日刊サイゾー トップ > 芸能  > スピリチュアルブーム終焉か? 『オーラの泉』打切り決定!

スピリチュアルブーム終焉か? 『オーラの泉』打切り決定!

auranoizumi.jpgテレビ朝日『オーラの泉』HP

 ゲストのオーラ、前世、守護霊などを霊視し、彼らの半生や深層心理などに迫るトーク番組『国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉』(テレ朝)。05年4月に深夜枠でスタートし、07年4月から土曜日20時~のゴールデンに昇格、好視聴率を叩き出すも、「霊感商法を助長する」「霊視の内容が事前に用意されていた」など、批判が相次いだことは記憶に新しい。

 そんな同番組がついに終了するという。

「これまでさんざん打切りの噂がささやかれていましたが、4月の改編でレギュラー枠からは外れるそうです。後番組は、同19時~放送中の『勉強してきましたクイズ ガリベン!』も同時に打ち切って、2時間の特番枠になります」(テレ朝関係者)

 春の改編からは、毎回異なったテーマを掘り下げるスペシャル番組という構成になり、厳密には『オーラの泉』も特番として不定期に制作するものと見られているが、打切りと新番組決定の背景には、視聴率のテコ入れだけではなく、昨今のメディア不況も影響しているという。

「最近では、一ケタに落ち込むこともあった『オーラの泉』の視聴率ですが、美輪明宏、江原啓之らのギャラがかさんだのか、制作費もネックになっていたようです。まあ、制作サイドからしてみれば、1時間番組を2本作るより2時間番組を1本作る方が、明らかに安上がりですからね」(大手広告代理店社員)

 これら同番組の打切りや新番組の構成について、テレビ朝日にたずねてみると「確かに同時間帯は2時間の特番枠になりますが、(『オーラの泉』は)レギュラー番組の体裁を取らず、春の番組改編以降、2時間のスペシャル番組枠のひとつとして放送していく予定です」という。

 良くも悪くも一世を風靡した”スピリチュアル”番組だが、霊視を生業とする江原啓之氏には、この状況は見えていた……ハズですよね?

テレビ霊能者を斬る メディアとスピリチュアルの蜜月

斬られた?

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「意地悪なあるあるネタ」皮肉屋・中山功太がR-1で優勝した理由
【関連記事】 「まず俺を切れ」たけしのリストラ拒否で『誰でもピカソ』打ち切りへ
【関連記事】 幸満ちゃん殺害事件の裏にTBSのモラルなき蛮行

最終更新:2009/02/20 01:27

スピリチュアルブーム終焉か? 『オーラの泉』打切り決定!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

相対する強烈な家族愛

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真