日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 「電車男」でカニバリズムで格闘映画の傑作『カクトウ便 VS 謎の恐怖集団人肉宴会』
アイドル映画専門映画監督・梶野竜太郎の【アイドル映画評】第9幕

「電車男」でカニバリズムで格闘映画の傑作『カクトウ便 VS 謎の恐怖集団人肉宴会』

kakutoubin02.jpg(c)2007 カクトウ便製作委員会/キックファクトリー

アイドル映画をこよなく愛する「アイドル映画専門」映画監督が、カントク視点でオススメのアイドル映画を、アノ手コノ手で解説します。

●今回のお題
「電車男」でカニバリズムで格闘映画の傑作
『カクトウ便 VS 謎の恐怖集団人肉宴会』
監督:石井哲也/女性主演:木口亜矢、甲斐麻美

 既に長いタイトルなのに、この映画はいろんなフレーバーがテンコ盛りなため、あえてこのようなサブタイトルを入れたい。

「カクトウ便 VS 謎の恐怖集団人肉宴会 あぁ、愛しきヲタクの片思い、そして涙……」

 何だか○曜サスペンス劇場みたいで、盛りだくさんでしょ? でも、この映画、本当に盛りだくさんなのに、すべてがハイクオリティなのです。

sundome02.jpg『カクトウ便 VS 謎の恐怖集団人肉宴会』
日本全国何処へでも、どんな”ワケあり”な荷物も届ける「裏の運び屋」……それがカクトウ便! 危険なところも走り抜け、行く手を阻まれたら闘います!
Vol.2「VS 謎の恐怖集団人肉宴会」
愛するアイドルを守れ!アキバ系オタクが闘う<純愛アクション>
「カクトウ便」の活躍を描いたシリーズ第2弾。仕事では最強ともいわれる「カクトウ便」のメンバー遠藤。実は、普段の彼は、アイドル風花(木口亜矢)のオッカケだった。ある日、風花がアイドル活動に嫌気がさし、自作自演の失踪劇を演じる。ただ、それは人肉を愛好する変態集団によって仕組まれた、アイドル殺害計画のシナリオだった……。忍び寄る魔の手から風花を救うため、アキバ系オタクの<純愛アクション>が炸裂する!
3,990円(税込)
発売中
発売元:ハピネット
(C)2007 カクトウ便製作委員会/キックファクトリー

 そもそも”カクトウ便”とは、ワケありな荷物を届ける裏の宅配便のこと。その宅配便メンバー遠藤は、普段、人気グラビアクイーン木口亜矢ちゃん演じる大物アイドルの熱烈な追っかけ。で、このアイドルに惚れたファンの少年が見てしまう、見てはいけないアイドルの私生活と本音、そこから淡い恋へと物語が進む……。おおぉ! 素晴らしいピュア度の高さっ! 『電車男』の”手に入るはずのない女性を手に入てた時の感動”に近いぞ! なんて感じで、ホンワカしながら見ていたら、今度はいきなりカニバリズムテンコ盛りなリアル・ゴア・スリラー映画へ。

 ぎゃあぁ!? さっきの暖かい気持ちは? 人肉喰ってるぞ!

 気持ち悪さが視覚ではなく、『ホステル』みたいに、ちゃんと胸クソ悪くしてくれる。

 この展開の違いにワタワタする間もなく、今度は元々の淡い恋のカクトウ編へ! って、ついて行けるか!? これ、DVDで観た場合、ポーズしないでトイレ行ったらわけわからんぞ。要注意!

 と、まあ物語は(伝わってないだろうが)これくらいにして、タイトルのごとく格闘シーンがものすごいハイクオリティ! それも、そのはず、アクション監督は谷垣健治監督なのだ。

 解説しよう! 谷垣監督は、ジャッキー・チェンが会長をつとめる「香港動作特技演員公會」唯一の日本人会員で、香港映画界の中でもアクション指導をするような方です。そりゃすごいですよ。マジ殴りだもん。

