日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > オセロ中島知子の深刻な近況を現場が証言「突然キレだすことも……」

オセロ中島知子の深刻な近況を現場が証言「突然キレだすことも……」

oseronakashi.jpg毎日放送『知っとこ!』公式HPより

「知ちゃんを使うのは怖い……」

 近年、テレビ界からはこんな声も聞かれていた、お笑いコンビ「オセロ」の中島知子。ついに体調不良で休養することが所属の松竹芸能のホームページで発表された。

 中島は司会を務める情報番組『知っとこ!』(TBS系)を今月9日から3週連続で欠席。当初は「インフルエンザ」と伝えられ早期復帰するものと思われていたが、その後の病状は明かされないまま「治療に専念したい」と、ほかのレギュラー番組3本も休むことになった。

 事務所関係者は「詳しい病状はこちらでも分かっていない」と話していたが、中島への不安はかなり以前からささやかれていたことではあった。ある芸能ジャーナリストが語る。

「これまで交際していた俳優TやミュージシャンIなどと破局したときは一時的にイライラしていたことはあったんですが、今回はそれとは比較にならないほど良くない印象です。近年の激太りだけでなく、番組収録中にほかの出演者とケンカになることも増えてきていましたから」

 昨年10月、『ひみつの嵐ちゃん!』(TBS系)にゲスト出演したときの収録でも、中島は嵐のメンバーの司会進行に対しキレる騒動を起こしていたという。

「収録時間が押しているとディレクターに合図された中島さんが、その通り話題を先に進めたんですが、嵐のメンバーがフォローするつもりで『早っ』と突っ込みを入れたところ、中島さんが『私だってやりたくてやってんじゃないよ! 仕事だからやってんの!』とキレてしまい、その場を凍りつかせたんです」(同ジャーナリスト)

 その後、自らの企画で始まった番組『くだまき八兵衛』(テレビ東京系)も途中降板。これには11月の放送で出演者の名倉潤(ネプチューン)が「仕事もらってるのに、辞めたいってなんやねん」と不快感を示していた。番組関係者によると「その前の収録から中島さんの様子がおかしく『こんなのやってられない』と文句を言うことが増えていて、ほかの出演者の反感を買っていたんです。でも、以前の彼女を知っているので、まるで別人のような感じを受けた」という。

 あるディレクターが新番組企画を相談した時も、「どうせほかに断られたから私なんでしょ」とケンカ腰だったという話もある。

「最近は話し方も異様に攻撃的で、きつい性格というより、何か病んでいるように感じた」と前出のディレクター。

 心配なのは今後、復帰しても以前のように彼女を起用する仕事があるかどうかだ。「少なくとも生番組は難しい」と語るテレビプロデューサーもいる。

 今は中島が、あの明るいキャラを取り戻して復帰することを願うばかりだが……。
(文=鈴木雅久)

キレる大人はなぜ増えた

怖いよ、知ちゃん!

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2018/12/07 18:09

オセロ中島知子の深刻な近況を現場が証言「突然キレだすことも……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

新旧レジェンドラーメン店を再現したカップ麺3選!

現在のラーメン文化の礎になったレジェンドラーメン...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真