日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 品川祐さんの至言「なったらいいなと思ってることは、だいたい実現する」(後編)
【第5回】小明の「大人よ、教えて!」"逆"人生相談

品川祐さんの至言「なったらいいなと思ってることは、だいたい実現する」(後編)

akr_sngwimg02.jpg

前編はこちら

──寛容ですねぇ。『漫才ギャング』で、売れない芸人の飛夫がキャバクラに行って、キャバ嬢に「何か面白いこと言ってよ」って言われてブチ切れるシーンがあるじゃないですか。ああいうことってやっぱり実際にあるんですか?

品川 あれはね、ほんとに若いときはあれ言われたら、小説以上に怒ってましたね。特にテレビに出てないときはよく言われて、100%切れてましたね(笑)。今はもう、それもそんなに思わないです。焼酎5、6杯飲んでたら怒るかもしんないですけど、シラフだったら、「無理無理―っ!」とか言って明るく流します。

──やっぱり売れてからは心に余裕が出来たんですかね。


品川 そうですね。ま、虚勢を張らなくて済むっていうか、たとえば、お金ない時代のときに、きったねえ服着てAVとか借りてたら、「あ、それしか性処理の方法がないんだ」って感じするけど、今AV借りてるとこ見られても、そんなに恥ずかしくないっていうか……奥さんもいるし。だから無理して高級車に乗ったりとかしないで中古車に乗ってても、周りが勝手に「こだわりがあるんだ~」って言ってくれるでしょ。こだわりも何もないのに(笑)、そういう感じですよ。

──つまり、売れる前は心の余裕なんか持てるわけじゃないんですね……。『漫才ギャング』は売れない芸人さんが10年続けてから、また再スタート! ってお話ですけど、正直、女子だと10年売れない状態で……っていうのもかなり辛いじゃないですか。私、もう7年目なんです。アイドルをやって全然売れなくって、ここ数年はライターの勉強をしてそっちで食いつないでいますけど、売れないアイドルを10年続けて再スタートは……。

品川 それはかなりヤバい感じというか……(小明を見て急に吹き出し)ププッ! 難しいかもしれないですね(笑)。

──……笑われた! だから、ここらでいっちょ私も自分の本(『アイドル墜落日記』洋泉社)を映画化なりマンガ化なりしてなんとか生き延びたいんですが、品川さんの場合、そういう展開は視野に入れた状態で書くんですか?

品川 『ドロップ』のときは、もちろん映画の話なんかなかったし、それでもなんとなく映画になればいいな、と、まぁ……うん、やっぱり思ってましたね。けっこうね、ぼく、なったらいいなって思ってることって、だいたい実現するんですよ。『漫才ギャング』もいっしょで、やっぱ、自分くらい信じないと、どうにもなんないし(さわやかに)。

──すごいですねー。私は自分ほど信じられないものはないですよ。意志が弱いもんで。

品川 だけど、「自分のことを信じられないですよ」っていう政治家に、一票入れようって思わないじゃないですか(さわやかに)。少なくとも、「自分は自信持ってます!」って言わないと、だれも1票投じてくれないんじゃないかな。10人いて10人に嫌われたら0人でしょ。でも、ぼくがぼくを好きだったら、少なくとも1票はある。スタートが0の場合、その0にいくつかけても0だから、もし仲間になれるやつが5人目の前にいても、自分が自分のこと好きじゃないと0と同じ。本来仲間になるかも知れなかった人まで見落としちゃうんですよ。でも、自分が自分のこと好きなら少なくとも自分はそこに1人あるから、1かける5は5でしょ、そしたら半数は取れるっていう、ぼくの持論なんです。ま、極論ですけど、そう思って生きてると、けっこう自分のことを好きになれるかなって。

――なるほど! じゃあ、私は2か3になりたい!

品川 (無視して)ぼくはネガティブな時代も、理屈とか好きなんでネガティブな理屈をこねていたんですけど、それがしんどくなったから、そのネガティブでいるぼくに対してポジティブに変換するぼくっていうやつを戦わせて、こっちが勝ったほうが楽しく生きれんだろうって、自分を洗脳したんです。

──脳内でも喧嘩で成り上がったんですね! わたしもチャレンジして洗脳してみます!

品川 でも、小明さんは、本のタイトルも『アイドル墜落日記』とか、頭がハゲたとか、そういうのが売りなんだから、死ぬまでネガティブなままでいいんじゃない?(笑)

──いやです! 幸せをさがしにいきたいんですよ!

品川 ポジティブになって仕事なくなるより、ネガティブで仕事あるほうがいいと思いますけどね。

──でも、最近ちょっと仕事が増えたりして、だんだん自分に余裕がでてくるじゃないですか。で、わーいって楽しく暮らしていると、「あいつは日和った」「昔のほうが共感できた」みたいに言われてしまって。それで「やばい、私は幸せになっちゃいけないんだ!」と思ってしまって、また負のスパイラルにはまって……。

品川 それはそれでいいんじゃない? いや、人それぞれだと思うんで、「どうやったら品川さんみたいになれるのか……」とかよく言われるんですけど、やっぱ、あんまり人にはあてはまらないっていうか。芸能界って特に、自分の中にある小さいものを大きくデフォルメして発表する場だから、せっかくネガティブってことでスポット当たってるのに、「ポジティブな人っていいなぁ」ってそっちに引っ張られちゃったら、やっぱ面白みがなくなっちゃうから。いろんな人がいて芸能界ですからね。つらいかもしんないけど、ぜひネガティブでいてくれたほうがファンの方は喜ぶんじゃないですかね。ほら、太宰治じゃないけど、あーゆう暗い人に救われる人もいるから、きっと。

──ああ、そうですね、本当にそうです……。生まれてすみません!

品川 きっと小明さんみたいな人に救われる人もいるんじゃないですかね、どこかには。たぶん。なんとなく(笑)。

──たぶん……? あー、でもそういっていただいて、すごく助かったような気がします。

品川 まさに小さい明かりだと思いますけど、あまりポジティブにならないままで、周りを照らしてあげてください(さわやかに)。

──墓場にそなえるロウソクのように弱々しい明かりって感じですね……心配しなくても不況で仕事がどんどん減ってポジティブになりようがないので、このまま頑張ります……。
(取材・構成=小明/「サイゾー」10月号より)

品川ヒロシ(しながわ・ひろし)
1972年、東京都生まれ。お笑い芸人、作家、映画監督。95年に漫才コンビ「品川庄司」を結成しデビュー。9月18日に、2作目となる小説『漫才ギャング』(リトルモア)を発売。また、自身が原作、脚本、監督を務めた映画『ドロップ』DVD(よしもとアール・アンド・シー)も好評発売中。

小明(あかり)
1985年、栃木県生まれ。02年、史上初のエプロンアイドルとしてデビューするも、そのまま迷走を続け、現在フリーのアイドルライターとして細々と食いつないでいる。初著アイドル墜落日記(洋泉社)の販売数を思って眠れぬ日々。
ブログ「小明の秘話」<http://yaplog.jp/benijake148/

ドロップ

30万部突破のデビュー作

amazon_associate_logo.jpg

小明の「大人よ、教えて!」”逆”人生相談バックナンバー
【第4回】 福本伸行さんの至言「俺は『面白いものを作ろう』じゃなくて、作れちゃう」(前編)
【第3回】 大根仁さんの至言「ネットの書き込みなんて、バカにしていいんじゃない?」
【第2回】 杉作J太郎さんの至言「そんなことより『ファフナー』見ろ、『ファフナー』を」
【第1回】 河原雅彦さんの至言「もう無理やりヤラれちゃえばいいんじゃない?」

最終更新:2018/12/19 15:06

品川祐さんの至言「なったらいいなと思ってることは、だいたい実現する」(後編)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

コロナ以後の里山資本主義

『デフレの正体』(角川oneテーマ21/2010年)、『里山資本主義』(NHK広島取...
写真