日刊サイゾー トップ > カルチャー  > フジアナ・佐々木恭子にみる大人のでき婚”とくダネ婚”
[連載] 亀井百合子の「オシャレな女に憧れて」

フジアナ・佐々木恭子にみる大人のでき婚”とくダネ婚”

koikoisinema.jpg佐々木恭子『恋恋シネマ―早起きアナ
ウンサーの、シアワセの素。』/集英
社be文庫

 フジテレビアナウンサーの佐々木恭子が再婚、すでに妊娠3ヶ月だそうである。要するに”でき婚”だ。リア・ディゾンと同じじゃないか。の割には、世間はリアよりもやさしい気がする。まあ、リアの場合、記者会見で質疑応答を禁止された腹いせから、マスコミが叩きムードで記事をつくっているから仕方がない。

 和田アキ子なんかエラそうに「日本で勉強もしてたというけど、必死で勉強してる子はたくさんいる。下半身だけ勉強して」とコメントしていた。それすなわち、「22歳なんて子どものクセに、セックスばっかりやってんじゃねーよ」ってことだろう。慶事にそんなコメントかよ! 子どもだからこそセックスしたいんだよ! 文句あっか!?


 一方の佐々木恭子は35歳のいいオトナである。妊娠出産を意識したことのある女性ならピンとくるだろうが、35歳は子づくりの一つの節目だ。羊水は腐りませんけども、日本産婦人科学会では35歳以上の初産を「高年初産(高齢出産)」と定義して区別している。そんなこともあって、佐々木恭子の場合は、「できてよかったね」という感想を持つ人や「アセってたんだろうなあ」という見方をする人がいる(もちろん「オトナのくせに順序が逆で恥ずかしい」と見る人もいるが)。

 実際、佐々木恭子自身も10月24日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で結婚報告をしたとき、笠井信輔アナから「子づくりを意識してたんじゃない?」と聞かれ、こう答えていた。

⇒この続きは「サイゾーウーマン」で!

【関連記事】 あの熱狂から28年。今、MATCHYに惚れ直してみる
【関連記事】 なんだか気になる、新カリスマ主婦の清原亜希さんとは?
【関連記事】 林真理子のエッセイは”勘違いダイエッター”のバイブルである

最終更新:2008/10/27 20:30
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真