日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 本多圭の『芸能界・古今・裏・レポート』  > 「死人に口なし……」麻薬逮捕の押尾学供述に死亡女性関係者が真っ向反論!
本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」Vol.28

「死人に口なし……」麻薬逮捕の押尾学供述に死亡女性関係者が真っ向反論!

manabu.jpg一部報道では、死亡女性と半年前から
不倫関係にあったとも報じられている。

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!

 合成麻薬MDMAを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された俳優の押尾学が、警察の取調べでは、六本木のマンションで、全裸で変死していた銀座ホステスのTさんにクスリを勧められたと供述している。

 だが、これは鵜呑みにできない。筆者は、Tさんの勤めていたクラブ「J」の関係者に話を聞くことができたが、同氏は押尾の供述に真っ向から反論している。

「押尾は蘇生も試みたけど、ダメだったとも言ってる。今となっては死人に口なしです。Tさんは過去にはいろいろあったようですが、クスリをやるような女性ではありません。店で押尾は、Tさんを強引に口説きまくっていましたが、Tは『うん』と言わなかった。今回、港区の”四の橋”の盆踊りに誘われてついて行ったのも、一人じゃなく、大勢だということだったから。それで安心して行ったら、そのまま帰らぬ人になってしまった。遺族はもちろんのこと、彼女を知る銀座の関係者は納得いきませんよ」

 押尾は、矢田亜希子と別居した後、ここ2~3カ月の間は、Tさんが勤める銀座8丁目のクラブに頻繁に足を運んでいたという。

「仕事もろくにないのに、銀座のクラブに出入りできませんよ。実は、押尾にはスポンサーがいて、彼が店に連れてきたんです。パチンコ機器卸大手の会長ですよ。この会長は銀座の上客ですから、ホステスや店も安心する。ただ、その結果、ホステスが非業の死を遂げた。ろくでもない俳優を甘やかした、この会長にも責任はあります」(芸能関係者)

 さらに、業界では素行が悪いと有名だった押尾に、六本木のマンションを自由に使わせていた下着通販社長の罪も重いだろう。

「押尾という男を見抜けなかったから、今回の事件が起こった。ビジネスで成功しても、人間を見る目はなかったということですよ。しかし、所轄の麻布署が事件性がないからと、早く片付けようとしている。先の会長がパチンコ業界と関係が深い元警察官僚の政治家に頼んで、圧力をかけたという情報も流れてます。押尾との関係を詮索されたくないからでしょうね」(前出のクラブ関係者)

 警察が当てにならないなら、マスコミが事件の真相について徹底的に究明すべきだ。そうでなければ、Tさんは浮かばれない。
(文=本多圭)

愛と勇気

“愛と勇気”ってなんだろう。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 政界激震! 押尾学容疑者の部屋で死亡していた女性は”国会議員の娘”!?
【関連記事】 大物芸能人が戦々恐々する”のりピー夫”高相容疑者の素性
【関連記事】 日本はドラッグ無法地帯!? ドラッグの世界潮流と日本ドラッグ事情

最終更新:2013/02/14 11:14
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed