日刊サイゾー トップ > 芸能  > 押尾学大好きレポーターあべかすみの”マナブクンを励ます会”に警察が重大関心!?

押尾学大好きレポーターあべかすみの”マナブクンを励ます会”に警察が重大関心!?

osio1224_.jpgアラフォー世代の自己愛の強さと
鋼の心には脱帽です、あべさん。

 これまで、一貫して押尾学容疑者を擁護してきた女性芸能レポーターのあべかすみ。押尾が再逮捕されると一転、彼を非難し始め自身の売名に転じたことで、マスコミ中から総スカンなのは既報の通り(記事参照)。

 だが、今度はなんと捜査当局が彼女が押尾のために行ったと噂される、”ある行為”に注目しているのだという。全国紙社会部記者が語る。

日刊サイゾー総力特集!「押尾学事件」

「実は、あべレポーターが10月下旬に都内で催したとされる”押尾容疑者を励ます会”に、警察が重大関心を示しているんですよ」

 警察がなぜ重大関心を寄せているのかと言えば、「一度目の逮捕後、まだ押尾容疑者の判決も出ていない最中に催された、押尾容疑者を”励ます”パーティーですからね。誰が出席したのか、警察は興味を持っているようです」(前同)

 当然だが、マスコミ関係者は、あべレポーター一人だったとされる。今度は、別の司法担当記者が、呆れ顔でこう明かす。

「正直、あべさんが本当にこの時期にこうした会を押尾容疑者のために開いたとすれば、マスコミ人失格ですよ。明らかに取材対象者との距離感を間違えていますね」

 あべレポーターには、こうした声の他にも、次のような話が漏れ伝わっている。

「押尾容疑者をダシに使って、テレビに出たり、週刊誌にコメントを出したり、まるで節操がない。それだけではなく、匿名で朝刊スポーツ紙にも随分と情報を流していたそうです。そもそも、彼女はジャニーズの追っ掛けをしていたとも噂されていますからね。取材者には、不向きな人間だったのかもしれませんよ」(テレビ局ワイドショー関係者)

 あべレポーターの非常識ぶりに、まだまだバッシングの声は止まるところを知らないようだ。

女性の品格

今、あらためて。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 押尾学を「マナブクン」と呼ぶ”親密”女性リポーターに現場のブーイング
【関連記事】 「オレの名前を出すな!」と押尾学を恫喝し2億円の口止め料を払った人物がいる!?
【関連記事】 押尾学事件「一緒にMDMAを飲んでセックスした」証言のモデルN 芸能界追放か

最終更新:2009/12/24 15:14
こんな記事も読まれています

押尾学大好きレポーターあべかすみの”マナブクンを励ます会”に警察が重大関心!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

阿佐ヶ谷姉妹インタビュー

 人情味あふれる町・阿佐ヶ谷の6畳一間のアパートで、本物の姉妹でない2人の40代女性...
写真