日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 河原雅彦さんの至言「もう無理やりヤラれちゃえばいいんじゃない?」(前編)
【新連載】小明の「大人よ、教えて!」"逆"人生相談

河原雅彦さんの至言「もう無理やりヤラれちゃえばいいんじゃない?」(前編)

akari_maccha.jpg

 モテない、金ない、華もない……負け組アイドル小明が、各界の大人なゲストをノーギャラで呼び出し、お悩みまで聞いてもらおうという新連載。第1回のゲストは”マッチャー”こと演劇界のカリスマ・河原雅彦さんです!

――よろしくお願いします、小明です! 早速ですが、河原さんが私の年(24歳)のときって、もう劇団を立ち上げてましたよね。どうして劇団だったんでしょう?

河原 劇団をはじめた動機? 働きたくないからだよ。

――意外とボンクラな理由!

河原 当時、東京の大学に通ってたんだけど、どうしても仕事をしたくなかったの。で、田舎の家族会議に呼ばれたときに、田舎の人間は劇団なんてわからないだろうと思って、その場だけ逃れるために「社長みたいな仕事だよ」って言って説得して。それで東京に戻ったとき、律儀に本当に劇団つくっちゃったの。

――有言実行ですね! でも、やっぱりすぐには食べられないじゃないですか。私、アイドルなのに住んでた部屋を追い出されたり、母親に借金を頼まれたりで、今、半端なく貧乏なんです。参考までに、河原さんは食べられない時期をどうやって乗り越えましたか?

河原 うん、ヒモだよね(さらっと)。

――スッゲー! 嫌なカミングアウト!! ヒモって、どうやってなるんです!?

河原 うーん、感覚ですね。アメとムチですよ。こっちが転がり込んでるんだから、追い出されたら困るのは自分なのに、わざと別れ話を切り出してみたり。背を向けて、女性に「行かないで!」って言わせる(笑)。

――超だらしないけど、もう職人の技ではないですか……。お小遣いとかもらうんですか?

河原 一日1,000円もらうんだけど、たまに彼女が実家に帰ったりするときは1万円とか、ちょっとまとまった額をもらうんだよ。そんでそれを瞬時に使う! 奢ってみたりして!

――ちょっ! その後どうやって暮らすんですか!

河原 電話するの。「なくなっちゃった」って。そうすると4、5万振り込まれてくるから。それでその通帳を凄い悪い笑顔で見て……(ニヤリ)。

――ギャー! 最悪! どのくらい続いたんですか、その状態は。

河原 2年くらいかなぁ。飽きちゃって……。

――すごいなぁ。やっぱり私も女たるものヒモの一人ぐらい養えるようにならないと駄目な気がしてきました。お金いくらあっても足りないけど。

akari_maccha02.jpg

河原 今も不況だ不況だっていうけど、そんなの女の人に食わしてもらえばいいのにね。みんなどうしてそういう発想がないんだろう? ……って、非常に申し訳ないけど、こういったことが記事になることに対して、なんのメリットもないということに気づいたんだ。どうにかして止めてもらいたいんだが。

――もう無理です! っていうか全然参考にならなかったです! ところで、河原さんも私もブロガーですよね。書くネタとか困らないですか?

河原 困ってるよ。もうずっと辞めるタイミングを探すくらい困ってるよ。いつもどんな更新してる?

――それがほんとに書くことなくて。毎日仕事してるわけでもないし、家でPCやってるだけとか、漫画読んでるだけの日も多いから、完全にネタがなくて、ちょっと前にあったことを、「今日こんなことがあって!」って平気で詐称してたりしちゃってますよ。

河原 ひどいなぁ。でもブログに自分の写真を載せてたら、そこからグラビアの仕事がきたりとかするんでしょ?

――来たことないです! 残念ながらグラビアはさっぱり人気が出ませんで。グラビアを中心に活動してたときも全然仕事なくて……。

河原 寝て仕事とればいいじゃないの(キッパリ)。

――怖! 仕事取れるような立派な体してないです!

河原 いやいや、今こうしている間にも、いったい何人のグラビアアイドルが体で仕事をとっているか……。

――ものすごい偏見ですって! そういうお話は全然来ませんでしたよ! もっと健全ですよ、グラビア界!
後編へつづく/取材・文=小明)

●河原雅彦(かわはら・まさひこ)
1969年、福井県生まれ。92年、演劇集団「HIGHLEG JESUS」を総代として立ち上げ。02年の解散まで作・演出を務める。以降、脚本家、演出家として多数のドラマや舞台、映画など手がけながら、俳優としても精力的な活動をこなしている。河原雅彦公式ブログ<http://loverock07.cocolog-nifty.com/blog/

舞台『EVIL DEAD』
09年6月25日~7月5日 サンシャイン劇場/チケット発売中
http://www.evildead.jp/index.html

『斎藤幸子』
09年8月14日~30日 ル・テアトル銀座 主演:斉藤由貴
http://www.parco-play.com/web/play/sachiko/

09年10月13日~東京・パルコ劇場にて、
ねずみの三銃士第2回企画公演『印獣』

●小明(あかり)
1985年、栃木県生まれ。02年、第4回ホットドッグプレスドリームガールズ準グランプリを獲得し、グラビアアイドルとしてデビュー。以降、迷走を続け、現在、フリーのアイドルライターとして細々と食いつないでいる。ブログ<http://yaplog.jp/benijake148/

アイドル墜落日記

暴露本じゃないんだってば。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 “やりすぎガール”華彩ななのGカップ爆乳ボディにファン大興奮!
【関連記事】 どっちも選べない!  愛川ゆず季と大矢真夕の合同イベントでアキバ騒然
【関連記事】 生傷美少女の危険な足技に痺れたい! タイ発『チョコレート・ファイター』

最終更新:2015/02/19 15:09
こんな記事も読まれています

河原雅彦さんの至言「もう無理やりヤラれちゃえばいいんじゃない?」(前編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

瓜田、ジャニーさんの少年愛に持論

 解散、脱退、不祥事など、このところジャニー...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

 あけましておめでとうございます。お正月休みには、たっぷり映画を楽しみたいという方が...…
写真