日刊サイゾー トップ > カルチャー  > ハリウッド大作系に見る「ブラピ」「レオ様」凋落の傾向

ハリウッド大作系に見る「ブラピ」「レオ様」凋落の傾向

eagleeye.jpg『イーグル・アイ』/(C)2008 DREAMWORKS LLC.
All Rights Reserved.

 東京国際映画祭が幕を開けた。オープニングセレモニーは麻生首相も参加して、なかなかの盛り上がりを見せたようだ。だが、出品作のラインナップを見る限り、内容的には今年も今ひとつというのが正直な感想。例年、東京国際映画祭が始まると、東京地区の劇場映画の興収がやや落ちると言われているが、今年に限ってはあまり影響はないだろう。

 さて、この週末は『スターパワー』という観点から2本のハリウッド映画の成績に注目してみた。まずはシャイア・ラブーフ主演の『イーグル・アイ』。駅貼りの広告では、シャイアよりも製作総指揮のスティーブン・スピルバーグの方が大きな文字になっていたのには苦笑させられたが、シャイアは昨年の『トランスフォーマー』(興収40億円)、そして今年の『インディ・ジョーンズ4』(興収47億円)に続き、スピルバーグ作品では早くも3度目の主演(あるいは主演級)にして、一枚看板を背負った格好だ。

 その『イーグル・アイ』、日本でのオープニング成績は、公開2日間で動員19万2500人、興収2億4900万円で、ランキングでは2位。どうにか興収10億円は超えそうなスタートである。全米では9月に公開され、オープニング週末は1位を記録、累計では8000万ドル(約80億円)ほど稼いでいる。現在も続映中で、最終的には1億ドル近辺までたどり着きそうだ。

 全米の成績からすると、日本でも15~20億円ぐらいの興収が欲しいところだが、さすがにそこまでは難しそう。この手の大型アクションの主演を張るには、シャイアはまだまだ軽い印象だ。少なくとも日本ではそう見える。

 それとは逆に、来日キャンペーンなどで独特の存在感を放っていたのが『P.S.アイラヴユー』のジェラルド・バトラー。バトラーは正統派二枚目俳優の部類に入るが、04年の『オペラ座の怪人』は仮面姿で42億円、06年の『300』はムキムキ姿で15.6億円を稼いでおり、実績は十分。今回はラブストーリー、しかも素顔でコスチュームもナシということで、どんな成績を叩き出すのか注目していた。

 しかし『P.S.アイラヴユー』のオープニング成績は、2日間で動員10万7600人、興収1億4700万円。ランキングでは『イーグル・アイ』に続く第3位で、最終的には興収5~7億円あたりが妥当な線だ。全米での興収は5300万ドルぐらいあったので、正直、物足りない。こちらも15億円ぐらいは売り上げて欲しかった。

 いま、日本でもっとも動員力の高いハリウッドスターはウィル・スミス、続いてジョニー・デップ、トム・クルーズといったところだが、レオナルド・ディカプリオやブラッド・ピットあたりの、それに次ぐグループにだいぶ陰りが見えている。

 例えば、ディカプリオの場合、マット・デイモンやマーク・ウォールバーグらと共演した『ディパーテッド』が興収15億円、ジェニファー・コネリーと共演の『ブラッド・ダイアモンド』が10億円。ブラピの場合は『バベル』が20億円、『オーシャンズ13』は32億円だが、これらは彼の主演作ではない。そして、今年タイトルロールを張った『ジェシー・ジェームズの暗殺』は興収1億円にも届いていない。

 今回の、シャイア・ラブーフとジェラルド・バトラーの成績は、いずれもやや物足りないものではある。しかし、ディカプリオやブラピなどと、実はそれほど大きな差はないということも分かった。

 もちろん、作品の内容や出来にも左右されて当たり前ではあるが、出ればコンスタントに20億円、30億円というような動員力のあるスターが、もう何人か欲しいところである。

 さて、この週末には、小品ながら『ブーリン家の姉妹』に注目してみたい。今度は女優部門である。ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの共演が話題のこの作品、2人のスターパワーや如何に。
(eiga.com編集長・駒井尚文)

作品の詳細は以下より。
『イーグル・アイ』
シャイア・ラブーフ インタビュー
『P.S.アイラヴユー』
ジェラルド・バトラー&ヒラリー・スワンク インタビュー

ブラッド・ダイヤモンド

いい映画だけど。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 俊英・村松亮太郎の最新作『アリア』劇場鑑賞券を3組6名様に
【関連記事】 アメリカンコメディ不人気を覆すか『ゲットスマート』
【関連記事】 人気ミステリ作家が徹底検証!『イキガミ』盗作騒動の罪

最終更新:2008/10/27 08:00

ハリウッド大作系に見る「ブラピ」「レオ様」凋落の傾向のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

ダイアン津田、大物女性歌手が親戚だった

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真