日刊サイゾー トップ > 社会  > 『ポニョ』は中ヒット? 歴代人気作品と徹底比較分析!

『ポニョ』は中ヒット? 歴代人気作品と徹底比較分析!

ponyost.jpg画像/『崖の上のポニョ サウンドトラック 』

 7月3週目の週末(19日~21日)は3連休となった。国内映画市場では、夏休みの大本命『崖の上のポニョ』が貫禄の首位デビューを果たした。公開3日間の成績は、動員が125万1107人、興収は15億7581万7355円。21日の祝日を除く、土日の2日間では興収10億2596万1855円である。

 この数字の読み方はいろいろある。

 まず、過去の宮崎アニメと比べてみよう。01年7月の『千と千尋の神隠し』が今回同様3連休に公開されており、盛んに引き合いに出されている。3日間の興収で比較すると、『ポニョ』は『千と千尋』の96.6%なので、304億円稼いだ『千と千尋』の数字を引き合いに、『ポニョ』は300億円も狙えるという観測が出ても不思議ではない。

 とは言え、『千と千尋』は日本における映画の興行収入ランキングの歴代1位に輝く作品。また、アカデミー賞最優秀長編アニメ賞をも受賞しており、宮崎アニメの中でも別格なのである。いくら同じ作家とはいえ、安易に比較対象とするには無理がある。

 では、もっと最近の宮崎アニメ、04年11月の『ハウルの動く城』と比べたらどうだろう? 『ハウル』は公開2日間で14億8384万3060円を記録しており、勢いでは『千と千尋』を遙かに上回っていた。だが、最終的には興収196億円と、『千と千尋』を100億円以上下回っている。そして『ポニョ』の出足は『ハウル』の約70%の水準にすぎない。196億円の70%は137億円である。

 さらに、06年の宮崎吾朗監督『ゲド戦記』と比べてみよう。監督は違えど、歴とした「スタジオジブリの宮崎アニメ」に相応しく、公開2日間で興収9億0533万5600円という堂々たる成績。そして『ポニョ』の出足はこれの113%である。『ゲド戦記』の最終興収は76.5億円だから、これを1.13倍すると86.4億円。

 ついでにもう1つ。6月28日に公開された『花より男子ファイナル』の公開2日間の成績は、興収10億0579万8910円。何と、『ポニョ』の2日間とほとんど変わらない。『花男』の最終興収は70億円前後と予想されている。

 こうして過去の宮崎アニメの数字を並べて比較していくと、今作『ポニョ』の到達地点は、興収100~120億円ぐらいではないかというのが我々の予想だ。作品の内容についても、『千と千尋』『ハウル』のようにオールターゲットというわけではない。宮崎監督も「子供たちのために作った」と語っていることもあり、20代や30代の大人たちの稼働がそれほど多くないので、夏休みが終わる頃にガクっと勢いが落ちる可能性がある。

 しかし、我々の予想を遙かに超えて、200億円近くまで到達する可能性も皆無とは言えない。例の「ポーニョ、ポニョ、ポニョ」という主題歌の圧倒的な力があるからだ。昨年の12月に、すでに発売されていたというこの主題歌は、今年の2月には8枚しか売れていなかったのが、公開直前には1日で1万枚以上が売れ、21日にはオリコンのデイリーチャートでも1位になっている。

 あっという間に全国に浸透し、今や誰もが口ずさむその旋律が、『崖の上のポニョ』の主題歌であることを知らない者はいないだろう。動員への強力な追い風になっていくことは間違いない。
(eiga.com編集長・駒井尚文)

作品の詳細は以下より。
『崖の上のポニョ』

1/48 紅の豚 サボイア S.21

サヴォイアプラモ。

Amazonで詳細を見る080314amazon.gif

【関連記事】 「仕事とは何か」を問う圧巻の群像劇『クライマーズ・ハイ』
【関連記事】 戦争が与える心の闇をえぐり出した人間ドラマ『告発のとき』
【関連記事】 『マッハGoGoGo』実写映画化! 超スピードを映画館で“体感”せよ!!

最終更新:2008/08/04 21:10
こんな記事も読まれています

『ポニョ』は中ヒット? 歴代人気作品と徹底比較分析!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

“コント職人”ラバーガールの現在地

『エンタの神様』(日本テレビ系)などで知られるコント師・ラバーガールが、2年連続で全国...
写真