日刊サイゾー トップ > カルチャー  > レオナルド・ディカプリオの脱・童貞は意外と遅めだった!?

レオナルド・ディカプリオの脱・童貞は意外と遅めだった!?

dhikapuriosasamasasasmdoutei.gifレオ様カワイイっ

 1993年の映画『クイック&デッド』(95年製作)の撮影時には、レオナルド・ディカプリオは童貞だったと共演者のラッセル・クロウがTVのトークショーで暴露している。


 この2人はスパイスリラー映画『Body of Lies』で再び共演している。その為ラッセルは、このところTVのトーク番組にひんぱんに出演し、『クイック&デッド』の撮影時には童貞だったのが、数年後にばったり会った時には「もう童貞じゃないんだ」と耳打ちされたとも明かしている。事の真偽をセレブ番組の『アクセスウィークエンド』で尋ねられたレオ様は真っ赤になって、「何の事だかわからないね。これ、セラピーみたいだね」としらばっくれた。ちなみに、レオは74年生まれなので、当時18~19歳くらいだったということになる。

⇒この続きは、「サイゾーウーマン」で!

【関連記事】 新婚スカーレット・ヨハンソンのレズビアン・キスのお相手は?
【関連記事】 ジョニー・デップ、前代未聞のギャラ57億円で『パイレーツ4』に出演決定!
【関連記事】 既に結婚? ジェシカ・シンプソンとトニー・ロモ

最終更新:2008/10/15 10:00
こんな記事も読まれています

レオナルド・ディカプリオの脱・童貞は意外と遅めだった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(1)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真