日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大相撲・野球賭博問題「暴力団との黒い関係」にさらなる疑惑も噴出寸前!?

大相撲・野球賭博問題「暴力団との黒い関係」にさらなる疑惑も噴出寸前!?

sumou0622.jpg「Pen (ペン) 2010年 1/15号」
阪急コミュニケーションズ

「行くも地獄、下がるも地獄だよ」

 ある部屋の親方が戦々恐々とした顔色で心境を語った。

 賭博問題に揺れる日本相撲協会は21日の臨時理事会で、7月11日から開幕の名古屋場所の開催について協議した。最終決定は7月4日に持ち越されたが、現段階では開催の方向で話が進められている。

 ある理事会出席者は「このまま中止にしたら、暴力団に屈した形になってしまう。前例は作らない方がいい」と話したが、この強行策には不安の声がある。

「あくまで私がいろいろな人間から伝え聞いた認識だが、いま出ている29人の野球賭博の申告者はごく一部。名のある親方や引退した元力士も含めて、実際には倍以上の人数が関わっていると思うし、過去に遡れば世間が仰天するぐらいの名前が並ぶだろう。もし闇社会の人間を怒らせたら、これが次々と漏らされるのではないかと……」(前出親方)

 もし、現在報じられているものが氷山の一角と言うのなら、たとえ名古屋場所を開催したとしても、続々とネガティブな報道が続き、相撲どころではなくなってしまう可能性がある。

 ある角界関係者も「報道では床山が中心となって暴力団関係者と通じていたように報じられているけど、あれはトカゲの尻尾切り」と別の中心人物が存在すると話す。

「薄給の床山にそんな力はないし、大物関係者をかばっているだけでしょう。琴光喜に最初に話を持っていったのも、その別の人物」(同)

 さらに、前出の親方が恐れるのは別のスキャンダルだという。

「暴力団はあくまで支援者という形で接してくるから、彼らの世話になった者が多い。一番まずいのはオンナを世話してもらったケース。仲介者やオンナに金銭を謝礼することもあるから、万一それを買春疑惑だとやられてしまったら……」

 一説には、暴力団が系列の風俗店にいる女性コンパニオンを呼び寄せ、巡業中の力士のもとへ”奉公”させることがあるとも言われている。実際に誰がどこでそんな行為に及んだかは定かではないが、「力士のプライベートは、飲む、打つ、買うの世界。朝青龍の酒、琴光喜のギャンブルときたら次はオンナだから……」と話す現役力士もいる。

 今回、武蔵川理事長は「協会のウミを出し切る」とキッパリ語ったが、その”公約”を実現させるには、こうした他の疑惑についても調査をお願いしたいところだ。
(文=和田修二)

Pen (ペン) 2010年 1/15号

失笑。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
超大物もどっぷり!? 角界を揺るがすプロ野球賭博騒動が芸能界にも波及か
暴行騒動、相撲協会批判、将来のビジョン……朝青龍が『Mr.サンデー』で語った真相
「ギャラは3億、5億!?」芸能プロもテレビ局も……過熱する朝青龍争奪戦

最終更新:2010/06/23 11:00
こんな記事も読まれています

大相撲・野球賭博問題「暴力団との黒い関係」にさらなる疑惑も噴出寸前!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

『どるから』石井館長がJKに!?

 今回ご紹介する『どるから』、単行本の表紙と...…
写真
インタビュー

ゲキメーションの旗手登場!

 デジタル化の進む現代社会において、アナログ感たっぷりな新しい恐怖の扉が開いた。京都...…
写真