日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 「やはり”失踪”ではなく”逃走”だった!?」酒井法子に覚せい剤で逮捕状

「やはり”失踪”ではなく”逃走”だった!?」酒井法子に覚せい剤で逮捕状

norikosakai_kora.jpg今回の騒動に乗じてネット上にばら撒かれた「ダメ、ゼッタイ」の合成写真。当局は
「完全なニセモノ。非常に迷惑している」と憤慨していたが……。

 急転直下、逮捕された夫に続き、覚せい剤取締法違反で逮捕状が請求された酒井法子。当サイトは、酒井に逮捕状が出る前から、「(半年以上前に)酒井が夫と一緒に、コカインパーティに出席しているのを見た」という人物の証言を得ており、酒井は失踪ではなく、「逃走」である可能性があるのではないかと見ていた。

 酒井の失踪を心配した所属事務所の社長が、3日に記者会見し、「彼女は小さいときに(両親の関係などで)つらい思いをしているので、家族愛が人一倍強い」と語っていたが、結果的には最愛の息子を最も苦しめる状況をまねいてしまった。まさに人間失格、母親失格といっていいだろう。

 会見時に事務所社長が語っていた「つらい思い」というのも、両親が離婚したということだけではなく、彼女の父親との複雑だった関係を暗に指していたのかもしれない。

「一部報道では、酒井の父親は、89年に交通事故死をしたとされているが、実際には借金を苦にしての自殺説が強いんです。この父親は、暴力団関係者で、母親に対して家庭内暴力も頻繁に起こした上に離婚した。彼女は母子家庭に育ったようなものですよ」

 というのは、事情をよく知るマスコミ関係者。それだけに酒井は、自分の夫がヒモ状態になっても、子どもには自分と同じような思いはさせたくないという気持ちが強かったのだろう。

「周囲から離婚を勧められても、頑と拒絶していたんです」(同)

 しかし、このような結果になると、ヒモ亭主と別れられなかったのは子どものためだけではなく、常習性があっと思われる「共通の趣味」も関係しているのではないかと思わざるをえない。

 逮捕状が出たといっても、子どもにとって、母親の存在はかけがいのないもの。今の酒井に求められているのは、まずは無事であることを示し、当局に真相を語ることだろう。

酒井法子 Best Selection

トンダ演技派! がっかりです。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 大物芸能人が戦々恐々する”のりピー夫”高相容疑者の素性
【関連記事】 政界激震! 押尾学容疑者の部屋で死亡していた女性は”国会議員の娘”!?
【関連記事】 「死人に口なし……」麻薬逮捕の押尾学供述に死亡女性関係者が真っ向反論!

最終更新:2009/08/07 13:41
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed