日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 本多圭の『芸能界・古今・裏・レポート』  > ベテラン芸能記者が激白「故・吉田敬WM社長は大手芸能事務所・研音に潰された!?」
本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」Vol.78

ベテラン芸能記者が激白「故・吉田敬WM社長は大手芸能事務所・研音に潰された!?」

Warner-Music-Japan.jpgワーナーミュージックジャパン公式サイトより

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!

 今月7日、”レコード業界の風雲児”と呼ばれた外資系大手レコード会社・ワーナーミュージック・ジャパンの吉田敬社長が自宅トイレで首吊り自殺していたことが明らかになり、音楽業界に衝撃が走った。まだその余韻が覚めやらぬ1週間後、親しいレコード会社関係者から「吉田さんは(大手芸能事務所)研音のプレッシャーに潰されたんではないか?」という情報を提供された。

「ワーナーは、吉田さんがうつ病だったとしか発表しておらず、彼をうつ病に追い込んだ要因は何ひとつ語られていない。これでは彼の死は無駄になって、浮かばれません。どうか真相を取材して報道してください」とも訴えてきたのだ。

 吉田社長は、2003年に41歳の若さでワーナーの日本法人の社長に就任。絢香、コブクロらを育て上げ、近年低迷を続けていた同社の邦楽部門を立て直したことで”レコード業界の風雲児”と呼ばれた。

 そんな彼が「研音のプレッシャーに耐えられなかったのではないか」とはどういうことか?

 研音は競艇専門誌の研究出版株式会社の音楽事業部門として70年代に設立された。日本テレビの『スター誕生』のプロデューサーだったH氏もスタッフに加え、同番組出身の中森明菜がトップアイドルに上り詰めたことで急成長した。当時、研音は業界団体である日本音楽事業者協会に加盟していなかったが、創業者のN氏が日本船舶振興会の故・笹川良一さんと親しいという噂が立っていたため、芸能界では一目置かれていた。

 だが、89年7月、明菜が近藤真彦と痴話喧嘩の末、自殺未遂。これ以上、明菜の矛先がマッチに向くことがないようにと、マッチの芸能界の母親代わりであるジャニーズ事務所・メリー喜多川氏が明菜のもとに見舞いに駆けつけ、いかに明菜自身が研音から搾取されているかという情報を吹き込んだことがきっかけで、明菜は研音に不信感を持って独立した。

 だが、実際には明菜は搾取されていたどころか、浪費癖と個人的理由でのコンサートのドタキャンで、研音に莫大な損金を作っていたのだ。その後、筆者は明菜の育ての親といわれる研音のH氏と飲食をともにする機会があった。H氏は「娘が、親に反発して家を飛び出しただけ」と一切恨みがましいことを言わなかった。その後、H氏の紹介で創業者のN氏と話す機会を設けていただいた。N氏は業界の重鎮たちが一目置いていただけにコワモテかと思ったら、気さくで社員に気を遣うオーナーだった。その後、当時、赤坂にあった研音のオフィス近くの寿司屋で、社員を連れたN氏にたびたび会った。研音はアットホームな事務所という印象を持っていた。

 ところが、月日が流れ、今回、吉田社長の自殺について取材していくうちに、研音の別の顔が見えてきた。

 昨年2月、研音所属だったシンガーソングライターの絢香と研音が売りだし中のイケメン若手俳優の水嶋ヒロが電撃入籍。事務所はまったくの寝耳に水ということで激怒した。その後、水嶋の露出は激減。事務所に干されたのだ。これにいたたまれなかったのか、水嶋は今年9月に研音を退社。同時に絢香も昨年末に研音をやめていた。入籍後、絢香は持病のバセドウ病治療に専念するために年内活動休止を発表したものの、年末のNHK紅白歌合戦には元気な姿で登場。今後も、育ての親である吉田社長のワーナーで歌手活動を続けていくものと思われていた。ところが、ワーナーは今年3月の契約更新に際して、絢香との契約を延長しなかった。

 「研音からのプレッシャーがあったんですよ」と前出のレコード関係者。絢香は、研音からすれば背信者。研音は、自らの息のかかったワーナーで彼女が活動するのを許さなかったのだ。

「加えて、研音がワーナーのライバルであるソニー・ミュージックとも積極的にビジネスを始めたんです」(同)

 ワーナーはコブクロの曲をドラマの主題歌にするためにドラマの世界に力を持つ研音にプロモーションを依頼。吉田社長と研音は”蜜月関係”と言われ、研音は自社所属のアーティストのみならず、業務提携をしているアーティストも主力はワーナーに所属させていた。その研音がソニーとの協力関係を強化するという。吉田社長への重圧はすごいものになっていただろう。

 「研音は創業者の息子が社長になってから、変わりましたよ。以前のような、関係する人々を家族のように大事にする空気から、良くも悪くもシビアになりました」と大手プロ幹部は言う。

 生き馬の目を抜くといわれた芸能・音楽界。その独特の慣習から、絢香のような「ドル箱」を自ら手放さなければならなかった吉田社長。その無念さは計り知れなかったであろう。改めて、合掌。
(文=本多圭)

ayaka’s History 2006-2009

絢香……。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
「伝説のA&Rマン」ワーナー吉田社長の死が業界に与えた衝撃
水嶋ヒロ&絢香と所属事務所の確執真相!「超高級マンションまであてがったのに……」
眞鍋かをりの影にも暗躍!? 芸能界移籍問題に見る事務所同士のパワーゲーム

最終更新:2013/02/14 11:11

ベテラン芸能記者が激白「故・吉田敬WM社長は大手芸能事務所・研音に潰された!?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

女優・小川紗良、初の長編映画

 2019年、連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合)に出演して以降、『フォローされ...
写真