日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > 芋虫、キノコ、魚の内臓……写真家・うつゆみこが創り出すキモカワ・エロのカオス
テリー伊藤も『スッキリ!』で大絶賛!

芋虫、キノコ、魚の内臓……写真家・うつゆみこが創り出すキモカワ・エロのカオス

IMG_4029_f.jpg

 遠くから見ると、かわいらしい猫の顔がアップで写った1枚の写真。手に取り、よく見てみるとギョッとする。「目が、目が……」。これは、現代写真家うつゆみこの写真集『はこぶねのそと』(アートビートパブリッシャーズ刊)のカバー写真である。中をめくると、芋虫やカブトムシやキノコ、魚の内臓たちが、なんとまあ卑猥な姿で登場する。一瞬ゾワゾワっと鳥肌が立ち、思わず目を背けてしまう人もいるというが、よーく見てみると結構笑ってしまう写真の数々。

 うつゆみこが描き出すカラフルでキッチュな独特の世界は、ティム・バートンやジュネ&キャロのようなちょっと特殊なファンタジー、はたまたチェコのヤン・シュヴァンクマイエルのシュールな映像を彷彿させる。

 一度見始めるとクセになる、キモカワ・エロのカオスを描くうつゆみこに、作品の作り方や物の見方、写真に込めた思いを伺った。

──うつさんが描くのは、グロいんだけどちょっと笑ってしまうような不思議な世界で、私はわりと「きもっ」と思いながらもじーっと見てしまうんですが、これはどんなところから影響を受けているんですか?

utsuyumi03s.jpgヘラクレスカブトの幼虫とサンゴを
組み合わせた「リッキー」
(クリックすると拡大表示します)

うつゆみこ(以下、うつ) 見る人によって本当に受け取り方はさまざまなんですが、作品を作り始めた大学時代に好きだったのが、チェコの映画監督ヤン・シュヴァンクマイエルです。もう、最初に見た時から「好き~!」って(笑)。「肉、肉が動いてる~」って思いましたよ。作品としては全部好きなんですが、特に『ファウスト』や『アリス』が好き。それから絵画では、15世紀の宗教画家でヒエロニムス・ボスという人がいて、鳥と人がくっついている怪鳥が人間を食べている姿とか、現実の世界を皮肉ったような作品を描いているんです。あと、それに似た人ではピーター・ブリューゲルも好き。

──うつさんの作品は、結構大変な作業だと思いますが、全部一人で作っているんですか? 使った食材はどうされるのかな、とかいろいろ疑問がありまして(笑)。

うつ 誰か手伝ってくれるといいんですが、ちまちまと一人でやっています。作品を展示する時に、たまに撮影に使った小道具を一緒に展示するんですが、「こんなに小さかったの?」とよく言われます。写真だとサイズ感がよく分からなくなるらしくて。今は、大きな作品でも、だいたいオフィスデスク1個分くらいのスペースにセットを組んで撮影をしています。撮影に使う物は、生モノが多いんですが、残念ながら8割くらいは食べていません。乾燥させて保存できるものはそうしています。

──それはいいことですね(笑)。写真だけを見ると、どんな素材を使っているものか分からない作品が多いんですが、いくつか教えてもらってもいいですか?

utsuyumi01s.jpg「カビダイブ」2008
(クリックすると拡大表示します)

うつ この作品(p117)は、「爽健美茶」にカビが生えたものなんです。お茶ってずーっとそのまま放置しておくと、ほわほわのカビが生えてきますよね。それを丹念に育てて熟成させました。中に沈んでいるのは黄色いクマの人形なんですが、それをお茶の上に置いてどんどん沈ませると、ずぶずぶずぶと茶色のカビを身に纏い、こういう風になります。このカビがついたままのクマは、撮影した後に乾燥させて家にしまってありますよ。あと、「キャットフード曼荼羅」という作品(p110)は、1、5、9、13と4つずつパーツが増えていってそれをコマ撮りのように撮影しているので、全部で170枚くらい撮影しているんですが、結構根気が入りましたね。

utsuyumi02.jpg「キャットフード曼荼羅」2005

──ひとつひとつのヴィジュアルの構想はいつ考えるんですか? ネタを貯めておいたりするんですか?

うつ それはあんまりしていなくて。書いておくと面白くならないんです。でも、素材に使えそうなものは普段から集めていますね。例えば布やフィギュア、リボン、乾物など生モノ以外の素材ですね。撮影をする際には、最初に生モノを買ってきたり、虫を採ってきたりするところから始めて、物と背景を合わせていきます。だから旬のものしか扱えないんですよね(笑)。シーズンをいつも逃しているものとかもあると思います。

 生モノや生き物って触っていてすごく気持ちがいい。子ども時代の泥んこ遊びに近いんですかね。あとは、基本的に動物や虫が大好きで。小さい頃から、父親が、虫とかヘビとかを捕まえてきて飼っていたんです。その影響があるのかも。

──作品のエロ的な部分についてもお聞きしたいです。性についてのド直球な表現も多いですよね。でも、エロい写真もやっぱりコミカルに仕上げている、センシュアルな感じがあんまりしない。

「白子ベイビー」2005(クリックすると拡大
表示します)

うつ 6年くらいヌードグラビアのカメラマンのアシスタントをしているんですよ。なので、人の裸を見るのは日常になっています。あとは、単純にエロが好きなんだと思う(笑)。すごく興味があることだし、そこに対してあんまり羞恥心がないんですよね。だって、キレイじゃないですか。男の人の裸にはあんまり興味がないんですが、女の人の体には興味があります。写真にエロさを感じないのは、精神性をとっぱらって、物とか状況とかをシンプルにシチュエーションを作っているからでしょうね。

――うつさんが作品を通して伝えたいメッセージというのは、物の見方なのでしょうか。

うつ そうかもしれないですね。物をじっと見ると見えてくる面白さがあって、私もそれを発見するのが面白くて写真を撮っているので、それを感じていただければと思います。ゆっくり見ること、ゆっくり考えること。

――最後に今後やりたいことを教えてください。

うつ 今、取り組んでいるのは4×5という大判のカメラで撮影をし始めました。まだ1回しか撮っていないので感触が掴めていないんですが、今後それを使って新しいシリーズに挑戦しようかなと思っています。
(取材・構成=上條桂子/協力=協力:G/P gallery <http://gptokyo.jp>)

●うつゆみこ
1978年東京都荒川区生まれ。早稲田大学第一文学部を中退し、東京写真学園写真の学校入学。05年第25回一坪展入賞、06年第26回一坪展グランプリ、第29回写真新世紀でも佳作を受賞。現在も精力的に作品を発表し続ける期待の若手写真家。
ブログ「うつゆみこの日々のこまごま2」
http://utuyumiko.cocolog-nifty.com/blog/

はこぶねのそと

定価:3675円
発行・発売:アートビートパブリッシャーズ

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 創作期間25年の写真集『羯諦』写真家・山中学が焼き付ける「生と死の境界線」
【関連記事】 高円寺でキモカワフィギュア”タカハシ”と出会う写真集『ボクノトモダチ』
【関連記事】 177人のママを撮った写真家・山田なおこの「現代スナック論」

最終更新:2010/03/08 18:18

芋虫、キノコ、魚の内臓……写真家・うつゆみこが創り出すキモカワ・エロのカオスのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

堤真一演じる”平岡円四郎、実はコミュ障

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

流通アナリスト解説マスク生産

 緊急事態宣言を5月中まで延長する方針が、安倍首相の会見で発表された。もう1カ月の外...
写真