日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 連載終了  > バカリズム 業界内も絶賛する「フォーマット」としての革新性
お笑い評論家・ラリー遠田の【この芸人を見よ!】第20回

バカリズム 業界内も絶賛する「フォーマット」としての革新性

kagakunoshinpo.jpg『バカリズム ライブ 「科学の進歩」』
ビクターエンタテインメント

 中山功太の優勝で幕を閉じた『R-1ぐらんぷり2009』の結果に関しては、見た人の間でもさまざまな意見が飛び交っていた。その中でも特に多かったのが、「なぜバカリズムが優勝しなかったのだろう?」「バカリズムのネタがいちばん面白かった」といった、バカリズムに対する高評価である。バカリズムは最終的な順位では中山功太、エハラマサヒロに続く3位に甘んじたが、彼がこの日いちばん面白かったと思っている人はかなりの数にのぼるようだ。

 その理由のひとつとしては、バカリズムが今回披露したのが、テレビでは未公開の新作コントだった、ということもあるだろう。中山功太やエハラマサヒロのネタは、テレビでも何度か演じられたことがあり、その意味ではお笑い好きの視聴者にとってはインパクトが薄かったのかもしれない。

 だが、バカリズムに対する賞賛の声がここまで高まっている理由は、単にそれだけではないだろう。私の知る限りでは、お笑い業界に近い位置にいる人ほど、バカリズムのネタを大絶賛して高く評価する、という傾向が見られる。これは、バカリズムという芸人の本質に関わる問題である。

 今年の『R-1』でバカリズムが披露したのは、都道府県を「持つとしたら」どのように持つのかを教師が淡々と解説していく、というネタだった。このネタの最大の特徴は、フォーマットそのものが新しい、ということだ。

 このネタを見た後で、このパターンのボケを新たに10個考えるのはそんなに難しいことではない。フォーマットさえ決まっていれば、それにあとから乗っかるのは簡単なことだ。だが、これを最初に思いつくのがなかなかできないのである。

 お笑い業界に関わっている芸人や作家の多くは、ああいうネタを一から考えて形にすることの困難を身にしみてわかっているからこそ、あのネタの革新性を高く評価する。逆に、現場に関わったことのない人ほど、「あんなの誰でも思いつく」とか、「○○のパクリだ」とか、安直な考えに陥ってしまいがちだ。

 バカリズムが業界内でも注目を集めている最大の理由は、彼がフォーマットを一から構築するタイプの芸人だからである。次々にイラストを見せて、最後にトツギーノという奇妙なフレーズで締める「トツギーノ」も、間抜けな教師が卒業する生徒に心底どうでもいい言葉を託す「贈るほどでもない言葉」も、彼の代表作は全て、彼以前に誰も発想すらしたことがないような独自の形式のネタである。お笑いネタの枠組みそのものを次々に生み出しているからこそ、彼は熱狂的な支持を受けているのである。

 最新DVD『バカリズム ライブ 「科学の進歩」』は、2008年3月に行われた単独ライブの模様を収録したもの。クイズ番組の司会者のように医師が診察を進めていく「総合医者」、男子小学生の口調でいい加減にニュースを読み上げる「にゅーす」など、どれを取っても独創的な1人コントの秀作の数々が収録されている。

 もちろん、バカリズムが優れているのは作家としての創作能力だけではない。彼には、笑いを表現するための演技力も十分に備わっている。今回の『R-1』でも、鬼気迫る熱演の後には、気の抜けたような素の表情を見せる彼の姿が印象的だった。ピン芸人として新しい枠組みを開拓し続けるバカリズムには、お笑い界全体から熱い視線が注がれている。
(お笑い評論家/ラリー遠田)

●「この芸人を見よ!」書籍化のお知らせ

日刊サイゾーで連載されている、お笑い評論家・ラリー遠田の「この芸人を見よ!」が本になります。ビートたけし、明石家さんま、タモリら大御所から、オリエンタル・ラジオ、はんにゃ、ジャルジャルなどの超若手まで、鋭い批評眼と深すぎる”お笑い愛”で綴られたコラムを全編加筆修正。さらに、「ゼロ年代のお笑い史」を総決算したり、今年で9回目を迎える「M-1グランプリ」の進化を徹底的に分析したりと、盛りだくさんの内容になります。発売は2009年11月下旬予定。ご期待ください。

バカリズム ライブ 「科学の進歩」

進化をやめない孤高のコント師。

amazon_associate_logo.jpg

●連載「この芸人を見よ!」INDEX
【第19回】劇団ひとり 結婚会見に垣間見た芸人の「フェイクとリアル」
【第18回】オードリー 挫折の末に磨き上げた「春日」その比類なき存在
【第17回】千原兄弟 東京進出13年目 「真のブレイク」とは
【第16回】狩野英孝 「レッドカーペットの申し子」の進化するスベリキャラ
【第15回】サンドウィッチマン 「ドラマとしてのM-1」を体現した前王者
【第14回】小島よしお 「キング・オブ・一発屋」のキャラクター戦略
【第13回】U字工事 M-1決勝出場「北関東の星」が急成長を遂げた理由
【第12回】江頭2:50 空気を読んで無茶をやる「笑いの求道者」
【第11回】バナナマン 実力派を変革に導いた「ブサイク顔面芸」の衝撃
【第10回】山本高広 「偶像は死んだ」ものまね芸人の破壊力
【第09回】東京03 三者三様のキャラクターが描き出す「日常のリアル」
【第08回】ジャルジャル 「コント冬の時代」に生れ落ちた寵児
【第07回】爆笑問題・太田光 誤解を恐れない「なんちゃってインテリ」
【第06回】世界のナベアツ 「アホを突き詰める」究極のオリジナリティ
【第05回】伊集院光 ラジオキングが磨き上げた「空気を形にする力」
【第04回】鳥居みゆき 強靭な妄想キャラを支える「比類なき覚悟」
【第03回】くりぃむしちゅー有田哲平 が見せる「引き芸の境地」
【第02回】オリエンタルラジオ 「華やかな挫折の先に」
【第01回】有吉弘行 が手にした「毒舌の免罪符」

【関連記事】  「意地悪なあるあるネタ」皮肉屋・中山功太が優勝した理由
【関連記事】 「誰も知らなかった『R-1』ファイナリスト」鬼頭真也の素顔に迫る!
【関連記事】 キングオブコメディ 今すべての『誤解』を解く!?

最終更新:2013/02/07 13:00

バカリズム 業界内も絶賛する「フォーマット」としての革新性のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

クールジャパンを暴いた衝撃の書

 日本のクールジャパン政策、中でも映画やアニメなど映像産業の振興政策がうまくいってい...
写真