日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 大島優子は三つ子だった!? AKB48総出演ドラマ『マジすか学園2』のトンデモ設定

大島優子は三つ子だった!? AKB48総出演ドラマ『マジすか学園2』のトンデモ設定

majisuka0425.jpgテレビ東京 ドラマ24『マジすか学園』公式
サイトより

 AKB48総出演の連続ドラマ『マジすか学園2』(テレビ東京系)が4月15日からスタートした。本気(マジ)に生きるヤンキーたちを描いたこのドラマだが、既報の通り、トリゴヤ(小嶋陽菜)が風俗嬢となるなど、衝撃の展開を迎えている。

「前作で亡くなった大島優子(大島優子)は、三つ子だったという設定で、大島優希、大島優香(いずれも大島優子)が登場。優子から馬路須加女学園を託されたはずの前田敦子(前田敦子)は、副部長として学園のNo.2になり、テッペンを張る部長には、突如学園に現れた、おたべ(横山由依)が就任。IT企業に勤務したはずのシブヤ(板野友美)は会社を辞めて前田への復讐を計画。ライバルの矢場久根女子高校に編入し、いきなり3年生になるというトンデモ展開になっています」(テレビ情報誌記者)

 センター(松井珠理奈)と、ネズミ(渡辺麻友)が実質的な狂言回しとなり、AKB48内の世代交代も意識されたシノプシスとなっている。さらに、グループ内のリアルな人間関係を描いたせりふも話題を集めている。

「ネズミが、ライス(米沢瑠美)、昭和(片山陽加)らを『いつまでたってもアンダー止まり』と挑発。これは米沢たちが総選挙で上位に入れず、アンダーガールズ(22~40位)なことを皮肉ったもので、本人たちには辛らつな言葉です。また、ネズミは前田を『仏頂面、咳払い、後輩を寄せ付けない感じ、イヤっすよねぇ』と揶揄。これは前田本人の咳払い事件(記事参照)をネタにしたもの。メンバー本人の恥部すら役に持ち込むことで、二次創作的なエッセンスを醸し出しています」(同記者)

 ヘルマン・ヘッセの作品や、映画『タクシードライバー』からのせりふの引用も散見され、アイドルの枠にとどまらない設定も話題の今作。予定調和を嫌うAKB48のエッセンスが詰まったこの作品がどのように帰結するのか、目が離せない。

AKB48 マジすか学園 DVD-BOX(5枚組)

すんげぇ!

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/13 18:51
こんな記事も読まれています

大島優子は三つ子だった!? AKB48総出演ドラマ『マジすか学園2』のトンデモ設定のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

英語を仕事にできるか・できないか

 一言で「英語ができる」といっても色々な段階があるが、その最高峰といえるのが「仕事で...…
写真