 そしてこの監督がすごいのは、アクションができない子にはそれなりのことしかやらせないのに、ちゃんとかっこよく撮る! ってところ。

 私のこのコラムの第2幕『妄想少女オタク系』でも取り上げた甲斐麻美ちゃんが、たいしたアクションもしてないのに、ちゃんとこの映画の水戸黄門役として、かっこいい画が撮れているところが、素晴らしい! でもって、甲斐ちゃんが相変わらずかわいいところも、また素晴らしい。まぁ、黄門役と言っても印籠を出すわけではないのですが、何事にも動じない、見た目は普通の女子高生なんだけど、ものすごい力を秘めている、そしていつもニコニコ余裕の微笑み。ね! 黄門様でしょ♪

kakutoubin03.jpg(C)2007 カクトウ便製作委員会/キックファクトリー

 ……で、ここまで述べたように、この映画は3つのテイストが見事に融合された傑作なのですが、その3つのテイストすべてに登場するのが木口亜矢ちゃんなわけです。アイドルを演じるときの萌々なカメラ目線、1人の女としてのオフカメラ目線……と、そこまで木口亜矢の”アイドルの表と裏”を描きながら、時間が経過したその後に待っているのは、囚われたボンテージ&ボールギャグ! しかも、大股開きですよ。でも、それをあえてカメラマンがなめない! なめちゃうとこの映画が一挙にチャラくなり、木口亜矢の熱演が、やちゅっぽいPVへと堕ちてゆく。そこをやらずして、拉致度を上げている。ラスト、縛られている木口亜矢が、大ピンチで縛られながら、あることをする! そう! あることを!! それはまるで、超時空要塞マクロス。リン・ミンメイのよう……愛・おぼえていますか。(あとは見てのお楽しみだが、オーバーだろ。笑)

 木口亜矢の見事な拉致演技(なんだそりゃ)と、甲斐麻美のまったくブレない水戸黄門的立ち位置がちゃんと際立ちながらも、モテない男のアイドルへの恋、そしてカニバリズム・ゴア・スリラー、さらに猛格闘アクションが交差するも、すべてが見事に綺麗におさまった傑作です。

 ところでこの『カクトウ便』、全3部作でこれが第2作。ほかの2作も、小阪由佳、次原かなが大活躍! そして全編に登場する甲斐麻美は、見事な黄門様。PART4を期待したいところである。
(文=梶野竜太郎)

カクトウ便 VS 謎の恐怖集団人肉宴会

ぼくもけってけって。

amazon_associate_logo.jpg

kajinoryutaroprof.jpg

●かじの・りゅうたろう
映画監督・マルチプランナー。1964年東京生まれ。短編『ロボ子のやり方』で、東京国際ファンタスティック映画祭の部門グランプリを受賞。08年に長編『ピョコタン・プロファイル』でメジャーデビュー。9月の第2回したまちコメディ映画祭 in 台東にて、新作『魚介類 山岡マイコ』の上映が決定している。現在、トークライブ『オビカヂドカン!』に出演中。
詳しくは→http://mentaiman.com/
ブログは→http://ameblo.jp/mentaiman1964/

●アイドル映画監督梶野竜太郎の【アイドル映画評】INDEX
【第8回】トップアイドルの制服(もちろんミニ)とM男君の快感『ときめきメモリアル』
【第7回】知的に低脳な『秘密潜入捜査官 ワイルドキャッツ in ストリップ ロワイアル』
【第6回】『インストール』──女の子が部屋でひとり。何をしているのか、見たくないか?
【第5回】『お姉チャンバラ THE MOVIE』──ビキニvsセーラー服の恍惚
【第4回】『デコトラ・ギャル奈美』──古きよき時代のロマンポルノ・リターンズ
【第3回】『リンダ リンダ リンダ』──王道的傑作に潜む”多角的フェチズム”
【第2回】『妄想少女オタク系』──初心者歓迎!? BLの世界へご案内
【第1回】『すんドめ』──オナニー禁止とチラリズムの限界点

【関連記事】 “演技派AV女優”吉沢明歩の「私が肌を見せられるワケ」
【関連記事】 【マジシャン×女優】岡部まみが魅せる”2つの魔法”
【関連記事】 「実際の制服ですっ♪」板垣あずさちゃんの100回イベントに大潜入!

最終更新:2009/09/08 15:00
こんな記事も読まれています

「電車男」でカニバリズムで格闘映画の傑作『カクトウ便 VS 謎の恐怖集団人肉宴会』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

毒舌婚活ブログ”中の人”に聞く

「ブログなんてもう古い、時代はnoteだ――」  そんな声がにわかに高まりだした20...
写真