日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「ヤンサン」休刊で、グラドルブーム終焉にも拍車!?

「ヤンサン」休刊で、グラドルブーム終焉にも拍車!?

youngsundaz.jpg「ヤングサンデー」(6月19日号)
表紙はやっぱり水着グラビア

 5月30日、「ヤングサンデー」(小学館/以下、ヤンサン)が7月いっぱいで休刊することが発表されたが、これに、内心穏やかではない人々がいるという。グラビア業界の関係者たちだ。

「ヤンサンは、表紙は必ずグラビア。毎号、表紙と中ページで2人出るとして、年間で2人×50週で100人の枠が潰れることとなる。大ダメージですよ」(グラビア系芸能プロ関係者)

 マンガ誌は、全国に10万部規模で配本される一大メディアだ。そこに自社のタレントを“突っ込む”べく、グラビアアイドルを多く抱える芸能プロは、日々しのぎを削っているわけである。


 しかし、実はたいした影響はない、と見る向きも。

「10年前と違って、水着グラビアは確実に落ち目です。巨乳アイドルたちが雑誌を賑わし、写真集が飛ぶように売れた時代は終わってしまった。各雑誌が毎年大々的に開催していた『グラビアコンテスト』も、最近は話題になることもない」(芸能プロマネージャー)

 2000年代前半、講談社の「ミスマガジン」、集英社の「制コレ」、さらに「日テレジェニック」「テレ朝エンジェルアイ」「フジテレビビジュアルクイーン」など、各メディアが競うようにグラビアコンテストを開催し、眞鍋かをり、中川翔子などそうそうたるタレントたちを輩出していたのも今は昔、現在も続いているのは、ミスマガジンと制コレ、日テレジェニック、そしてヤンサン主催の「YS乙女学院」のみである。

「乙女学院は、グラビアブームにも陰りが見えてきた04年に始まりましたが、『ミスマガジン』や『制コレ』に比べて印象が薄く、実際たいしたタレントも輩出していない。『クロサギ』など、ヤンサンの人気連載のいくつかは小学館が発行するほかのマンガ誌に移籍するという話もありますが、恐らく乙女学院はひっそりと終了するでしょうね」(前出・芸能プロマネージャー)

 この件についてヤンサン編集部にコメントを求めると、「(乙女学院の今後については)まだ決まっていません。なにかしらのかたちで継続する可能性もあります」ということだった。

 一部の人気連載は抱えつつも、最近は部数低迷に苦しんでいたというヤンサン。グラビアブーム終焉の時期にコンテストを始めてしまったあたりも、休刊の“敗因”かも?
(編集部)

【関連記事】 やっぱり休刊決定! 「『ヤングサンデー』休刊を検討」の真相
【関連記事】 10年連続でマイナス成長!!お先真っ暗!?なマンガ産業研究
【関連記事】 現役編集者が怒りの提言「権利ビジネスに頼るな!!」
【関連記事】 ギャラは“●●代”相当? 元編集が語るコミックガンボ休刊の内幕

最終更新:2008/06/21 10:03

「ヤンサン」休刊で、グラドルブーム終焉にも拍車!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

東京MX、違反にギャラ未払い

 昨年放送されたバラエティ番組『欲望の魂』の...…
写真
インタビュー

『こじらせ男子』著者インタビュー【後編】

(前編はこちら)  各方面で話題になっている、一般社団法人日本合コン協会会長の田中絵...
写真