日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > AKB48じゃんけん選抜第1位・内田眞由美のド根性人生を検証!
"大島優子に喧嘩を売った女" 

AKB48じゃんけん選抜第1位・内田眞由美のド根性人生を検証!

jyanken.jpg

 9月21日に日本武道館で開催されたAKB48の”じゃんけん選抜”。結成5周年当日の12月8日に発売される19thシングルの選抜メンバーを、じゃんけんのみで決定するという前代未聞のエポックメイキングなこの企画。例えるなら、サッカー日本代表や、内閣の組閣人事をじゃんけんで決めるようなアヴァンギャルドなイベントだ。そもそもAKB48は、正規メンバーであっても、毎回21人前後の選抜メンバーに選ばれなければ、シングル曲のレコーディングはもちろん、ジャケット、PV撮影、メディア露出にも参加できない。しかもそのメンバーはほぼ固定されているという、一種の閉塞状態に陥っている。”選抜総選挙”では、その人選を民意に委ね、今年は前田敦子の2位陥落、大島優子の”党首交代”という逆転劇を生み、また、松井玲奈、指原莉乃らが躍進を遂げた。だが、その一方、ファンからは「総選挙でも雑誌やテレビに出ていないメンバーは不利」という声が漏れた。


 そこで、秋元康総合プロデューサーの発案により、開催されたのが過去の選抜歴、在籍キャリアも度外視して行うじゃんけん選抜。優勝者にはセンターの地位が与えられ、19thシングルでは最も目立つ位置に据えられる。PVでアップにされる尺も長く、テレビ出演時には1番に司会者から話を振られるAKB48の”顔”となるはずだ。

 7月11日に国立代々木競技場第一体育館で開催されたライブで、じゃんけんのトーナメントに参加する正規メンバー47人(小野恵令奈は卒業のため辞退)と、研究生からじゃんけんで参加者を4人に絞り、全52枠を抽選で決定。2カ月を経て行われた大会は、1回戦から大島優子、板野友美、高橋みなみら過去のメジャーシングル全作に参加している”選抜常連”が次々と敗退するという、まさにガチな展開に会場は息を飲んだ。そして、トーナメントで6回戦を勝ち抜き、見事、1位の座を射止めたのが、5期生でチームK所属の内田眞由美だ。総選挙でも40位圏外で、初の選抜入りにしてAKB48の象徴たるセンターポジションを戴冠した内田の人物像に迫っていきたい。

 現在高校2年生の16歳で、身長150cmと小柄ながらパワフルなダンスでファンを魅了してきた内田。小学5年生から極真空手を習い、ブログで「男の子ともボコボコ戦ってたよ~板とかならパキーンって割れちゃう」と明かしている。秋元Pから名づけられた”ウッチー”の愛称でも知られる彼女を語る上で最も欠かせないエピソードが、5月25日のAKB48劇場での公演で、大島優子に向けて語った”下克上”だ。チームKでは、アンコールで一人のメンバーが、ファンへの感謝を語るコーナーがあり、そこで、内田は次のように心情を吐露した。

「今日の公演をやって、今までよりも自分らしさを出せていると思ったんですよ。だから、私も、やっぱりセンターに立ちたいと思うんだ。逆転したいんだ!! ということで、これから”逆転眞由美様”ということで、がんばりたいと思います」

 内田は、参加するユニット曲「逆転王子様」を引き合いに出しつつ、「センターに立ちたい」と宣言。真横にいる大島を大いに動揺させた。2期生の大島と5期生の内田はAKB48として2年以上のキャリアの開きがあり、宣戦布告するには、想像以上の度胸が必要だったはずだ。だが、彼女のこのセンターへの執念が、今回、栄誉を勝ち取った一因となったのかもしれない。

 現在は、大島、板野らと肩を並べるチームKの正規メンバーとなった内田だが、そこに至るまでは、長年、受難の日々を送ってきた。2007年9月、AKB48第5期研究生オーディションに合格し、同期の宮崎美穂、小原春香らが早々と公演デビューを果たす中、内田は08年5月まで公演に使ってもらえず、試練の時を過ごしてきた。チームA4th公演「ただいま恋愛中(リバイバル)」でようやく大江朝美(08年11月卒業)のアンダー(代役)として出演するも、今回奇しくも、じゃんけん選抜で、1位と2位を競った同期の石田晴香と同じポジションを共同で担当。内田が出演時は石田が出られず、また、その逆も然り……という研究生としても”干され”と言われても過言ではない状況だった。

 そしてその夏、内田のほか、宮崎、北原里英、指原莉乃ら当時の4期、5期の研究生は、連日の3回公演を経験。各チームの公演でメディア仕事などがある正規メンバーのアンダーもこなしながら、連日6時間(2時間×3回)ステージに立つという体力の限界に挑むかのような怒涛の日々を過ごしていた。そして、事件が8月13日に起こる。この研究生公演で、AKB48劇場史上初にして、唯一の”アンコールなし公演”が発生してしまったのだ。「3分以内にファンからアンコールが発動されなければ、アンコールはナシ」という暗黙のルールがある劇場でアンコールの声がかからず、そのまま公演終了となってしまう。今なお、運営サイドのこの決定にファンからも異論の声があるこの公演は、当時の研究生たちに改めて、自らのアイデンティティを問う機会を与えた。そんな艱難辛苦を経験し、メンバーはさらなるスキルアップを果たしていったのだった。

