日刊サイゾー トップ > 社会  > 光市母子殺人事件でも見られた「主文後回し」が示す“重さ”

光市母子殺人事件でも見られた「主文後回し」が示す“重さ”

「主文、後回しです! 主文は後回しにされました!」

 4月22日、広島高裁で公判が行われてた山口県光市母子殺人事件の差し戻し控訴審で、テレビカメラの前に記者が駆け込み、こう叫んだ。

 この後、死刑判決が下ったわけだが、ここで少々疑問に思ったことがある。テレビなどではよく聞く「主文後回し」という言葉。そもそも「主文」とは、「懲役○年の刑に処す」などの判決の結論部分のことで、通常はいちばん最初、判決理由を述べる前にまず述べられる。で、「主文後回し」とは、この主文をいちばん最後に述べることで、この言葉が出ることはすなわち死刑判決が下ることを意味するということは、たいていの人なら知っている。

 しかし、そもそも死刑の場合に、なぜ後回しになるのだろうか? 「結論部分を先に聞いてしまうと、被告人が動揺してその先が聞けなくなるから」などと一般的には思われている。しかし、死刑でなくとも、動揺が生じる重い判決だってあるだろう。ということは、死刑以外でも、主文を後回しにするケースもあるのだろうか? 法律関係者に話を聞いた。

「主文を後回しにするのは、ご想像通り、先に言ってしまうと被告人が動揺してしまうからです。死刑判決にするときは、ほぼ主文後回しになり、逆に死刑判決以外で主文を後回しにするというのは、聞いたことがないですね」

 よって、主文を先に言わなければ、ほぼ100%死刑だとわかる。報道機関では、その時点で「死刑」とは確定していないために「死刑判決が出た」とは言えないものの、一刻も早く報道するために、裁判官が「主文後回し」と述べた時点で法廷を出て、カメラの前でこの点を強調し、死刑判決が下ることを暗にほのめかすのだという。

 では、そもそも通常は、なぜ「主文」を先に言わなきゃいけないのでしょう?

「それは、そう決まっているから。『判決書』自体が、「判決・主文」と書くべき事項が決まっているんです」

 判決書には特定の用紙があるものなのなんですか?

「いいえ。特定の用紙があるわけではないのですが、様式が決定しているんですよ」

 常識外れな質問ついでに、もうひとつだけ。死刑判決が出ない場合にも、裁判官が主文を後回しにしたいと思えば、そうしてもいいものなんでしょうか?

「やりたかったらやってもよいですが、やる人はいませんね。やる意味もありませんし」

 「主文後回し」には、「極刑」という結論を先に言うことで被告人を動揺させないためという意味のほかに、わざわざ通常と違う手順をとることによって、「それがいかに重い刑か」をアピールするという、戒めの意味もあるのだとか。

 というわけで、「主文後回し」には、やはり深くて重い意味があったのでした。
(田幸和歌子)

【関連記事】 光市母子殺害事件、22人の弁護団が胸中を告白
【関連記事】 メディア規制強化の布石! 『僕はパパを~』事件の狙い
【関連記事】 時津風部屋事件 憤る報道陣と困惑の父親

最終更新:2008/04/23 20:06
関連キーワード

光市母子殺人事件でも見られた「主文後回し」が示す“重さ”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

東京MX、違反にギャラ未払い

 昨年放送されたバラエティ番組『欲望の魂』の...…
写真
インタビュー

超問題作で大型新人監督がデビュー!!

 障害を抱えた兄妹が、犯罪に手を染めることで生きていく。片山慎三監督のデビュー作『岬...
写真