日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > 第二の北野武は松本か? 板尾か? 吉本芸人が映画を撮る本当の理由
吉本が描く新たな夢は、コメディ映画のカンヌ国際映画祭開催!?

第二の北野武は松本か? 板尾か? 吉本芸人が映画を撮る本当の理由

今年に入り、公開ラッシュとなった吉本の芸人監督映画。話題性だけで注目は集めるも、その興行成績や評価はバラバラ。はたして映画界進出に隠れる吉本の思惑とは?  公開間近の板尾創路初監督作品の裏側から、その真相に迫った──。

 ここ数年、日本映画界にはいわゆる異業種監督が続々登場している。つい最近も、俳優の岸谷五朗や、人気脚本家として知られる北川悦吏子といった面々がデビューを飾り、今月頭には、いまや若手俳優の頂点(!?)に君臨する、小栗旬の初映画監督作品の公開も決定した。そんな中でも今年目立ったのが、お笑い芸人の映画監督進出だ。しかし、よく考えてみれば、2009年に映画監督作品を発表したのは『しんぼる』の松本人志、『ドロップ』の品川ヒロシ、『ニセ札』の木村祐一、『南の島のフリムン』のガレッジセール・ゴリと、いずれも吉本興業所属のタレントばかり。正確には、”吉本芸人監督ブーム”と言うべきだろうか。彼らはなぜ今、監督デビューする必要があるのだろう? 某映画誌ライター・A氏はこう語る。

「吉本はたぶん、松本さんのような大御所たちの活躍の場を、テレビから映画やアート関係にシフトさせ、その空いた席に後進の芸人たちを座らせようとしているんじゃないかな。それに今、お笑い芸人のテレビ出演者枠はかなりの競争率。ほかの媒体への活路を見いだそうというのも理由だろうね」

 この意見は憶測の範囲内ではあるが、吉本がここにきて映画界に本格的に参入し始めているのは事実なのだ。まず、07年3月に松本人志の『大日本人』が公開され、その後事務所の所属芸人100組に映画を作らせる『YOSHIMOTO DIRECTOR’S 100』なる短編映画制作プロジェクトも開始。その中で才能の発掘をしながら、今年は同社が協賛した「沖縄国際映画祭」を開催させた。”笑いと平和”をテーマに3月に行われた同映画祭は、吉本芸人たちが押し寄せたこともあり、約11万人の動員を記録した。

 記者会見で吉本興行・大崎洋社長は、「(08年に『大日本人』がカンヌ映画祭に招待された際)上映会場は満席で、爆笑が起きた。笑いが国境を超えることを実感した」と、国際映画祭開催の理由を語っている。そして、「タレントを夢に向かって走らせるための場作りのひとつ」として、吉本がこれまで以上に映画に力を入れ、芸人の監督業進出を奨励していくと明言した。

暇つぶしにしかならない!? 実力が伴わない芸人映画

 しかし、品川の『ドロップ』が興行収入20億円を超す異例の大ヒットを記録したにせよ、どの作品も、映画関係筋の評価はとても高いとは言い難い。それゆえ、警鐘を鳴らす人もいる。映画誌を手がける編集者・O氏は、吉本芸人の映画界進出をこう指摘する。
(続きは「プレミアサイゾー」で/取材・文=水上賢治)

スカイフィッシュの捕まえ方 ~板尾創路編~

吉本のダークホース

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 松本人志監督・主演第2作『しんぼる』 閉塞状況の中で踊り続ける男の悲喜劇
【関連記事】 “女神降臨”ペ・ドゥナの裸体が神々しい 空っぽな心に響く都市の寓話『空気人形』
【関連記事】 品川祐さんの至言「なったらいいなと思ってることは、だいたい実現する」(前編)

最終更新:2021/05/25 19:07
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed