日刊サイゾー トップ > 社会  > 「得をしたのはワイドショーだけ」京大カンニング騒動 受験生の逮捕は”生贄”か

「得をしたのはワイドショーだけ」京大カンニング騒動 受験生の逮捕は”生贄”か

kyodai.jpg京都大学公式HPより

 カンニング事件が急速に事態の終息に向かっている。

 京大などで入試問題が試験中にインターネットの質問掲示板に投稿された事件で、京都府警は犯行を男子予備校生の単独のものと結論付けた。

 当初は外部協力者など共犯者がいる複数犯説が有力視され、そのため各メディアでも続報に注目が集まったが、予備校生は試験中、股の間に挟んだ携帯電話で猛スピード操作による犯行だったことを供述。捜査上でも通信記録の分析から単独犯との見方が固められた。

 世間を大きく騒がせた史上最大のカンニング事件が予想外の単独犯に終わったことには、被害者である大学関係者が胸を撫で下ろす。

「共犯者がいたら騒ぎは続いたでしょう。正直、これ以上の騒ぎにしたくなかったので良かった」

 同関係者は疲れた表情でこう話すのは「カンニングぐらいで未成年の少年を逮捕までさせるのは教育機関としてどうなのか……という批判がかなり集まっていたから」だという。

 こうした空気を読んだか、同様の被害に遭った同志社大は、被害届の提出を見送った。同大の広報課も「未成年の犯行なので」と予備校生への気遣いを理由とした。

 しかし、別の大学関係者からは「事態の解明が中途半端ではないか」という声も上がっている。

「ネットで質問されたものに返答した”回答”とそっくりの答えを答案用紙に記入した学生が他にもいたと聞いています。あの予備校生と協力していたとは思えませんが、カンニング犯が他にもいた可能性がある以上、もっと調査すべき」(同関係者)

 つまり、投稿はしなかったが回答を携帯電話で見ただけの受験者がいた形跡があるということか。

「閲覧だけなら他にもあります。ある受験生は”実は自分も携帯電話でカンニングした”と名乗り出ているんです。ネット検索して調べてしまったが、後でそれがバレて騒ぎになったら怖いので…と申し出たそうです」(同)

 ただ、逮捕された予備校生の場合、ネットに投稿したことによる偽計業務妨害容疑に該当したが、閲覧だけのカンニングでは刑法に該当するようなものはない。

「刑事事件にしろというのではなく、同じカンニングをしても差が出るのは不公平で、今後の対策を取るためにも何をどうやったかもっと調べるべきだと思います」と同関係者。

 受験の不正は本来、大学が自ら取り締まるだけのものであるが、世間の騒ぎに乗じて刑事事件となったのは、見方によっては逮捕少年だけが生贄になった形とも受け取れる。

 問題が起きた京大の学生に話を聞くと「大学のイメージが悪くなっただけで、得したのはワイドショーだけ」と不満そうに答えていた。

 結局のところ、世間を騒がせるほどのカンニングだったから逮捕したが、捕まえてみれば大した事件ではなかった……ということなのだろうか。
(文=鈴木雅久)

京都大学

茂木さんのブチギレぶりはちょい異常。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】
ついに「3月13日」に決起!? 「小沢新党立ち上げ」の永田町情報
「競馬にも八百長はある!?」 ゴール直前の”無気力騎乗事件”が大波紋!
倒れた被災者に「ちょっとそのまま!?」 NZ震災報道で問われる日本マスコミのモラル

最終更新:2018/12/12 17:14

「得をしたのはワイドショーだけ」京大カンニング騒動 受験生の逮捕は”生贄”かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

白石和彌監督が語る、若松孝二の遺産

 珠玉の青春映画が誕生した。門脇麦主演作『止められるか、俺たちを』は、インディーズ映...
写真