日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「不仲じゃなかった!?」東方神起解散騒動で一番人気ジェジュンに同情の声

「不仲じゃなかった!?」東方神起解散騒動で一番人気ジェジュンに同情の声

jj0205.jpg「JJ」3月号(光文社)

 東方神起の解散説が、今なおさまざまな憶測を呼んでいる。そんな中、今回はメンバー間の関係にまつわるサイドストーリーをお伝えしたい。メンバー写真ではいつも中央を飾る一番人気の美少年・ジェジュンが、この騒動に最も胸を痛めているという。

 そもそもジェジュンは不遇な生い立ちで知られる。

「彼は9人姉弟の末っ子で長男でもありますが、養子であるため、姉や両親とは血の繋がりがありません。姉弟が多いこともあって裕福な家庭ではなく、芸能界にデビューする前は彼が朝も夜もなくバイトをして家計を支え、アジアのトップスターとなった今でも、全面的に家族の面倒を見ている状況です。一番年齢の近いお姉さんが東京に留学していたときは、学費や生活費を彼が負担していました」(マネジメント関係者)

 家族のために身を粉にして働いてきたジェジュンだが、2006年には実の親が育ての親を訴えるという問題も起こった。いまや両家にとって”金づる”となったジェジュンを巡る争いに、彼は心身共に疲弊してしまったらしい。

「そんなときに彼を支えてきたのが、東方神起のメンバーでした。5人は日本では一つ屋根の下で暮らしていましたし、兄弟のように本当に仲が良かったんです。ジェジュンはインタビューなどでもよく『東方神起は僕の命』と答えていましたし、背中にはTVXQという東方神起の頭文字が彫られているほどです」(前述の関係者)

 しかし昨年、契約問題の泥沼化で事務所を離れることになったジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人と、残ったユンホとチャンミン。その渦中、ジェジュンは事務所に残ると言った2人を、「一緒に出よう。5人じゃないと意味がない」と泣いて説得したというが、それは結局叶わなかった。

「メディアではメンバー間の不仲が解散理由と見る向きもありますが、そうではありません。騒動の発端はギャランティの少なさを、ジェジュンらの親が問題視したことにありました。それに対し、SMエンタテインメント関係者は、事務所を離れた3人と残った2人を徹底的に引き裂こうとしました。関係者が常に監視して互いに連絡を取らせないため、NHK紅白歌合戦のような仕事の場でも会話すらままならないのです」(前述の関係者)

 もはや解散は決定的との声も多いなか、苦労人のジェジュンは何を思うのだろうか。
(文=北川忍)

BEST SELECTION 2010

お先真っ暗なの……?

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 東方神起の表紙でバカ売れ「JJ」3月号 ”ピンボケ・合成”写真の舞台裏
【関連記事】 「紅白出場も解散は不可避!?」泥沼化する”東方神起”騒動の行方
【関連記事】 ついにジャニーズの尻尾をつかんだ東方神起に嵐もヒヤヒヤ!?

最終更新:2019/03/07 17:12

「不仲じゃなかった!?」東方神起解散騒動で一番人気ジェジュンに同情の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

安倍首相、買収マネーで孤立無援

今週の注目記事・第1位「河井夫妻『買収』原資...…
写真
インタビュー

歩く伝説・山本政志監督が大作を語る

 1980年代に盛り上がったインディーズムーブメントにおいて、その中心にいた人物が山...
写真