日刊サイゾー トップ > カルチャー >   > アウトローが織り成すドラマ 東映仁侠映画を徹底解明『仁義なき映画列伝』

アウトローが織り成すドラマ 東映仁侠映画を徹底解明『仁義なき映画列伝』

jinginaki.jpg『仁義なき映画列伝』(鹿砦社)

 1950年代は映画産業が非常に盛んであった。テレビを持っている人も少なかったし、なにより戦時中、規制された娯楽への渇望を映画に求めた。隆盛もつかの間、映画館の数(スクリーン数)は、60年の7,457スクリ-ンをピークに、減少の一途をたどる。テレビを購入する人が増えてきたためだ。70年には3,246スクリーンと、10年前の半数以下になってしまった。60年代、東宝が「ゴシラ」や黒澤映画を、松竹が松竹ヌーベルバーグなどを打ち出してきたのに対し、勧善懲悪の時代劇を中心に製作していた東映は行き詰った。そこで、時代劇に代わる新たなジャンルとして「東映仁侠映画」という路線を打ち出したのである。

 『仁義なき映画列伝』(鹿砦社)は、映画ジャーナリストの大高宏雄氏が、東映の任侠・やくざ映画を網羅し、厳選した100作品を紹介した本だ。60年代前半から80年代後半の東映仁侠映画黄金期、『網走番外地』『仁義なき戦い』『極道の妻たち』と有名作品も散見されるが、その多くは今ではあまり知られていない作品だ。100作品すべてに解説と100点満点の採点付き、これがなかなかの辛口で駄作には容赦がない。巻頭には故・深作欣二監督(「仁義なき戦い」『人斬り与太』など)の亡くなる直前のロングインタビューも掲載されていて、ファンならずとも興味を惹かれる。

 大高氏は東映任侠映画を『仁義なき戦い』以前・以後と分けて定義している。73年に発表されたこの作品は、それまでの時代がかったヤクザものとは打って変わって、実際に起きた現代ヤクザの抗争を描き、新風を巻き起こした。『仁義なき戦い』以降は、この”実録路線”が多数を占める。『仁義なき戦い』という作品が、義理と人情が形作る正義と悪の図式をひっくり返し、生々しい現実の世界が描かれるようになった。

 大高氏は言う。

「大衆訴求力(大衆=一般の人々へ訴えかける力)。映画においてこれが特に強調されなければならないのは、映画が大衆娯楽と大きな関わりを持っているからに他ならない。(中略)東映ヤクザ映画は、その大衆訴求力を一作品一作品にではなく、路線の中に組み込むことができた。これは日本映画の戦前から続く大きな流れの中で、極めて特殊な事態であったと言わねばならない」(本文より)

 すごいと思うのは、ハズレも多いであろうヤクザ映画を延々と観続けた著者の気力・胆力である。著者のヤクザ映画に対する並々ならぬ愛が感じられる一冊だ。気迫のこもった批評を読むと、普段手に取らないようなジャンルの映画も不思議と観てみたくなってくるのである。
(文=平野遼)

・大高宏雄(おおたか・ひろお)
1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、執筆活動に入る。キネマ旬報『大高宏雄のファイト・シネクラブ』、毎日新聞『チャートの裏側』等を連載中。毎年一回、日本映画のイベント『日本映画プロフェッショナル大賞』(略称「日プロ大賞」)を主宰。今年で16回目を数えた。著書に『ミニシアター的!』『日本映画 逆転のシナリオ』(WAVE出版)等。近刊予定に『日プロ大賞16年史(仮)』(愛育社)。<http://nichi-pro.filmcity.jp/>

仁義なき映画列伝

これが日本のソウルムービーです。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
テレビや新聞が触れない東京地下の謎を解き明かす『帝都東京地下の謎 完全版』
松江哲明監督が綴る「松江哲明」のドキュメンタリー
形のない物、信じられますか? 雫井脩介が挑む新境地『つばさものがたり』

最終更新:2010/10/13 15:00

アウトローが織り成すドラマ 東映仁侠映画を徹底解明『仁義なき映画列伝』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

M-1予選で注目浴びた赤もみじ

 コントのザ・マミィ、漫才の納言。今、波に乗る2組に注目芸人をたずねたところ、くしく...
写真