日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 大根仁さんの至言「ネットの書き込みなんて、バカにしていいんじゃない?」(前編)
連載【第3回】小明の「大人よ、教えて!」"逆"人生相談

大根仁さんの至言「ネットの書き込みなんて、バカにしていいんじゃない?」(前編)

 モテない、金ない、華もない……負け組アイドル小明が、各界の大人なゲストをノーギャラで呼び出し、お悩みまで聞いてもらおうという好評連載。第3回のゲストは、”深夜番長”ことテレビ演出家・大根仁さんです!

[今回のお悩み]
「ネットで叩かれて、つらいです……」

――はじめまして! 今日はギャラも出ないのに、わざわざすみません!

大根 いえいえ。これってどういう趣旨なんでしたっけ。

――えっと、社会的に成功している人にいろいろ相談に乗ってもらいたいっていう……。

大根 ……成功? それに相談って言われてもなぁ、君のこと良く知らないし……。

――面目ないです……。ちなみに簡単に自己紹介するとグラドル崩れのライターかぶれ、みたいなしょっぱい女なんですけれど、もう直感で答えちゃってもらっていいです。脚本・演出家という大根さんの視点から、私ってこの先の人生どうしたら良いと思いますかねー?

大根 ……え? ゴールデン街で店を開くとか?

――あ、いや、芸能界や出版界での話というか……。えっと、大根さんもいろんなアイドルとお仕事されてますけれど、やっぱり売れる子っていうのは違いますか? こう、オーラとか……私、なんか全体的に『負』って感じで、メジャー感が一切ないんですよ。

大根 ああ、グラビアアイドルと仕事もするけれど、僕のドラマに関わったアイドルってなんか、その後あんまり良いことになってないんですよ……。『ヴァンパイアホスト』っていうドラマで主演の小向美奈子(「BUBKA」に写真流出多数、覚せい剤で逮捕、ストリッパーに)に、『アキハバラ@DEEP』では小阪由佳(引退騒動)とか……。

――そういえば同じく『アキハバラ@DEEP』の松嶋初音ちゃんもよくブログにマズい記事を誤爆してましたねー。デス脚本! そういえば無事私も『アイドル墜落日記』っていう処女作を出版出来たんですけど、本がまだ発売になる前から、暴露本と間違えられて、ネットで「売名乙」ってものすごく叩かれちゃって、すごいショックなんですよ。

大根 僕も割と人の悪いところを意地悪く見ながら生きているタイプだから、叩く側の気持ちはわかるよね。そもそも、まず『墜落』するほど上ってるのかっていう。

――そこに気づいてから『アイドル低迷日記』にすれば良かったと思ってます……。

大根 タイトル、小向に売っちゃえば良いんじゃないの?

――それは確かに墜落ですけど、間違いなく本家(私)よりも売れちゃいますよ! 大根さんはそういうネットの評判とか、気にならない方ですか?

大根 あんまり気にしないね。ドラマの掲示板とか2ちゃんとか見たりしたことあるけど、そんなにこっぴどくやられてないんだよね。ネットに書き込む奴の気持ちはすごくわかるから、むしろ「いい視点だね、キミ!」みたいな(笑)。俺が十代だったら絶対そういうことやってるし、当時ネットがなくて良かったよ。けっこう気になっちゃうの?

――気になっちゃうんです。せっかく今までじめじめ負け続けた人生を払拭しそうな素敵な本になったのに、間違った情報のまま叩かれて悪い評判ばかり書かれるのが辛くて……。そのモヤモヤで胃が痛くなってしまって、いま順調に円形脱毛症も広がってるんですよ……ホラ(帽子を取る)。

大根 エー! ハゲ、大きいじゃない! 思ったよりもシリアスに大きいじゃない! もう美味しいものでも食べてよ、俺の金じゃないけど……。当時ネットがあったら一緒に叩いてた側から見ると、それが今の2ちゃんねるの人たちの可哀想なところかもしれないね。そういうエネルギーはもったいないから貯めといたら良いのに。でも、そういうネットの記事を読んで過激な暴露本と間違って買う人がいて、逆に売り上げが伸びたりしないの?

――あ、確かにアマゾンのランキングは上がってるんですよ……誤解なのに!

大根 じゃあ良いじゃない! 結果よし! ネットの書き込みなんて、書いてるのがどんな奴かって、大抵は想像がつくじゃないの。そこはもうバカにしていいんじゃない? どっちが頑張ってるかって言ったら、それはこっちなんだから。

――わー! 少し元気が出ました! じゃあ、御礼にこっちも大根さんを褒めさせてもらいます。最近テレビがつまらなくなったって言われてますけれど、『週刊真木よう子』は尖ってましたね! メンツも、ちょっと引くくらいすごかったじゃないですか。

大根 オレが一番たいしたことなかった(笑)。『週刊真木よう子』では本当に「テレビはまだ大丈夫よ! まだ好きなことやれるよ!」ってことは伝えられたかもしれないね。
後編へつづく/取材・構成=小明/「サイゾー」8月号より)

●大根仁(おおね・ひとし)

1968年、東京都生まれ。テレビ演出家。『劇団演技者。』(フジテレビ)、『30minutes』(テレビ東京)、『週刊真木よう子』(テレビ朝日)、『湯けむりスナイパー』(テレビ東京)など、深夜帯で次々に話題作を放ち続ける、通称”深夜番長”。

●小明(あかり)
1985年、栃木県生まれ。02年、史上初のエプロンアイドルとしてデビューするも、そのまま迷走を続け、現在、フリーのアイドルライターとして細々と食いつないでいる。6月2日に書籍『
アイドル墜落日記』(洋泉社)刊行。以来、返本に怯える日々。ブログ「小明の秘話

週刊真木よう子 おんな任侠筋子肌

なんでもありのオトナのドラマ

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 杉作J太郎さんの至言「そんなことより『ファフナー』見ろ、『ファフナー』を」(前編)
【関連記事】 
河原雅彦さんの至言「もう無理やりヤラれちゃえばいいんじゃない?」(前編)
【関連記事】 
狩舞麻礼原作!? 伝説マンガ『湯けむりスナイパー』がドラマ化!

最終更新:2018/12/19 15:06

大根仁さんの至言「ネットの書き込みなんて、バカにしていいんじゃない?」(前編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

団地発ラップのGREEN KIDS

――2018年12月、いわゆる改正入管法が成立したわけだが、今、日本で働く外国人の環...
写真