イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真

特集

元貴乃花親方ファミリーがお騒がせ中!

元貴乃花親方と景子さんは離婚、優一はパワハラ騒動…一体どうなってるの!?
写真

人気連載

瓜田純士『ゴッドカウンセラー』って!?

自らを神と名乗る瓜田純士(39)が、 YouTu...…
写真

ドラマレビュー

錦戸亮『トレース』は“胸キュン”ドラマ!?

 2019年1発目の月9ドラマ、『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)が1月7日...…
写真


 >   > 「実は被害者!?」12億の請求書も…羽賀研二無罪判決の裏事情

「実は被害者!?」12億の請求書も…羽賀研二無罪判決の裏事情

hagamuzai.jpg 詐欺と恐喝未遂に問われていたタレント・羽賀研二(47)と元プロボクシング世界王者の渡辺二郎(53)両被告に無罪判決が出てから約1カ月。12月12日に検察側の控訴が決定し、高裁審理が控える状況だが、07年6月の逮捕時の報道から見れば、「奇跡」という印象を持った向きも多いだろう。

 しかし、一審を傍聴した司法担当記者はこう振り返る。

「公判中から起訴事実について疑問を感じていたのは事実。むしろ、羽賀側が被害者という印象すらあった。判決前から無罪も想定した取材体制を取っていました」

 そもそも事件は06年6月、大阪のホテルラウンジで行なわれた交渉の場のことだった。

 席に着いたのは被害者である大阪市内の会社社長・Y氏と、山口組系組織構成員のHとK、そして羽賀の代理人となる俳優と、羽賀の所属事務所(当時)の顧問弁護士、そして渡辺被告の計6名。捜査にあたった大阪府警捜査四課は当初、羽賀、友人俳優、渡辺と構成員2名が共謀してY氏を脅し、2億8000万円あまりの債権を1000万円で無理やり和解させたと見ていた。

 この債権とは、01年に羽賀からY氏に譲渡された医療関連会社「ウェルネス」の未公開株をめぐる損害補償金である。

「羽賀からこの株を購入したY氏でしたが、ほどなくして同社が倒産。通常、未公開株の売買は自己責任ですが、この時はY氏が持参した譲渡契約書に『同社上場後の株価が購入金額を下回った場合に全額を補填』という条項があった。しかし、ウェルネス社は”上場前に”破綻しているため、やはり同社破綻で損失を出していた羽賀は支払いを拒否したということです」(関係者)

 羽賀は、この売買で元値40万円の株を3倍の120万円で売ったことについて詐欺罪に問われることになる。争点はY氏が元値を知っていたか否か。当初は両者の主張が平行線を辿るまま、7月に判決を迎える予定だったが、結審後、弁護側が申請した”新証人”が認められたことが明暗を分ける。この証人が「Y氏は元値を知っていた」と断言したのだ。

「これにより、検察のシナリオは瓦解した。判決では恐喝未遂の前提条件となる債権自体が認められないとされ、両名とも無罪となったわけです」(前出・司法記者)

●羽賀に届けられた12億円の請求書

 しかし、この事件ではメディアが決して触れなかった”ウラ”も存在する。冒頭の司法記者の言う「羽賀が被害者」という点だ。この一式の書類は、事件があったとされる06年6月の約1カ月後、羽賀の元に届けられた”請求書類”の存在である。

「書類上、返済を迫っているのはY氏から羽賀に対する債権を譲り受けたと主張するIという人物です。書類でIは『羽賀は債権者ではないY氏と結託し、債権者である自分の承諾なしに1000万円で債権放棄を勝手に決めた』とし、1カ月前に行なった和解は無効であると主張しています。その上でIはさらにKという人物に書類上、債権を譲り渡し、最終的には利息を加え、実に12億円超もの請求が行なわれている」(前出・関係者)

 しかし、公判ではこのIという人物が架空の存在であることをY氏自ら認める状況に。加えて、Iという人物が広域暴力団構成員を語り、羽賀に返済を迫っていたことも弁護側から主張された。

「つまり、Y氏がIという人物をでっちあげ架空譲渡を繰り返し、羽賀に対して違法な取立てを行なっていたということ」(前出・司法記者)なのだ。

 また、書類は検察側が控訴のポイントとした「共犯の2人が有罪確定しており、整合性が取れない」という部分にも疑問を投げかける。書類では、羽賀に対する債権を回収する代理人に、逮捕された広域暴力団の幹部であるHの名前があるのだ。普通に考えれば、わずか1カ月前に恐喝された人物に債権回収の委任を再度行うことは考え辛く、「HとKはY氏側の人間」という弁護側の主張は裏付けられる。

 府警関係者が呆れ顔で言う。

「そもそも、当初、Y氏が相談した大阪府警の複数の署では、事件にならないと判断され被害届の受理もされなかった案件です。結局、ヤクザが絡んでいるということで、乗り気になったのは、西成署の暴力団担当。ヤクザ狙いのむちゃくちゃな捜査に羽賀は巻き込まれた形ですよ。逮捕後、この書類が出てきたため、起訴をめぐってだいぶ揉めたようです」

 もちろん、借金まみれだった01年当時、羽賀が一攫千金を狙ってアヤシゲな未公開株取引に手を出したのは責められてしかるべき話。しかし、メディアと大阪府警が封殺したこの一連の書類と、無罪判決を併せて見ると、一部で報じられた”稀代の悪・羽賀研二”は、さすがに言い過ぎの感は否めないのだが……。

羽賀研二という生き方

著者は「羽賀研二研究会」です。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 羽賀事件の裏で狙われる、大物芸能人の「危険度」
【関連記事】 中日・立浪と”泥沼不倫”した梅宮アンナの凄すぎる金銭感覚
【関連記事】 警察利権に「暴力団」は必須!? やくざとメディアの関係

こんな記事も読まれています

「実は被害者!?」12億の請求書も…羽賀研二無罪判決の裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、サイゾーでしか読めないジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。ドラマレビュー/インタビューなどサブカルチャーネタや中韓など海外/社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

サイゾーレビューすべて見る

家売るオンナの逆襲

日本テレビ/水曜22:00~

第2期は、家売るオトコ・松田翔太が登場

家売るオンナの逆襲