日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 捏造・ヤラセの影響も!? テレビから”心霊番組”が消えたワケ

捏造・ヤラセの影響も!? テレビから”心霊番組”が消えたワケ

inagawa_kaion.jpg『稲川淳二の怪怨夜話』リバプール

「夏といえば怪談!」「夏といえば、稲川淳二!」――以前はテレビでよく言われていた、このフレーズ。でも、最近は、夏といっても稲川淳二の姿を以前ほどテレビで見かけない。

 また、稲川淳二関連だけでなく、近年は怖い番組・心霊番組などが減ったことを嘆く声はネットでも多く見られる。かつては夜に恐怖ドラマがあったり、昼のワイドショーで心霊写真を紹介していたりと、夏には豊富な番組が存在していたのに……。

 なぜ減ってしまったのか。放送倫理・番組向上機構(BPO)に聞いてみると……。

「特に放送上の基準が変わったなどということはありませんし、こちらで議題にのぼったことも、少なくともここ数年の間ではありません」

 そこで、稲川淳二の事務所・ユニJオフィースに問い合わせると、「今は非常に忙しい時期なので、コメントを辞退させていただきます」との答えが。現在、稲川は全国をまわる「ミステリーナイトツアー2009 稲川淳二の怪談ナイト」の真っただ中で、ネット配信なども忙しいよう。メインの活動がテレビとは別の場所に移ったということなのか。

 あるテレビ関係者は言う。

「かつて心霊・オカルトブームがあったころ、心霊写真などでかなりひどい捏造が行われていたとよく聞きます。テレビの”やらせ”が問題になったことや、霊能力者へのバッシング、”スピリチュアル”ブームがしぼんだこともありますよね?」

 そんな理由だとしたら、なんとも寂しい事態……。だが、一方で、このところ出番を増やしている人もいる。『あらびき団』出演によってプチブレイク中、稲川淳二のモノマネで勝手にグルメレポート(?)をするネタでおなじみの芸人・BBゴローだ。

「おかげ様で秋冬春と忙しかったスケジュール探しが、梅雨明けが告げられると同時に、メディアのバラエティー番組やその他情報番組など今まで考えもしなかった方面からもお仕事をいただけて、嬉しく幸せな限りです!」

 実は今年で6年目に突入するという、稲川淳二のネタ。5年前に何をやってもパッとしなくて、いっそのこと芸人を辞めようかなと思っていたときに、ライブの打ち上げで仲間芸人から「稲川淳二と声が似ている」と言われたのがきっかけだそうで……。

「自分の持ちネタに稲川さんキャラを被せたら、思いのほかウケたんです」

 今では本家・稲川淳二よりもテレビで見る機会が多い印象もある彼。怖い番組が少なくなっている現状について思うこととは……?

「ガキの頃の夏休みのお昼には必ず『【あなたの知らない世界】を見てしまうがために、夜がとても怖かったですよね。ベタベタな怪談話でも怖がっていた。でも、かつて学校の先生やおばあちゃんから聞いて受け継いだたくさんのベタな怪談話などは、ネットの普及で毎日それ以上の怪談話や恐怖映像が簡単に見えたりする時代なので、テレビでやるにもかなりのハードルの高さが要求されるのかなと思います。制作の金銭面などはわかりませんが……最近ではいくつもの都市伝説の方が怖いような気がします」

 娯楽としての「怪談」が失われつつある今。それを求める場は、もはやテレビではないのだろうか。
(サイゾー公式携帯サイト「サイゾー裏チャンネル」より)

稲川淳二の怪怨夜話

いやだな~こわいな~

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 『あらびき団』を席巻する”パクリ芸”海外漫談 元祖アイヒマンの本音は!?
【関連記事】 “都市伝説”は映画と結びつく 白石晃士監督『オカルト』『テケテケ』
【関連記事】 スピリチュアルブーム終焉か? 『オーラの泉』打切り決定!

最終更新:2013/02/07 12:53

捏造・ヤラセの影響も!? テレビから”心霊番組”が消えたワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

『青天を衝け』黒船来航のウラ話!

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

なかやまきんに君インタビュー

 昨年から引き続き日本を席巻している筋トレブーム。パーソナルトレーナーは一般化し、N...
写真