日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > 東京進出13年目 千原兄弟の「真のブレイク」とは
お笑い評論家・ラリー遠田の【この芸人を見よ!】第17回

東京進出13年目 千原兄弟の「真のブレイク」とは

kanoueikou.jpg『チハラトーク#3』
よしもとアール・アンド・シー

 昨今のテレビお笑い界には、「個人芸から集団芸へ」という大きな流れがある。90年代半ばの「ボキャブラブーム」以降、個人が面白いネタを演じたり面白い話をすることよりも、その芸人がいかに巧みにいじったりいじられたりするか、つっこんだりつっこまれたりするか、という芸人同士の「絡み」の技術の方が重視されるようになっていった。

 96年に東京進出を果たした千原兄弟が、最近までなかなか芽が出なかった理由はこのあたりにあると思う。当時、大阪でナンバーワンの知名度と人気を誇っていた彼らは、東京のバラエティ界に少しずつ定着しつつあった集団芸の流れにうまく乗ることができなかった。

 特に、弟の千原浩史(現・千原ジュニア)は「ジャックナイフ芸人」と呼ばれるほどとんがった性格で、誰かにいじられるのが大の苦手だった。さらに、まさにこれからという時期にジュニアがバイク事故に遭うなどの不運も重なり、千原兄弟は長い受難の時代を迎えた。

 そして、最近ようやく、千原ジュニアをテレビで見る機会が増えてきた。確かに、ジュニア単独でのレギュラー番組の本数は順調に増えている。だが、それが千原兄弟というコンビにとって良い傾向かどうかはわからない。制作サイドがジュニアを単独で起用し続けることで、視聴者は千原兄弟のコンビとしての魅力を味わう機会を奪われている、とも言えるからだ。

 昨年、千原ジュニアが『笑っていいとも!』(フジテレビ)のレギュラーに選ばれたとき、松本人志は自身のラジオ番組で苦言を呈していた。

「なんで千原兄弟ちゃうねん。どっちかっていうと、タモリさんと絡んでタモリさんもやりやすくなるのは、(千原)せいじですよ」

 実の弟であるジュニアからは「デリカシーがない」「ブサイク」「残念な兄」などとさんざんな言われようだが、せいじの芸人としてのトークの技術は意外に高い。ジュニアがせいじのことを悪く言うのも、実の弟からの兄に対する一種の「甘え」だとも解釈できる。心の底では信頼しているからこそ、悪口も平気で言えるのだろう。それを制作サイドが額面通りに受け取って、せいじを「使えないタレント」扱いしてしまっている現状は残念な限りである。

 一昨年に行われた千原兄弟のトークライブでは、交際が噂されていたジュニアと内田有紀との関係について、せいじがジュニア本人に問い詰める一幕があった。観客はもちろん拍手喝采。笑ってごまかして必死に話題を変えようとするジュニアに対して、せいじはしつこく食い下がる。観客の期待に応えてタブーにも堂々と斬り込む、せいじの持ち味が生かされた瞬間だった。

 1月21日に発売されたDVD『チハラトーク#3』でも、特筆すべきは千原せいじのトーク力である。ジュニアのクレーム話には全身で過剰なほどに共感を示し、ロケでケニアに行った話題になると、言葉が通じないケニア人と仲良くなったことなどを楽しそうに話す。ジュニアの「すべらない話」的なトーク力は言うまでもないが、それを支えるせいじの聞き手としての器用さが、相乗効果で大きな笑いを生んでいるのである。

 この2人の軽妙なトークをライブやDVDでしか味わえないのは実にもったいない。世間が千原せいじの面白さに気付いたときに初めて、千原兄弟が本当の意味でブレイクしたと言えるのではないだろうか。
(お笑い評論家/ラリー遠田)

●「この芸人を見よ!」書籍化のお知らせ

日刊サイゾーで連載されている、お笑い評論家・ラリー遠田の「この芸人を見よ!」が本になります。ビートたけし、明石家さんま、タモリら大御所から、オリエンタル・ラジオ、はんにゃ、ジャルジャルなどの超若手まで、鋭い批評眼と深すぎる”お笑い愛”で綴られたコラムを全編加筆修正。さらに、「ゼロ年代のお笑い史」を総決算したり、今年で9回目を迎える「M-1グランプリ」の進化を徹底的に分析したりと、盛りだくさんの内容になります。発売は2009年11月下旬予定。ご期待ください。

チハラトーク#3

シンプルにトークだけを。

amazon_associate_logo.jpg

●連載「この芸人を見よ!」INDEX
【第16回】狩野英孝 「レッドカーペットの申し子」の進化するスベリキャラ
【第15回】サンドウィッチマン 「ドラマとしてのM-1」を体現した前王者
【第14回】小島よしお 「キング・オブ・一発屋」のキャラクター戦略
【第13回】U字工事 M-1決勝出場「北関東の星」が急成長を遂げた理由
【第12回】江頭2:50 空気を読んで無茶をやる「笑いの求道者」
【第11回】バナナマン 実力派を変革に導いた「ブサイク顔面芸」の衝撃
【第10回】山本高広 「偶像は死んだ」ものまね芸人の破壊力
【第09回】東京03 三者三様のキャラクターが描き出す「日常のリアル」
【第08回】ジャルジャル 「コント冬の時代」に生れ落ちた寵児
【第07回】爆笑問題・太田光 誤解を恐れない「なんちゃってインテリ」
【第06回】世界のナベアツ 「アホを突き詰める」究極のオリジナリティ
【第05回】伊集院光 ラジオキングが磨き上げた「空気を形にする力」
【第04回】鳥居みゆき 強靭な妄想キャラを支える「比類なき覚悟」
【第03回】くりぃむしちゅー有田哲平 が見せる「引き芸の境地」
【第02回】オリエンタルラジオ 「華やかな挫折の先に」
【第01回】有吉弘行 が手にした「毒舌の免罪符」

【関連記事】 日テレ『ものまねバトル』終了で”ものまね業界”に風雲急
【関連記事】 明石家さんま 橋下知事への出演依頼は政界進出への先鞭か
【関連記事】 劣化版『あらびき』!? 松本人志のTBS深夜番組に吉本も困り顔

最終更新:2013/02/07 13:01

東京進出13年目 千原兄弟の「真のブレイク」とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

ANARCHYが映画で望んだ表現

――ANARCHYがメガホンを執ったことで話題となった映画『WALKING MAN』。彼...
写真