 さらに内田の苦難の道程は続く。宮崎、北原ら同期のほか、後輩である6期の高城亜樹も正規メンバーへ昇格する中、内田は09年8月の昇格発表を経て、新チームK公演スタートまで約2年半もの間、研究生を経験。これは4期生の大家志津香に続く、大記録となる。セレクションに落ちれば、即卒業もありえる不安定な立場である研究生を続け、内田は正規メンバーに負けない、不屈のスピリットを身につけていった。チームA、K、B、研究生の4つすべての公演に出演し、特にB4th「アイドルの夜明け」公演には、研究生ながらレギュラーのポジションを与えられた。

 『AKB48総選挙公式ガイドブック』(講談社)では、「フリの覚えが早く、パフォーマンス力の高いウッチーは貴重な戦力」と運営スタッフから絶賛されている。2009年10月にはAKB48初のミュージカル『AKB歌劇団』に起用され、ダンス部の1年生を熱演。それらの功績が認められ、プロダクション・Mousaへの所属が決定。ついに新チームKがスタートし、長年憧れ、慕ってきた秋元才加と同じチームKになれたことに、その初日、「私は研究生からチームKに昇格したんですけれども、チームKが大好きで憧れていたチームだったので、本当にうれしかったです。私の色を出せるようにがんばりたいと思います」と苦節2年半を耐え抜き、正規メンバーとなれたことに涙を見せた。そして、じゃんけん大会の開催が告知され、キャリア度外視で”下克上”できる待望の企画に最も喜んでいたメンバーが内田だった。

 そして大会当日、内田は1回戦で、同期で最速で正規メンバーとなった宮崎に勝利し、さらに先輩である多田愛佳、小林香菜、後輩の前田亜美、先輩・仲川遥香を次々撃破。決勝で、同じ期間、苦汁を味わい、切磋琢磨してきた同志である石田と対戦。内田は空手、石田は柔道の経験があるという武道経験者同志の戦いだったが、内田はその拳をイメージしたかのような運命の”グー”で栄冠を手に入れた。石田と互いの健闘を讃えあうハグをかわし、内田は勝者の弁を次のように述べた。

「みなさんこんばんわ。私が内田眞由美です! 今まで応援していただいてありがとうございます。私は選抜に入ったことがなくて、アンダーガールズになったこともなくて、皆さんにたくさん応援していただいたおかげで、今日じゃんけんで1番になることができました。ありがとうございます」

 6月の総選挙で24位に入賞し、自分が何者であるかを叫んだSKE48・大矢真那の名演説を彷彿させる「私が内田眞由美です!」で、ファンの心をつかみ、これまで彼女を熱心に応援してきたファン、そして、当日、武道館、並びに映画館での全国同時および追っかけ中継でこの模様を心に焼き付けた2万1000人以上の”目撃者”への感謝を語った内田。総選挙では2年連続圏外、そして、個別握手会で人気メンバーは9時間の握手をこなすのに対し、内田は握手券の売れ行きから与えられた時間はわずか2時間半だった。常に競争原理にさらされるAKB48において、これが彼女のこれまでの現実だったのである。今回、自らたぐり寄せたセンターの地位だが、これが19thシングル1枚で終わるのか? それとも、彼女がさらに自身を磨き、”選抜常連”となれるのか? 「小っちゃくたって熱き思いはエベレスト級」がキャッチフレーズの内田の熱き思いがどこまでの飛躍を見せてくれるのか注目だ。

順位・名前(第2回総選挙順位/第1回総選挙順位/17thシングルまでの選抜回数)
1位・内田眞由美(圏外/圏外/0回)
2位・石田晴香(27位/圏外/0回)
3位・小嶋陽菜(7位/6位/19回)
4位・仲川遥香(20位/圏外/1回)
5位・前田亜美(圏外/圏外/0回)
6位・佐藤すみれ(31位/圏外/0回)
7位・佐藤夏希(圏外/圏外/1回)
8位・高城亜樹(13位/23位/2回)
9位・中塚智実(圏外/圏外/0回)
10位・倉持明日香(23位/21位/2回)
11位・小林香菜(圏外/圏外/2回)
12位・田名部生来(圏外/圏外/0回)
13位・河西智美(12位/10位/16回)
14位・松井咲子(圏外/圏外/0回)
15位・前田敦子(2位/1位/19回)
16位・近野莉菜(圏外/圏外/0回)
(文=本城零次<http://ameblo.jp/iiwake-lazy/>)

「AKB1/48 アイドルと恋したら…」通常版

ウッチーからも告白されちゃう!!

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
「100枠持つのも普通!?」AKB48 チケット転売続出でファンクラブが終了
AKB48・前田敦子の天狗っぷりが止まらない!? 今度はメンバーを恫喝か
「キラキラパワーよ永遠に」卒業目前!! AKB48・小野恵令奈の栄光と苦悩を徹底検証

最終更新:2018/12/10 19:34

AKB48じゃんけん選抜第1位・内田眞由美のド根性人生を検証!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

映画『許された子どもたち』レビュー

 緊急事態宣言明けの映画界を震撼させる問題作...…
写真
インタビュー

ANARCHYが映画で望んだ表現

――ANARCHYがメガホンを執ったことで話題となった映画『WALKING MAN』。彼...
写真