日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > SKE48運営が異例の「ストーカー禁止」声明発表 アイドルと”STK”の現実

SKE48運営が異例の「ストーカー禁止」声明発表 アイドルと”STK”の現実

ske1221.jpgSKE公式サイトより

 大ブレイクしたAKB48の姉妹グループで名古屋の栄を拠点に活動するSKE48。名古屋版の情報誌の表紙を次々に飾り、シングル「強き者よ」(ランティス)で単独デビューも果たした。最年少12歳でセンターを務める松井珠理奈を中心に、「ステージから風が吹いてくる」と賞賛されるほど、AKB48よりダイナミックでハイレベルなダンスパフォーマンスを見せることでも知られている。名古屋では確実に知名度を上げている彼女たちの公式ホームページに「ストーカー禁止」を呼びかける異例の声明が公表された。

「最近、ストーカー行為などメンバーの安全を損なう常識を外れた行動をとられる一部の方がいらっしゃいます。そのような方に対しては弊社内だけの対応だけではなく、しかるべき対応をとらせて頂きます。一部の良識のない方のために本告知にて大多数のファンの皆様には不快にさせてしまい、申し訳ありません。深くお詫び申し上げます」

 AKB48でも、一部の過激なファンによるストーカー行為が問題視され、”出禁”を言い渡されているファンもいる。AKB48劇場通い4年を迎えた”古参ヲタ”は次のように明かす。

「アイドル業界では、以前から”STK(ストーカー=stalkerの略)”と呼ばれる痛いファンがいます。”STK”が撮ったアイドルとその彼氏との密会写真が雑誌に掲載され、それをきっかけにアイドルが引退した例もあります。AKB48、SKE48は人数が多いこともあり、メンバーは一定の場所まで車で移動し、以降は電車移動。なので、正直”隙だらけ”らしいです。あるメンバーはヲタに”STK”され、それが原因で体調を崩し、卒業するに至ったというウワサもあるほど。特にSKE48の名古屋は、大都市の割に遊ぶ場所が少なく、『どこに行っても誰かと会う』『知り合い二人を辿れば、誰とでも繋がる』と評されているほどなので、メンバーの住所を把握するのも楽勝らしく、大型掲示板にはメンバーの通う学校などがまとまっているスレッドもあるほどです。痛いヲタが『公演は金がかかるけど、STKならタダでずっと見てられる』なんて言っているのを聞いたことがあるので、正直、自重してほしいですね」

 11月にはAKB48のある有名ヲタが、「同居することになった」と虚偽の理由で転居届を提出して、自宅に”推しメン”の郵便物が届くようにして窃盗容疑で逮捕されたことで世間を騒がせた。ファン層を拡大すると共に、不品行なファンも増えているのが実情のAKB48、SKE48。メンバーを愛するならなおさら、ファンにはメンバーのプライベートには気を遣い、マナーを守って応援を心がけてほしいものだ。
(文=本城零次)

TeamS 2nd 「手をつなぎながら」公演

マナー違反お断り!

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 秋葉原から世界へ! AKB48海外進出戦略 秋元康が企む”世界48″の真相とは?
【関連記事】 本家AKB48をも凌駕するSKEの”タニマチ事情”と”引き抜き問題”
【関連記事】 「CD50枚購入は当然!?」”ポストAKB48″ももいろクローバーの壮絶キャンペーン

最終更新:2013/01/31 21:00
こんな記事も読まれています

SKE48運営が異例の「ストーカー禁止」声明発表 アイドルと”STK”の現実のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

横浜銀蝿・翔が語る、バンド誕生秘話

 1980年、リーゼントにドカンという不良まんまの姿でブラウン管に登場し、世の大人たち...
写真