日刊サイゾー トップ > 社会  > 現場は唖然……スポーツ紙大手「日刊スポーツ」が年収20%カットを労組に提示

現場は唖然……スポーツ紙大手「日刊スポーツ」が年収20%カットを労組に提示

Nikkan_Sports.jpg崩壊間近の日刊スポーツ本社

 「日刊スポーツ」に、不況の波が押し寄せている。会社側が労働組合に対し、年収20%ダウンの提示をしているという。スポーツ紙の雄として君臨してきた同紙も、いよいよ切羽詰ってきたようだ。

「まさか、そこまで大雑把なカット提示が出てくるとは思わなかったので、現場は唖然としていますよ。ウチの場合、デスククラスで年収1,000万くらいですが、それが800万になるわけですから、家のローンや教育ローンを抱えている人間には、たまったもんじゃない」(同紙記者)

 また、同紙の窮状を物語るように、この4月には異変人事がまかり通ったという。

「編集局の局次長までやった人間を、一般記者として芸能担当に異動させたんです。また芸能担当の部長だった人間もいきなり現場記者になっている。降板や異動は今までもなかったわけではありませんが、ここまで無茶なやり方は、もう『会社を辞めろ』というシグナルとしか思えないですね」(日刊スポーツ関係者)

 こうした人事や年収20%カット提示は、日刊スポーツの置かれた立場を如実に物語っている。これに対し組合側は「交渉のテーブルにも着いていない。なし崩し的に、なかったことにしようと思っているようですね」(若手記者)という。

 生き残りをかけた新聞業界の消耗戦は、今後さらに苛烈を極めそうだ。

崩壊する新聞―新聞狂時代の終わり

ガッタガタ。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
 とうとう早期退職者の募集開始! ”高給取り”朝日新聞が失墜してゆく
 「とんだリストラ策!?」”地方切り”を進める朝日新聞の赤字不況ぶり
 内外タイムス倒産の内幕「オーナーの逮捕が決定打だった……」

最終更新:2010/04/09 08:00

現場は唖然……スポーツ紙大手「日刊スポーツ」が年収20%カットを労組に提示のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

安倍元首相の国葬に「れんほー!」

 今週のホットなニュース・トピックをピッ...…
写真
インタビュー

「行くぞ、てめぇら!で行けなかったんです」

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真