日刊サイゾー トップ > カルチャー  > “ガンダム最大のタブー”劇場版『ガンダムSEED』って、どうなってるの!?

“ガンダム最大のタブー”劇場版『ガンダムSEED』って、どうなってるの!?

gundam.jpg「機動戦士ガンダムSEED 1」
バンダイビジュアル

 1979年の第1作の放送開始以来、30年以上にわたり新作が作られ続けている、日本のアニメーションの金字塔『機動戦士ガンダム』シリーズ。その人気はいまだ衰えることはなく、今年は作家・福井晴敏の原作による新作アニメ『機動戦士ガンダムUC』がスタート。そして、07~09年にかけてテレビで放送され人気を博した『機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)』劇場版の公開が控えている。

 今後の更なるメディア展開が期待されているガンダムシリーズだが、関係者の間でタブー視されている存在がある。それが劇場版『機動戦士ガンダムSEED』の存在である。

 テレビシリーズ『機動戦士ガンダムSEED』は「21世紀のファースト・ガンダム」を謳い、鳴り物入りで02年よりMBS系列にて放送がスタートした大ヒット作。DVDはシリーズ累計140万枚以上の売り上げを記録し、プラモデル(いわゆるガンプラ)も続々新商品が発売されるほどのヒット商品となっている。続編のテレビシリーズ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』も大ヒットとなり、名実ともにゼロ年代ガンダムブームの火付け役といえるタイトルである。

 こうした一連のヒットを受けて、06年には「”X” plosion GUNDAM SEED」という新プロジェクトが発表され、その中で劇場版『機動戦士ガンダムSEED』の制作決定も発表された。大ヒットタイトルの新作。しかも劇場作品ということで、当初はアニメ雑誌などでも大々的に取り上げられ、ファンからも大きな期待を寄せられていた。しかし、その後続報はほとんど出てこず、10年現在も具体的な作品の内容についての情報は全くアナウンスされていない。

 この状況について、公式には「脚本家・両澤千晶が体調を崩したため」、「時勢に合わせてプロットを作り直しているため」とのコメントが出されている。しかし、実際のところは「脚本が全然進まないだけですよ」とアニメ雑誌の編集者は語る。

「元々、遅筆傾向のあった脚本家による劇場版のシナリオが全然仕上がらないそうです。テレビシリーズの時も、そのせいで現場に大きな混乱を引き起こしていたというのはファンの間では有名な話です。そこで制作側も、いつまでも完成しない作品を待つよりは、ということで先に『OO』の劇場版を動かしたというところじゃないでしょうか」

 それでは劇場版『OO』が完成された後には、劇場版『SEED』の制作が再開される可能性はあるのだろうか。その点については、「劇場版『SEED』については、このまま世間が忘れてくれるのを待つようですね。多くの外伝作品が存在する『SEED』ですが、アニメ本編の世界は両澤さん以外には描けない独特の世界観ということもありますし。実際に関係者の間では、劇場版『SEED』は”タブー扱い”されていると聞きます。ただ、コンテンツとしてはまだ十分に訴求力はあるので、プラモデルや外伝コミックなどの展開は今後も続くと思われます。そちらの展開も考慮して、正式に劇場版製作中止のアナウンスはされないようです」とのこと。

 なお、『SEED』シリーズの監督を務めている福田己津央は、『SEED』ファン向けの有料コンテンツ「SEED Club mobile」内のコラムにて、「最近別番組の企画協力の話があって、久しぶりに忙しくなってきました。」(抜粋)とのコメントを掲載し、肝心の『SEED』については一言も言及はしていない。

 この記述から、ネット上のファンの間では劇場版『SEED』の完成に対して、あきらめムードも漂い始めている。ファンとしては、そんな空気を払拭するような吉報を期待したいところだが……。

機動戦士ガンダムSEED 1

中盤まではよかった、って話。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 今こそ『ガンダム』を凌駕する新しいキャラが生まれるべきだ!!(前編)
【関連記事】 アニメマスコミを泣かせる”サンライズ様”の銭ゲバ体質(前編)
【関連記事】 何もかもが輝いていた第2世代オタクの青春グラフィティ『8bit年代記』

最終更新:2010/01/23 11:00

“ガンダム最大のタブー”劇場版『ガンダムSEED』って、どうなってるの!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

千鳥・大吾とテレビの中のパンティ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『M-1』予選を騒がせた野良芸人

『M-1』グランプリの決勝が近づいている。今年は過去最多となる5,040組がエントリ...
写真