日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > チベット問題にブロガーが奮起! “一日一チベット”で抗議運動

チベット問題にブロガーが奮起! “一日一チベット”で抗議運動

eyesontibet.jpgEyes on Tibet英語版ブログ
※先週の気になるネットの話題を、ダイジェストでお届けします!

主要国の北京オリンピックへの開会式ボイコットなど、国際問題に発展してきているチベット暴動問題。ブロガーの間でも、高い問題意識をもって見られています。そんな中、アンカテ(Uncategorizable Blog)というブログで提案された「一日一チベットリンク」(Eyes on Tibet)が注目を集めています。


「しばらくの間、一日に一つ、なんでもいいからチベット関係のURLにリンクしようという運動」のことで、チベット問題に対しての意識を高めようとする試みです。ブログをもっている方はもちろん、mixi日記などネットで情報発信している人は、参加してみてはいかがでしょうか。

>>NHKハジマタ\(^o^)/ ネット紹介番組スタートで初音ミク特集

歌声合成ソフト「初音ミク」によって作成された楽曲や、彼女(?)のイラスト・動画などが根強く人気。海外のニュースサイトやPodcastでも取り上げられるほど注目を集めるようになってきています。来る4月5日には、NHKBS2で昨年放送されていたネットコンテンツ紹介番組『ザ☆ネットスター!』が、地上波でレギュラー化。その初回特集も初音ミクになるそうで、今後もブームは続いていきそうです。初音ミク関連情報を知りたい人は、ファンサイトの「初音ミクみく」がおすすめ。

>>空気の次は、”文字”が読めない?

昨年の流行語にもなった「KY」。「空気読めない」の略ですが、最近は数字を読めないことを「SY」と呼ぶなど、いろいろと派生語が生まれているようです。また、読めないわけではないけれど、文字をずっと見ていて「こんな形だっけ」と感じる現象のことを、「ゲシュタルト崩壊」もしくは「空目」というそうです。例えば「ぷ。」をじっと眺めているとボーリングをしている人に見えてきます。その他「れ」はカンガルーに見えるなど、確かにいわれてみるとそう見えてくるから不思議です。空目ネタは、合コンにも使えちゃうかも?

>>もう見た? ロールケーキうさぎのロールちゃん

山崎製パンのロールケーキ「ロールちゃん」が、耳の長いかわいいウサギのイラストのパッケージで人気。お絵描きできるミニブログ「はてなハイク」でも、たくさんのロールちゃんイラストが投稿されています。さらに「なが~いよ」といったのんびりした「ロールちゃん語」を使って会話するのも人気のようです。

>>その他の注目新キーワード

おにゃのこ friendfeed 昭和の残像 問い続ける男 モテない系 ただしイケメンに限る

※このコーナーでは、毎週新しく登録されたはてなダイアリーキーワードをもとに、ネット上の話題をお届けしています!
(協力:山田聖裕氏@はてな)

最終更新:2008/05/21 22:34
こんな記事も読まれています

チベット問題にブロガーが奮起! “一日一チベット”で抗議運動のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が語る「殺害予告」の真実

 日本人最多とされる殺害予告を受け、6年以上に渡って誹謗中傷を受け続ける「炎上弁護士」...
写真