日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「映像化のプランも頓挫しそう」水嶋ヒロ処女作『KAGEROU』はやっぱり悪評三昧!?

「映像化のプランも頓挫しそう」水嶋ヒロ処女作『KAGEROU』はやっぱり悪評三昧!?

kagerou.jpg『KAGEROU』(ポプラ社)

 水嶋ヒロの処女作『KAGEROU』が発売された。

 ポプラ大賞の受賞には出来レース疑惑がささやかれたが、取材に対しポプラ社の社員が「本当にすごい作品なんです。読んでもらえれば分かります」と熱弁していた作品だ。

 ストーリーはシンプルで登場人物も少なく、自殺志願者、臓器売買の男、そして心臓移植予定の少女の出会いが軸。脳移植で人格も乗り移るというSF的な話も展開する。一説には映画化も内定と言われるが、確かに映像にしやすい印象はある。予約だけで初版43万部を超えるベストセラー、さて購入者の反応はどうか。

「命がテーマらしいけど、読んだ後に”だから何?”という感じ。何を訴えたいのか分からない」

「やたらオヤジギャグが出てきて興醒めするし、ストーリーも薄い」

「行列のできるラーメン屋で3時間並んで、インスタントラーメンを出された気分」

「文字数が少なく、魅力的な世界観もない。文章力が低くライトノベルとしても中途半端」

「この作品のどこに大賞を取る理由があるのか理解できない」

 ネット上の感想文を拾ってみたが、肯定的な内容を見つけるのは非常に困難だ。Amazonのレビューにいたっては、”炎上”とも言うべき酷評のオンパレードになっている。中にはポプラ賞に応募した女性もいて、「私が4年間かけて書いた小説はこんなものよりも劣っていたのか」と嘆いているものもあった。

 一方、水嶋ファンはどうだろうか。デビュー当時から追っかけているという30代女性に感想を聞いてみた。

「私にとってはヒロ君グッズのひとつですから、保存用に2冊買いました。彼が書いたものだと思って読んだので夢中で楽しめました。洋画を小説にした感じかな。さすが天才ヒロ君、満点です!」

 内容の評価とはズレる気もするが、つまりは水嶋に対する好感度で印象も変わってくるということだろうか。逆に言えば、芸能人がいきなり大賞を受賞したという先入観で読んだため評価が厳しくなっているとも言える。

 ただ、ある映画関係者は「ここまで批判が多いとイメージが悪くなってスポンサーがつかないから、映像化の話が頓挫する可能性もある」と危惧している。

 いずれにせよ小説家・水嶋ヒロ(齋藤智裕)はこれがスタート。良くも悪くも多くの人の目に触れたことで、次回作もまた注目されるだろう。批判の声も今後の糧として、俳優業以上に頑張ってもらいたいところだ。
(文=鈴木雅久)

KAGEROU

のりピー本もお買い忘れなく。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
「出来すぎの”茶番劇”!?」水嶋ヒロの小説大賞受賞に業界内外から「唖然」の声
水嶋ヒロ&絢香と所属事務所の確執真相!「超高級マンションまであてがったのに……」
所属事務所が激怒!? 事実上の「引退」に追い込まれた絢香に同情論も

最終更新:2010/12/16 18:00
こんな記事も読まれています

「映像化のプランも頓挫しそう」水嶋ヒロ処女作『KAGEROU』はやっぱり悪評三昧!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太対談後編】

 5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。これを記念し...
写真