日刊サイゾー トップ > エンタメ  > キムタク月9ドラマ 5月スタートは『ごくせん』対策だった !?

キムタク月9ドラマ 5月スタートは『ごくせん』対策だった !?

20080403_kimutaku.jpg

 木村拓哉主演の月9ドラマ『CHANGE』(フジテレビ系)のスタートが、5月12日になったことが発表された。これまでは4月スタートと報じられていたのに、局側からは「編成上の戦略」という漠然とした説明しかされていない。芸能プロ関係者によると、「『CHANGE』に出演している役者や所属事務所には、『バラエティやクイズ番組の改編が多く、その調整のため』とかいう、よくわからない説明がされているようです」というが、まさかそんな理由で今改編の目玉であるドラマのスタート時期をずらすはずもない。しかも、主演はキムタクである。
 
 実はこの変更自体、キムタク側が望んだものというのだ。その裏では、SMAPの辣腕マネージャーとして知られるI女史から、フジテレビに「スタート時期をずらすように」という強烈なプレッシャーがあったという。

「『CHANGE』は、キムタクが総理大臣役という荒唐無稽な設定。それが吉と出るか凶と出るかは、ふたを開けてみないとわかりません。キムタク主演ドラマには常に30%近くの視聴率が求められるし、少なくとも今クール(4~6月期)のドラマの中では平均視聴率1位を獲らなければ、『キムタク神話崩壊』と騒がれかねない。キムタクのブランド力も急落です。ただし、今クールには『ごくせん』(日本テレビ系)という強力なライバルがいる。そのために、あえてスタート日をずらし、視聴率戦争への参加を避けたんですよ」(テレビ関係者)

 確かに、『ごくせん』ほか、話題の新ドラマが次々にスタートする4月や視聴率が稼げないゴールデンウィークを避けて、5月12日からスタートさせれば、待たされた分、視聴者も食いつくだろうし、話題性も高まるだろう。仮に視聴率が取れなくても、5~7月期となる『CHANGE』は、4~6月期の他のドラマの平均視聴率と比べられることもない。攻めと守りを同時にできる、まさに新手の戦略だ。

「辣腕のI女史は、ドラマの脚本をシビアに判断するタイプ。彼女から見て、今回の『CHANGE』は、内容的にも、視聴率的にもマズいと思ったのでしょう。脚本を根本的に直すのが無理ならばと、編成的な奇策でキムタクを守ろうとしたんだと思います」(前出・関係者)

 それにしても、天下の月9ドラマのスタート時期まで動かせてしまうとは、恐るべきジャニーズ、いやI女史のパワー。仮にこの策が功を奏して高視聴率獲得となれば、今後、この手をまねてくるドラマが増えるかもしれない。

【関連記事】 SMAPの壁は高かった! 惨敗ジャニタレ・ドラマの憂鬱
【関連記事】 『HERO』で溜飲を下げたキムタク“女帝”の意地
【関連記事】 SMAP vs 亀梨・生田 ジャニーズ“視聴率戦争”は明暗くっきり!
【関連記事】 体重増と竹内結子との仲が気になる月9主演の香取慎吾
【関連記事】 グダグダ剛にガンバル嵐 ジャニーズ番組などいらない!?

最終更新:2008/06/27 13:15
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed