日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > フラメンコで一皮むけた!? ジミ~な今井翼が要注目のワケ

フラメンコで一皮むけた!? ジミ~な今井翼が要注目のワケ

tupasa.jpgタッキーはタッキー、翼は翼なんです!!

 常に地味なイメージがあった「タッキー&翼」の今井翼が、昨今転機を迎えつつあるという。

 タッキー&翼は08年6月以降CDの発売もコンサートもなく、ユニットとしての活動はほぼ皆無。滝沢主演の舞台『新春滝沢革命』が1月27日に千秋楽を迎えたかと思えば、翼のソロツアー『Dance and Rock』が1月24日からスタートするなど、すれ違い気味だ。

「主演ドラマや舞台など華々しい仕事がコンスタントに入る滝沢に対し、翼はファン対象のソロコンやマニアックな舞台への出演が多く、主演ドラマといえば07年12月放送のラジオドラマ(!)が最後という地味な状況。『待遇に差がありすぎる!』と嘆くファンの声にもうなずけますね」(女性誌記者)

 そんな中、昨年行われた『World’s Wing 翼 Premium』では、セリフを廃してダンスのみでストーリーを表現するという個性的な演出を行ったものの、ファンからは「難しすぎて理解できない」と非難轟々だった翼。かと思えば一転、前述のソロツアーではいきなりミニスカート姿を披露するなど迷走しており、ついつい今後が心配に……。しかし、一方ではこんな意見も。

「現在翼がハマっているのが、フラメンコ。本場スペインに2週間滞在して修業を積むなどしているのですが、専門誌『月刊パセオフラメンコ』(パセオ)がそんな翼にいち早く着目。日本人としては珍しく同誌の表紙を飾り、年始号で特集が組まれるなど注目が集まっています。また、彼は大洋ホエールズ時代からの熱心なベイスターズファン、さらにサッカー選手・松井大輔の親友としても知られ、スポーツにも造詣が深い。現在はスポーツ誌『Sportiva』で連載を持つなど、マルチに活動の幅を広げています」(同)

 ファンが求めるものと自分の理想との温度差に悩む日々を乗り越え、不器用ながらも自らの道を進み始めた翼。

 次から次へと新たなアイドルが現れては消えてゆく芸能界において、案外残ってゆけるのは彼のようなタイプなのかもしれない。
「サイゾー」3月号より)

Sportivaスポルティーバ) 2009年 03月号 [雑誌]雑誌)

ツバスポ! 連載中。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「気持ち悪い」ファンもドン引きするKAT-TUN田中聖の画像が流出
【関連記事】 ドラマ冬の時代? ジャニーズ総出演の『仕事人』も視聴率奮わず
【関連記事】 翼がタッキーを痛烈批判? 日記をめぐってファンが大モメ!

最終更新:2018/12/11 13:34
こんな記事も読まれています

フラメンコで一皮むけた!? ジミ~な今井翼が要注目のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真