日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 「おうちでも裸なので」叶恭子主演・究極の官能映画が発表

「おうちでも裸なので」叶恭子主演・究極の官能映画が発表

kanoukyoukoaisuru.jpg

 17日、叶姉妹の姉・叶恭子が原作と主演を務める映画『イル・ベント・エ・レ・ローゼ 愛するということ』の制作発表が都内で行われた。

 この日の叶恭子は胸元の大きく開いた鮮やかなドレスで登場。エリーザ・ボロニーニ監督、競演のマリア・コッキャレッラ・アリスメンディとともに壇上を彩った。

ROSE01.jpg 作中、幾度もあるというラブシーンにも叶恭子は「ナチュラルな感覚で、まるで(妹の)美香さんに普段撮られているのと同じようでした」と、リラックスした表情。「おうちでも裸で過ごしているので、抵抗はなかったです」と笑顔を見せた。

 映画『イル・ベント・エ・レ・ローゼ 愛するということ』は、オールイタリアロケで撮影された叙情的な物語。監督、スタッフすべて女性というこだわりぶりで、叶恭子の著作『トリオリズム』が原作となっており、叶は、漆黒の髪と艶やかな白い肌、そして潤んだ唇を持つ女神のような女性・KOKOを演じている。

 2009年5月、新宿バルト9、梅田ブルク7ほか全国ロードショー。

トリオリズム (小学館文庫

原作本。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 響く雄たけび! 森下悠里の爆乳に秋葉原はパニック状態!?
【関連記事】 『チェンジリング』そしてイーストウッドは”映画の神様”となった
【関連記事】 バレンタインを盛り上げるハッピーなミュージカル映画2本!

最終更新:2009/02/17 20:22

「おうちでも裸なので」叶恭子主演・究極の官能映画が発表のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

渋沢栄一の“放蕩息子”篤二の実像

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

ラバーガールに疑問を直撃!

生みの苦しみ、腰の重さ、それでも単独をやる理由 ――8月26日から28日にかけて、2...
写真