日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > KAT-TUN亀梨主演のTBS『ヤマトナデシコ七変化』視聴率が垂直落下中

KAT-TUN亀梨主演のTBS『ヤマトナデシコ七変化』視聴率が垂直落下中

yamatonadeshiko.jpgTBS『ヤマトナデシコ七変化』公式サイトより

 昨年1月期の連続ドラマ『神の雫』(日本テレビ系)で平均視聴率6.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を叩き出し、日テレ火曜ドラマ枠を”廃枠”させてしまったKAT-TUNの亀梨和也。この作品で完全に”低視聴率王子”のニックネームが定着してしまった感がある亀梨だが、1年ぶりの連ドラ主演となった現在放送中の『ヤマトナデシコ七変化』(TBS系)が、またしてもピンチに陥っている。

 同ドラマは、人気コミックを原作に、軽妙なタッチで描かれるラブコメディ。亀梨は、コンプレックスを抱えたヒロインを「レディにする」という命題に挑む”絶世の美男子”という役どころで、共演にはNEWSの手越祐也、Jr.の内博貴といったジャニーズの面々が並んでいる。


「ところが、視聴率がヤバイんです。初回こそ12%を超えましたが、2話目で9.3%。そして1月29日放送の3話目では7.6%まで落ち込んでいます。これはもう急降下どころか、垂直落下ですよ。単純計算で、1話目を見たファンのうち、3人に1人以上がすでに見限っているということですからね」(テレビ雑誌編集者)

 ここまで激しい落ち込みを見せる同ドラマ、ネット上での評判も惨憺たるもの……かと思いきや、巨大掲示板などでは「普通に面白いけどな」「原作も読んでいたけど、ドラマも悪くない」「ストーリーがしっかりしてきた」など内容を評価する声も決して少なくない。

「少なくとも亀梨ファンにとっては、”見る価値のあるドラマ”に仕上がっているということですよね。それでも視聴率が急落しているということは、元々の固定ファンが少ない、つまり亀梨が”数字を持っていない”ということでしょう」(同)

 大ピンチの『ヤマナデ』、2月5日放送の第4話では何とか数字を戻したいところだが、この日は裏番組の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)で国民的アニメ映画『崖の上のポニョ』がテレビ初登場の予定。苦しい戦いは続きそうだ。
(「サイゾー裏チャンネル」より)

神の雫 DVD-BOX

ある意味、伝説のドラマ

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 “さげチンの貧乏神”KAT-TUN亀梨和也 めげずに営業活動に奔走中!?
【関連記事】 「ファンも白ける……」KAT-TUN亀梨和也 圧勝でベストジーニスト受賞の怪
【関連記事】 “低視聴率男”亀梨、またも日テレで主演決定

最終更新:2013/02/04 12:59
こんな記事も読まれています

KAT-TUN亀梨主演のTBS『ヤマトナデシコ七変化』視聴率が垂直落下中のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

オタク議員・荻野稔氏辞職へ

 年の瀬に、大変なニュースが飛び込んできた。コミケにサークル参加したり、コスプレを用い...
写真