日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > ガイジンが見たクールでHENTAIな日本『ザ・ニッポン・レビュー!』

ガイジンが見たクールでHENTAIな日本『ザ・ニッポン・レビュー!』

gaizin.jpg『ザ・ニッポン・レビュー!』
(著:えいち/洋泉社刊)

 ジャパニメーションが世界を席巻し、それに伴い諸外国における日本文化への関心がとみに高まっている。『ドラゴンボール』は世界40カ以上で放映、コミックスも世界累計3億5,000万部を超えるメガヒットとなり、いまだ人気冷めやらぬ様子。『ポケモン』『ワンピース』『ハルヒ』なども絶好調だ。”OTAKU””HENTAI”はすでに国際語として浸透し、日本はポップ・カルチャーの発信地として耳目を集めている。

 この『ザ・ニッポンレビュー!』は、月間200万PVを誇る人気ブログ「誤訳御免!!」を書籍化した本だ。「誤訳御免!!」とは、英文記事や外国人のアニメ・マンガ評など、日本と日本文化を語る海外掲示板を翻訳したブログ。その「誤訳御免!!」管理人・えいち氏が、2006~09年の3年間の記事の中から特に面白いものを厳選し、まとめている。日の丸と刀を背負ったメイドの表紙がCoolだ。

 海外の日本掲示板は数多く存在する。いずれも非常に盛んで、アニメ・マンガだけにとどまらず、日本の伝統・習慣・風俗など、外国人ならではの視点で日本を語っている。寄せられたコメントの大半が批判的でなく好意的に日本とらえていて、皆、純粋な「日本ファン」であると言える。「日本のアニメはやたらと電柱・電線が映る」「(日本人は)まぶたを1本の指で下に引っ張り、舌を突き出す(※アカンベーのことか?)」「Kancho(カンチョー)に気をつけろ」など、言われてみれば確かにそうかも、と改めて気づかされる面が多い。「アニメではひっきりなしに蝶と羽根が使われている。何のメタファーなんだろうか?」「アニメは西側を乗っ取るための陰謀だよ」って深読みしすぎでしょ。アニメから話題が広がり、日本でのマナー、宗教、人種差別にまで及んで議論する様はまさにHot。

 各国の人が、おのおの自国の価値観と照らし合わせて議論することで、日本のヘンなところ、面白いところが浮かび上がってくる。「わたしの国ではこうだったよ」「俺の国では考えられない」というように、日本そのものではなく、それぞれの自国の価値観と比較し、再発見することに面白みがあるのだ。「ニッポン」は比べるのにはあまりに奇異な国で、彼らの好奇心を誘うのだろう。外国人はその奇妙なところを、愛を込めて「ヘンタイ」と呼んでいる。この『ザ・ニッポンレビュー!』を読んで、ヘンタイでクールなニッポンを外から見てみよう。
(文=平野遼)

えいち
愛知県生まれ。男性。2006年7月、英文記事やアニメ・マンガ評を翻訳するブログ「誤訳御免!!」を開設。現在は月間200万PVを超す人気ブログに成長。

誤訳御免!!
<http://shirouto.seesaa.net/>

ザ・ニッポンレビュー! ~ガイジンが見たヘンタイでクールな日本

これがニッポンの文化

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 誇張の夢? オトナがイヒヒと笑う閨房の滑稽『春画の楽しみ方完全ガイド』
【関連記事】 ビジュアルとしてのラジカセを徹底的に愛でる本『ラジカセのデザイン!』
【関連記事】 まさに鬼畜!? 同類を売る看板ゆるキャラの悲哀『共食いキャラの本』

最終更新:2009/12/28 11:22

ガイジンが見たクールでHENTAIな日本『ザ・ニッポン・レビュー!』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

自己肯定感高い中国人マンガ、中の人

近頃Twitterでたびたびバズっている特徴的なマンガがある。白いウサギが中国や台湾の人...
写真