日刊サイゾー トップ > カルチャー  > NHK朝ドラ『だんだん』の”キモスカ”石橋がクセになる!

NHK朝ドラ『だんだん』の”キモスカ”石橋がクセになる!

dandanhp.jpgNHK『だんだん』HPより

 今回ツッコませていただきのは、おなじみNHKの連続テレビ小説。

 もはや空気のように、あってあたりまえのようなドラマ枠だったのだが、このほど、この枠の「見直し」が発表された。朝ドラそのものがなくなっちゃうのか、半年一区切りを3カ月区切りにするなどにするのか、その行く先はまだ分からない。

 来年放送予定の次作『つばさ』では埼玉県が舞台ということで、47都道府県すべてを網羅したということも一応理由にしているが、近年続く低視聴率も、伝統ある朝ドラとしては見過ごせない現実だっただろうことは否めない。

 さて、現在放映中の朝ドラ『だんだん』。ここに登場する、石橋というレコード会社のスカウトマンから、目が離せなくて困る。

 ストリートミュージシャン・めぐみ(マナ)と、祇園の舞妓・のぞみ(カナ)が、松江城前で偶然2人で「赤いスイートピー」を歌った場面を目撃し、双子ならではのハーモニーに惚れ込んで、双子デュオデビューに向けて奔走するといったところが、石橋の役回り。

 ドラマ内での役割りは置いといて、この石橋、なぜかいつも傾いている。キメ角度なのか、身体のバランス悪いのか、小首をかしげながらセリフを言うことが多く、とにかく傾いている。そこがまず気になってしかたない。

 顔もイケメン系なのかもしれないが、眉の濃さとその眉とまつ毛の長い目との距離感などから、どこかしら「きれいな小島よしお」にも見えてしまうことも、気になるポイント。

 そして、唐突に出現し、現れてはクサいセリフをのたまっていくのが、最も気になるポイントだ。

 初登場時には、ストリートで歌うめぐみの眼前に、ビデオカメラを回しながら「近い、近い!」と、思わずテレビに言ってしまったほどの、変質者ばりの大接近。

 あまりにキャラのたった存在に、放送1週目にして2ちゃんねるの「ドラマ板」では「キモいスカウト」、略して「キモスカ」というステキな愛称が定着してしまっている。

 この「キモスカ」、別の日には、松江城に登って落ち込むめぐみの携帯に電話をかけてきて、「キミの声が寂しそうだったから」と、携帯をかけながらの登場。そのとき、泣いてるめぐみを、何も言わずにギュッと抱きしめる。それに憤慨されたときに、のたまったセリフ。

⇒この続きは「サイゾーウーマン」で!

【関連記事】 ファン絶叫! 木村拓哉と香取慎吾、衝撃キスの真相
【関連記事】 SMAPのツアーでキムタクの叫びに、ファンは鳥肌!
【関連記事】 今年もやってきました! an・an「好きな男・嫌いな男」結果発表

最終更新:2008/10/27 01:25

NHK朝ドラ『だんだん』の”キモスカ”石橋がクセになる!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

“青春の痛み”描く、藤井道人プロデュース作

 青臭くて、ひとりよがりで、あまちゃんで、心...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真