日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > “永遠の子分肌”ダチョウ上島が伝授する 人頼み世渡り術『人生他力本願』

“永遠の子分肌”ダチョウ上島が伝授する 人頼み世渡り術『人生他力本願』

ueshima0316.jpg『人生他力本願』(河出書房新社)

 迷惑をかけてはいけない、人に頼ってはいけない、自分のことは自分で。両親や先生から、耳にタコができるほど聞かされた言葉だ。でも、人は迷惑をかけずに生きることはできない。自分の存在が知らず知らず迷惑になっていることだってある。「人はみな 一人では いきてゆけない ものだから」なんて歌もありましたね。古いか。

 ダチョウ倶楽部・上島竜兵といえば、「おでん芸」「どうぞどうぞ」など、リアクション芸人の代名詞。イジられてナンボの芸人だ。そんな上島氏が、人に頼る生き方を指南したのが『人生他力本願 誰かに頼りながら生きる49の方法』。14歳の中学生に向けて、「夢」「仕事」「人付き合い」などをテーマに、他力本願な世渡り術を語るというスタイルの本だ。テレビで見るいつもの竜ちゃんの語り口だが、笑いを織り交ぜながらも、飾らない率直な言葉が、氏の誠実な性格を思わせる。ダチョウ倶楽部結成当時や売れない時代のエピソードも満載、カバーイラストはリーダー・肥後克広と、ダチョウファン垂涎の一冊と言える。

 章中でも白眉と言えるのが、巻末にある中学生との座談会。中学生の悩みに対して、ぶっちゃけた大人の本音を言い、いじめといじられの違いについて語り、「俺についてアドバイスくださいよ」と逆に中学生に質問する場面も。決して偉ぶらない、”永遠の子分肌”の上島氏だからこそ出来ることだ。「竜平会」など若手が集まりやすい空気の場が生まれるのもその所以だろう。

「これからの人生、主役を目指すだけじゃなくって、誰かに頼りながら生きていく『他力本願」な生き方でいいんです!」(上島)

 上島氏は自身を「刺身のツマ」と言う。主役ではないけれど、どんな場面でも脇役は絶対に必要。「他力本願」な生き方は、人のつながりが希薄になりつつある現代に合った生き方だ。高田純次、所ジョージに次ぐラクな生き方の名人・竜ちゃんの処世術を盗んでやろう。
(文=平野遼)

うえしま・りゅうへい
お笑い芸人。ダチョウ倶楽部メンバー。1961年1月20日生まれ。兵庫県出身。身長162cm、体重83kg。テアトル・エコー養成所、青年座を経て、太田プロに所属。『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(日本テレビ系)『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)など数多くの番組に出演。06年から、志村けんが主催する舞台『志村魂』にも出演中。

人生他力本願 (14歳の世渡り術)

竜ちゃん流・世渡り術

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 有名イラストレーターが伝授する”落書きの教科書”『ラクガキ・マスター』
【関連記事】 蝶、タコツボ、UFO? 世界のAmazingな住居を集めた『可笑しな家』
【関連記事】 真面目だからなお滑稽 重~い名作を笑って読む『生きる技術は名作に学べ』

最終更新:2010/03/18 21:00

“永遠の子分肌”ダチョウ上島が伝授する 人頼み世渡り術『人生他力本願』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真