日刊サイゾー トップ > 芸能  > “サユリスト”すぎる社長が邦画大手・東映を滅ぼす!?

“サユリスト”すぎる社長が邦画大手・東映を滅ぼす!?

yoshinagwasayuriyamataikoku.jpg映画『まぼろしの邪馬台国』HPより

 吉永小百合主演の超大作映画『まぼろしの邪馬台国』が11月1日の公開に先駆けて、全国23ヶ所で、大キャンペーンを展開しているが、映画関係者の間では、公開前から「また、失敗するぞ」という声が上がっている。

「吉永主演の前作『母べえ』(松竹)も大々的に宣伝した甲斐があって、興行収入20億円ほどいったとされていますが、ビジネスとしては成功したとはいえない状況。今回も、宣伝活動の割には、映画関係者などからの評判はいまいちで、集客は厳しくなるんじゃないかと言われていますよ」(某映画ライター)

 元東映関係者は「『母べえ』で苦戦した松竹の状況を間近で見ているのに、『まぼろしの~』を手がけた東映社長・岡田裕介の”サユリストボケ”はいまだに治らない。このままで行くと、ただでさえ業績の悪い東映は小百合と心中しかねませんよ」と危惧する。

 岡田は、その昔、俳優として活躍していたが、当時から”サユリスト”を自認。俳優を辞めた後、父親の岡田茂が社長を務める東映に入社。プロデューサーとして活動し始めた。

「『夢千代日記』や『玄海つれづれ節』など、吉永主演の映画のプロデュースを複数やりましたが、話題になるわりには興行成績はいまいち。社長に就任してからも『北の零年』を手がけましたが、惨憺たる数字でしたよ。そもそも、今の若い客層は吉永小百合なんて知りませんからね」(某映画プロデューサー)

 興業配収まで、まぼろしに終わらなければいいが……。
(サイゾー公式携帯サイト「サイゾー裏チャンネル」より)

母べえ 通常版

これもいい映画だったけど……。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 シニア層に映画熱!? 数字に表れぬ『おくりびと』のヒットぶり
【関連記事】 故・赤塚不二夫の半生を描く映画にタモリが主演へ!?
【関連記事】 韓国映画デビューを封印するSMAP草なぎの不可解な動き

最終更新:2008/10/13 00:19

“サユリスト”すぎる社長が邦画大手・東映を滅ぼす!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

元美容部員が解説“メンズメイク”のススメ!

 メンズメイクという新しい言葉をテレビやメデ...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真