日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 第二のアキバとなるか!?埼玉県がオタク文化で観光PR

第二のアキバとなるか!?埼玉県がオタク文化で観光PR

deep.jpg埼玉ちょ~でぃーぷな観光協会のHP

 今年4月、埼玉県公式の“一風変わった”観光サイトが誕生した。その名も「埼玉ちょ~でぃーぷな観光協会」……トップページにはアニメ『らき☆すた』や『仮面ライダー電王』の画像が並んでいる。

 実は、埼玉県はアニメの舞台や特撮のロケ地として使われることが多く、同サイトではそういったオタク文化に縁のあるスポットを観光地として紹介しているのだ。そのほか各地域や特産品を象徴する「ゆるキャラ」も紹介されているなど、ユルい感じながら埼玉県の“本気”がうかがい知れるサイトになっている。

washimiya.jpg4月6日の「らき☆すた感謝祭」。同アニ
メの舞台鷺宮町にて

「埼玉県には、残念ながら全国的に有名な観光資源が多くはありません。そこで、視点を変えて、決して有名でなくても、埼玉らしい魅力的な観光スポットがたくさんあることを発信していきたいと考えました」(埼玉県産業労働部観光振興室・山本さん)

 4月1日の開設から約3週間で、総アクセス数が235万件を超えるほどの人気を獲得。それにしても、なぜ埼玉はこんなにもオタク文化とのつながりが深いんでしょう?

atom.jpgアニメ『鉄腕アトム』の特別住民票も発
行されている

「東京のアニメ専門学校などに、通学圏内である本県出身者が多く通っているからではないでしょうか。また、『らき☆すた』や『クレヨンしんちゃん』などの日常生活を描いた作品の舞台になることが多いので、本県の住環境が描きやすいのだと思います」(同)

 サイト名には「“知る人ぞ知る”埼玉の魅力をPRしたい」という意図が込められているそう。住む人はもちろん、オタクにも優しい埼玉の今後に大注目!
(アボンヌ安田)

埼玉ちょ~でぃーぷな観光協会
「アニメ課」「エンタメ課」「ロケーション課」「面白スポット課」「ゆるキャラ課」の5つに分けられたカテゴリーは、どれも見応え十分。サイト名をあえて手書きにしてユル~い感じを出すことで、親しみやすさを表現したんだとか。http://www.sainokuni-kanko.jp/deep/

「らき☆すた 2 限定版」

さいたまに詳しいと2倍楽しめます☆

Amazonで詳細を見る080314amazon.gif

【関連記事】 本音はやっぱりオタ嫌い? MSN産経の二重掲載と“?”な対応
【関連記事】 京都ハジマタ\(^o^)/ 「うじゅたまうじゅりんぱ」で萌え起こし
【関連記事】 進化する萌え 今度は「アホの子」

最終更新:2008/06/19 23:20

第二のアキバとなるか!?埼玉県がオタク文化で観光PRのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

『青天を衝け』黒船来航のウラ話!

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

『鬼滅の刃』のプロデュースワークの巧みさ

『劇場版ソードアート・オンライン~オーディナル・スケール~』『富豪刑事 Balanc...
写真