日刊サイゾー トップ > 社会  > 1週間で1年分売れる!? アニメ『けいおん!』経済効果を徹底検証(前編)

1週間で1年分売れる!? アニメ『けいおん!』経済効果を徹底検証(前編)

keion01.jpg楽器店にも『けいおん!』ポップが。
(イシバシ楽器渋谷店)

 本サイトでも既報の通り(記事参照)、”異常人気”を誇るTBS系テレビアニメ『けいおん!』が、その勢力を維持したまま放送各地で最終13話を迎えつつある。人気のバロメータは音楽CDの売り上げだ。高校の軽音楽部を舞台に学園祭のライブを目指すストーリーとあって、主題歌、劇中歌、キャラクターソングCDを連発しているが、いずれもオリコンチャート上位を賑わせている。

 公式グッズの定番ともいえるCDだけでなく、作中でキャラクターが使用する実在の小物までもがファンの注目を浴び、売り上げを伸ばしているという。各回放映直後に「澪(ヒロインのひとり)が持っていたピンクのバッグはTommy Hilfigerだ」などという調子で特定し、購入に走る現象が続いているのだ。

  6月に入って動きが活発なのは、作中でドラム担当のヒロイン・田井中律が愛用しているLAMYの「サファリペンシル イエロー L118」。小売価格は2,625円と、シャープペンシルとしてはやや高めだが、Amazonや楽天など通販サイトでは軒並み品切れとなっている。次回入荷予定は6月末だ。

「5月の1週目から当該商品の動きが急に活発になりました。5月、6月の売り上げを前年度と比較すると2.5倍。次回出荷本数の1/3にあたる500本はアニメグッズショップ向けの特別枠です。こういったグッズを扱っているお店からのオーダーは従来にはなかったことです」(LAMY輸入元)

 AKG(アーカーゲー)のヘッドホン「K701」がバカ売れと、ネットニュースで大きく取り上げられたのも記憶に新しい。一番人気のベース担当・秋山澪のお気に入りとあって、彼女と同一化したいファンがこぞって買い占めたようだ。正規の輸入元によると「4~5月がやや品薄になったのは確かです。もとよりAKGのフラッグシップモデルとして売れ行きは好調であり、どこまでが『けいおん!』の影響によるものか断定はできませんが、+αはあったのではないでしょうか」とのこと。

 アニメ製作側が製作費を回収するための「ライセンス商品」ではない、「キャラクターが愛用する何か」が、ここまで反響を呼んだのは史上初ではないだろうか?

『けいおん!』の経済効果はこれだけにとどまらない。一般消費者にとっては高額商品の領域にあるエレキギター、ベース、キーボードにまで影響が及んでいる。

 最初に楽器業界を驚嘆させたのは、フェンダージャパンのベース「JB62/LH/3TS」の大ヒット。秋山澪の使用モデルだが、「『けいおん!』の放送開始後、4月末~5月間での2週間あまりで例年の4~5ヶ月分が売れました。現在、通常の2年間分に相当する数を工場に発注している状況です」(フェンダージャパン発売元の神田商会)というほどの勢いがある。左利き用ギター、ベースの専門店である谷口楽器、老舗として名高い山野楽器銀座本店でも、6月分として入荷した2本がたちまちはけてしまった。実は、これは毎月供給される通常生産分。納品には発注から4ヵ月を要するため、「通常の2年間相当数」が楽器店に入荷するのには、9月まで待たなければならない。店頭実勢価格75,000円前後の普及価格帯でありながら、市場に存在しない「幻のベース」となっているのが現状だ。生産本数が少ない左利き用である点を考慮に入れても、『けいおん!』のインパクトは相当大きかったものと見える。
後編へ続く/取材・文=有田俊、後藤勝[ヘッドルーム])

LAMY サファリペンシル イエロー L118

これで気分は田井中律☆

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 AmazonのTOP10に7曲ランクイン アニメ『けいおん!』の異常人気
【関連記事】 多才多芸なヒットメーカー・菅野よう子が “プロの音楽家”たる所以
【関連記事】 お金を払えば○○が見える!『クイーンズブレイド』のメディア戦略

最終更新:2009/06/26 12:05
こんな記事も読まれています

1週間で1年分売れる!? アニメ『けいおん!』経済効果を徹底検証(前編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

宇崎竜童、代表作を語る

 チロル帽を被った男が猟銃を手に大阪・三菱銀行北畠支店を襲撃し、行員らを人質に立て篭...
写真