日刊サイゾー トップ > その他 > サイゾーpremium  > オタク系ライブの方が盛り上がる!? シーズン突入間近な夏フェス、不振の原因はアーティストのせいなのか
話題の中心独り締め! 時事ネタ知数レベルアップ案内

オタク系ライブの方が盛り上がる!? シーズン突入間近な夏フェス、不振の原因はアーティストのせいなのか

frf0008.jpg08年のフジロック。

──「日刊サイゾー」で話題のあの記事をただ読む以上に、さらなる知識を知りたいそんなアナタのために、話が100倍(当社比)膨らむ” プレミアム”な記事をサイゾー目線で厳選レビュー!

 日々強まる日差しにひたひたと近づく夏の予感。はやる気持ちを抑えきれず学校や職場では早くも夏休みの予定が話題にあがっていることでしょう。そんな夏休みの過ごし方で近年、定番となったのが「夏フェス」。10年ほど前から日本各地でサマソニ、ロック・イン・ジャパン、フジロックにライジングサン……と、まさに音楽業界の書き入れ時といわんばかりに夏の音楽フェスティバルが乱立しまくっているのはもはや周知の事実です。

 一方で、今年の3月に成り物入りでぶちあげられた春の新フェス「GO! FES」は会場がびっくりするほどガラガラだったということで話題に。読者諸氏の中には「『GO! FES』の惨状は着うた系アーティストばっかりで本当のロックファンの琴線に触れなかったのが原因。夏フェスは豪華洋楽アーティストが大挙来日するから満員御礼間違いなし!!」と思っている方も多いでしょう。しかし、今年は洋楽不振や大物招致の資金不足などの問題が山積していることは日刊サイゾーでお伝えした通り。「限りある予算で夏フェスに呼べるのなんてファンキーモンキーベイビーズぐらいしかいないよ~!」と音楽業界が四苦八苦している、かどうかはわからないが、今年の夏フェスにはますます期待できないかも……。

 そんなお寒い状況の夏フェスですが、実はその衰退は以前から囁かれていたもの。「広告としてアーティストを出すだけ」「やたらと高いチケットが全然売れない」「日本の音楽フェスティバルは洋楽アーティストになめられている」──など挙げ始めたらきりがないイヤ~な噂の数々。何も知らずに大金払って行く前に、まずは夏フェスの裏側をこっそりのぞいちゃってる”プレミアム”な関連記事を一読していただくことをおススメします。ここぞとばかりに甘い汁を吸おうとする企業の影から異色の音楽フェスティバル、今元気があるディープな音楽ライブイベントまで、これを読めばあなたも、夏フェス”裏”マスターになれる!?

【日刊Pick Up記事】
「GO!FESの惨状再び……」洋楽低迷と大物不足で夏フェス界に暗雲!?
2010年5月23日付

坂道を転がり続ける夏フェスブームを一刀両断! プレミアムな記事紹介はこちら↓

【プレミアムな関連記事】
[レベル1:フェス人気の陰りを見る]
着うたアーティストに集客力は皆無!? 音楽イベント「GO! FES」が”歴史的な不入り”
2010年3月24日付 (日刊サイゾー)

企画制作の電通さん、不人気っぷりで話題を呼ぶという広告モデルは斬新でした!

[レベル2:チケットが売れない現実を知る]
「夏フェス」ブームは終焉へ ウワサされるチケット販売不振
2009年4月18日付 (日刊サイゾー)

邦楽アーティストの出演料安いんだからチケットもっと安くしてよロッキング・オンさん!

[レベル3:夏フェスの弊害を認識]
「ノリだけの楽曲が量産……」夏フェス傾倒が招く音楽界の暗い未来
2009年6月20日付 (日刊サイゾー)

まったり聞きたいおじさんのことも考えてあげて!

[レベル4:夏フェスビジネスの実情をのぞく]
フジロック、サマソニ、ライジングサン……利権と欲望が絡む夏フェス裏ガイド【1】
2009年8月号 (プレミアサイゾー)

どう考えても空気が読めてないキャスティングってこういう裏があったのねー。

[レベル5:夏フェスの出演者をおさえる]
新世代破天荒バンド神聖かまってちゃん 病んだ叫びがむき出しの、危険なライブ
2010年3月号 (プレミアサイゾー)

今年のサマソニで洋楽アーティストに殴りかかったりしないかしら。

[レベル6:ついでにフェスで活躍しそうなグッズもおさえる]
ロック少年の夢を叶えるギターSMASH を力の限り破壊せよ!
2010年4月号 (プレミアサイゾー)

夏フェスに行けない人はこれでうっぷん晴らしてみる?

[レベル7:マイナー音楽フェスもチェック]
日本初のLGBT音楽祭 って一体何?
2009年9月号 (プレミアサイゾー)

普通のラブソングを聴いても全然響かない人へ。

[レベル8:経営戦略のひとつとしての夏フェスを学ぶ]
業界の救世主か否か!? 経営から見るエイベックス考現学
2010年1月号 (プレミアサイゾー)

落ち目のアーティストも見れる数少ないチャンスを提供してくれる貴重なフェスやってます。

[レベル9:夏フェスの代替案を探る]
新型”地下アイドル系”ライブハウス「ディア ステージ」の カオスな魅力
2009年7月号 (プレミアサイゾー)

元来ロックとはこういうカオスな空間から始まったはず……。

[レベル10:盛り上がりを見せる新しい音楽を楽しむ]
ついにあのアキバ系ライブハウスからメジャーアーティストが誕生!!
2010年2月15日付 (日刊サイゾー)

ダイブする時は危ないからメガネを外そう、お兄さんとの約束だよ。

プレミアサイゾー
http://www.premiumcyzo.com/

ロック・フェスティバル

“表”の歴史を知りたい人へ。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2010/05/28 10:30

オタク系ライブの方が盛り上がる!? シーズン突入間近な夏フェス、不振の原因はアーティストのせいなのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

新旧レジェンドラーメン店を再現したカップ麺3選!

現在のラーメン文化の礎になったレジェンドラーメン...…
写真
インタビュー

さらば青春の光インタビュー

 ときにはガチの元セフレが出演し、ときにはエピソードトークの内容検証のためにADがパ...
写真