロック紙幹部)ともいわれる。

 一部地域で3社による共同配達を始めることを発表し、1月末からは、共同ニュースサイト「あらたにす(新s)」をスタートさせるなど、呉越同舟の読売、朝日、日経の3社連合。新聞業界はまさに、「食うか、食われるか」の時代に突入したのだ。
(由利太郎/「サイゾー」4月号より)

【関連記事】 時代錯誤な新サイト? 「新s」の中身にあの大手新聞記者も苦笑
【関連記事】 他社に厳しく自社には超アマ!二枚舌・朝日新聞の偽装委託
【関連記事】 企業離れが急加速中 ゴーマン日経“失墜”間近!?
【関連記事】 Yahoo!ニュース担当者が語る!朝日も日経も“競合じゃない”
【関連記事】 “守屋疑惑”を抜け駆け報道した朝日の功罪

【お知らせ】 よろずや【才蔵】オープン! ~ヤバい本から“一癖アリ”のグッズまで~

最終更新:2008/06/17 19:40

読売・朝日・日経連合が本気で毎日新聞潰しに!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

トウガラシ名産地の珍なる町おこし

 韓国の町おこしが熱い。以前この連載でも、特...…
写真
インタビュー

異色の警察小説大賞の著者に聞く

 新人警官が仮配置された派出所は、警邏(けいら)にも出ない、呼集にも応じない、すべて...
写真