日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『ダークナイト』意外な日米格差 日本の興収は全米の3%程度に!?

『ダークナイト』意外な日米格差 日本の興収は全米の3%程度に!?

darknight_00.jpg『ダークナイト』/TM &(c) DC Comics
(c) 2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

 『ダークナイト』が全米で大変なことになっている。先月18日に公開され、まずはオープニング3日間で1億5500万ドル(約170億円)という凄まじい興収を記録。『スパイダーマン3』(3日間で1億5100万ドル)を抜いて歴代オープニング記録保持者となった。その後も、5日目で2億ドルに到達して『パイレーツ・オブ・カリビアン2』(8日目で2億ドル到達)を蹴散らした。3億ドル、4億ドル到達も歴代最速で、今や『スター・ウォーズ』の興収(約4億6100万ドル)に迫り、これを引きずり下ろして『タイタニック』(約6億ドル)に次ぐ史上第2位の地位を得ようとしているのである。


 『ダークナイト』は、新生バットマンシリーズの2作目にあたる。1作目『バットマン・ビギンズ』(05年)に続いてメガホンを取ったクリストファー・ノーラン監督の確かな演出もさることながら、ジョーカー役のヒース・レジャーの伝説的な演技が語りぐさとなっている。レジャーは不幸にも今年の1月に急死したが、故人にしてアカデミー賞を受賞する可能性もかなり高いと予測されている。目下、全米興収ランキングでは4週連続の首位。毎週のように首位が入れ替わる全米映画市場において、4週に渡ってトップの座をキープしたのは『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』以来実に4年7カ月ぶりのことである。

 さて、この『ダークナイト』だが、8月9日に日本でも公開された。国内の映画ファンの期待は高く、前売り券も良く売れていたが、オープニング2日間の成績は動員24万8167人、興収3億3318万4700円(先行上映の数字を含む)。実はこの成績、前作『バットマン・ビギンズ』(興収14.1億円)の114%にすぎない。『バットマン・ビギンズ』は渡辺謙が出演していたこともあって、興行では案外健闘した印象なのだが、『ダークナイト』の最終的な興収はこれを下回る可能性が高い。

 全米では、最終的には5億ドル(550億円)近辺の興収が見込まれているから、何と日本ではそのたった3%以下しか稼げない計算になる。『パイレーツ・オブ・カリビアン』や『スパイダーマン』『ハリー・ポッター』などのフランチャイズ映画が、日本市場で全米興収の20~30%に匹敵する成績を上げていることからすると、何とも寂しい数字である。

 『バットマン』シリーズの通算6作目となる『ダークナイト』では、タイトルから『バットマン』の文字が消された。それでも日本では、相変わらず商売が難しいシリーズであることに変わりはない。ある意味『ダークナイト』は、『日本では当たらなかった』と言うよりは、『全米で異常なまでに当たってしまった』と言うべきなのかも知れない。
(eiga.com編集長・駒井尚文)

『ダークナイト』 1/6スケールビークル バットモービル

観たら、ほしくなる。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 五輪効果!? 今夏のハリウッド映画は“中国”ずくめ!
【関連記事】 『アイアンマン』ジャパンプレミア試写会に10組20名様をご招待!
【関連記事】 年間100億円以上! アニメが支える東宝の“独走”状態

最終更新:2008/08/19 16:03

『ダークナイト』意外な日米格差 日本の興収は全米の3%程度に!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

安倍首相、買収マネーで孤立無援

今週の注目記事・第1位「河井夫妻『買収』原資...…
写真
インタビュー

ラリー遠田が語る『平成お笑い史』

 3月15日、お笑い評論家のラリー遠田の著書『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴ...
写真