日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > 多才多芸なヒットメーカー・菅野よう子が “プロの音楽家”たる所以

多才多芸なヒットメーカー・菅野よう子が “プロの音楽家”たる所以

kannnoyoko.jpgアニメから映画、ゲームまで、幅広いフィールドで活躍する彼女のプロ根性を、
CM音楽制作秘話に見た!(写真=有高唯之)

「最初はCDを出すのに拒否感があったんです。CM音楽って、一回で耳に残る強引さが必要。だから、まとめるとウザイかなって(笑)」

 ニコニコと話すのは、作・編曲家の菅野よう子さん。アニメ『マクロス』シリーズや『カウボーイビバップ』(テレビ東京)などの音楽を手掛けるほか、映画、ゲーム、CMと多岐に活躍し、アニメ好きはもちろん、世界中のコアな音楽好きからもリスペクトされる、知る人ぞ知るヒットメーカーなのだ。

 そんな彼女の最新作は、これまでに携わったCM音楽を集めた作品集『CMようこ2』。1992~08年に放送された30曲を収録し、ドコモやトヨタ、資生堂など一流企業がズラリと並ぶ。しかし、音楽家にとってCM音楽を作るのは、何かと制約が多くてやりづらい仕事ではないのだろうか?

最終更新:2010/02/08 14:03
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed