日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > SM雑誌だらけの図書館!? 風俗資料館
珍バカライター・北村ヂンの【突撃取材野郎!】vol.08

SM雑誌だらけの図書館!? 風俗資料館

fuzoku01.jpgすりガラスによって中は何も見えず……入りづらい!

珍奇なものをこよなく愛するライター・北村ヂンが、気になったことや場所にNGナシで体当たり取材していく【突撃取材野郎!】。第8回は、SM雑誌だらけの図書館に行ってきました。

■風俗資料館ってなんぞや……!?

 「風俗資料館へ取材に行きませんか?」サイゾー編集部に行った際に、編集Kさんからこんなお誘いを受けた。


 高校三年間、カピカピの男子校生活を送ってしまった後遺症で、いまだに女子から声を掛けられると必要以上に緊張してしまうボクは「は、はい……」とテキトーに返事をしてしまったのだが、「風俗資料館」って一体なんなの!?

 まあ、女性の編集さんが提案してきたネタなので、ピンサロやソープランドの資料が満載の”性風俗”資料館とかじゃなくて、民俗学的な意味での”風俗”なんだろうな……とは思っていたものの、実際に訪れた「風俗資料館」はその予想のはるか斜め上をゆくすごい場所だった。

 飯田橋駅から徒歩4分の雑居ビル内にある「風俗資料館」。すりガラスの扉を開けて中に入ると大量の本が収められた本棚と閲覧机という、いわゆる図書館風の内装。しかし置かれている本が、普通の図書館では絶対に取り扱わないであろうものばかり。「S&Mスナイパー」「マニア倶楽部」「SM秘小説」等々……。そう、ココはサディズム・マゾヒズム・フェティシズムなど、いわゆる”そっち系”の雑誌・資料を大量に保管している有料会員制の図書館なのだ。

 SMの資料館と聞くと、すさまじくアヤシイ場所でみんなニヤニヤしながら本を読んでる……的なイメージをどうしても抱いてしまうが、取材中のシャッター音すら気になるくらい静かで明るい館内で来館者が黙々と読書をしている光景は、ヘタしたらホームレスのオヤジがソファに寝っ転がってたりする最近の公立図書館以上に図書館らしい。それでいながら置いてあるのはハードコアなSM雑誌ばかりで、異空間に迷い込んでしまったかのような不思議な気分にさせられてしまう。

fuzoku02.jpg一見、こじんまりとした図書館風ですが……。
蔵書はSM関係のものばかり!

■懐かしのあのエロ本と再び会いたい

 しかしこんな珍しい図書館、どういう経緯があって作られたのだろうか。学生時代にこの資料館を訪れて衝撃を受け、自ら志願してスタッフになったという三代目にして初の女性館長・中原るつさんに話を聞いた。

「当館は、戦後三大アブノーマル誌と呼ばれている雑誌のひとつ『風俗奇譚』編集長だった高倉一さんと、スパンキング小説で有名な平牙人さんによって1984年に設立されました。当初は平さんが大量に所有していたコレクションを閲覧できる場所という側面が強かったようですが、その後、各SM系出版社からの献本や、個人からの寄贈などのおかげで現在では2万冊を超える雑誌・資料、SM関連の映像作品も2,000本以上所蔵されているんですよ」

fuzoku04.jpg戦後三大アブノーマル誌「風俗奇譚」「奇譚クラブ」「裏窓」。
どれもイラストがいい味出し過ぎてます。

 ここは有料会員制の図書館ということで、正会員入会金が1万円、月会費3,500円(ビジターの一日入館料は5500円)という、なかなか冷やかし半分では利用しづらい料金が掛かるのだが、一体どんな人たちが利用しているのだろう。

「ここにしかないような資料も多いので、本当に1枚のコピーをとるためだけに会員になられる方もいますし、毎日のように通って、のんびりと自分の書斎のような感覚で利用してくれている方もいます。こういう雑誌って、どんなに思い入れがあっても個人で長期間保管しておくのは難しいものがありますよね。なので、若いころに熱心に読んでいたあの雑誌が読みたい……というような目的でやって来る方も多いようです。あの雑誌の何月号、のようにピンポイントで記憶しているわけじゃないんですが、表紙がこういう色合いで、裏表紙にはこういう映画広告が載っていて……という覚え方をしているんですよ。若いころに一カ月間大切に読み込んでいた雑誌のことって、本当に強く記憶に残っているんでしょうね」

fuzoku03.jpg

 ボク自身はSMにあまり興味がないので、ここに置かれている雑誌たちを読んだ記憶はほとんどないのだけれど、確かに若いころ、少ない小遣いをやりくりし、本屋の店員さんの視線を気にしつつ購入して読んでいたエロ本って今でも強烈に記憶に残っているし、それをもう一度読むことができたらすごくうれしくて、いやらしい気持ち……というよりは感動して泣いちゃいそうな気がする。

 ちなみにこちらでは、この手の本に興味があるけど男性がいるところではちょっと……という女性のために、毎週水曜日の19~21時に女性限定で「夜の図書館」という企画が開催されているそうだ。

「女性の方からの要望もあり、たまたま私が女性で館長をやっているということもあるので、そういう企画を立ち上げました。ただ、本当は男性も恥ずかしいと思いながら来ているのにな……とも思うんですけどね。別に女性が来たからといって『うへへへ』みたいな雰囲気にはなりませんし、それぞれが触れてほしくないと思いながら思い思いの本を読んでいるわけですから。週に1回、しかも時間まで指定されているとなると使い勝手は良くないと思いますし、できれば普通の時間にも来てもらいたいんですけどね」

■情念あふれかえりまくりのスクラップブック!

 ところで、今回は取材ということで、いろいろな資料を説明してもらいながら見せてもらったのだが、ボク的にグッと心をつかまれたのは一般に売られていた雑誌よりも、個人の方から寄贈された自作のスクラップブックやファイルの数々だった。

 もちろん、雑誌などからの切り抜きがメインとなるのだが、個人の独断と偏見丸出しで選定し、切り抜き、スクラップブックに貼られることによってまったく新しいオリジナルの一冊と生まれ変わっている。そのどれもが、作った人の情念(性欲)あふれまくりで、タマラナイのだ。

 たとえば「下着の資料」と書かれたファイルには、セクシーランジェリーを着用してウッフンポーズを決めた、分かりやすくエロいお姉さんの写真が主に張られているのだが、その中に交じっていきなりグンゼの下着広告が張られていたりする。ボクからすると、ホントにただの広告にしか見えないページ。しかし、コレも下着マニアの目にかかればエロスの対象となるのだろう。

fuzoku05.jpgエロ要素皆無な下着広告も、見る人が見ればエロ!

 また、熟女マニアによって作られたというファイルには、三田佳子や大竹しのぶ、中村玉緒(!)などの熟女有名人の切り抜きがズラリ。正直、ボク的にはチンポがピクリともこないセレクションではあるが、作った人のあふれかえる情熱に気おされて、見ているとちょっとエロチックな気分になってくるから不思議だ。……しかし、熟女好きなわりにはファイルに付けられた名前が「年増の資料」ってのはヒドイ!

fuzoku07.jpg

fuzoku06.jpgまあ……確かに熟女だけどね……。
悪意はないと思います。

 さらに圧巻だったのが、”美少年が体制などにがんじがらめにされて虐げられているのが大好きなマニア”の方(そういうマニアがいるんだね)が作ったというファイル。タイトルは「ジャニーズJr.ホモセクハラ関連記事」……。そうかー、そういう性癖を持っている人にとっては、ジャニーズのセクハラ裁判ってどんなエロ小説よりもリアルで股間(もしくは肛門)にグイグイ迫ってくるドキュメンタリーなのだろう。

fuzoku08.jpg他にも気になるタイトルがいっぱい。

 もちろん、これらのオリジナル資料たちは会員の方から寄贈されているもの。自分の作ったエロ・スクラップを図書館に置くというのはどういう思いからなのだろうか。

「自分のコレクションをみんなに見せたいというよりも、ここに置いておけばいつまでも残るだろうっていう安心感があるんじゃないですかね。コツコツ作ってきた大切なコレクションをさまざまな理由で手放さなければいけないという事情がありますよね。でも捨てるくらいなら、せっかくだから風俗資料館に置きたいとか、元気なうちにきちんとまとめた資料を寄贈しておこう、ということなんじゃないでしょうか」

 ……なるほどー。ここまで思い入れたっぷりに作ったスクラップブックたちをただ捨ててしまうのは忍びない、という気持ちはよく分かる!

 しかも、本来なら絶対に人目に触れることがなかったであろうこれらのコレクションたちを、ボクらが自由に見ることができるようになっているというのも、またうれしい。いろいろな意味で本当に貴重な資料の数々だ。

 ただ今回、残念だったのは、編集Kさんが取材に同行していたので、「うひょー! むひょー!」といろんな資料を血眼になって隅々まで読むことができなかったこと(気持ち悪いと思われたくないんで……)。

 あのファイルたちをじっくり鑑賞するために、個人的にここの会員になっちゃいそうだ。

fuzokui01.jpg

●風俗資料館
<http://pl-fs.kir.jp/>

(取材・文・イラスト・写真=北村ヂン)

「奇譚クラブ」とその周辺

“その周辺”がわんさか。

amazon_associate_logo.jpg

●「突撃取材野郎!」バックナンバー
【第7回】 テレクラは今こんなことになっている2010
【第6回】『東京都北区赤羽』の作者と行く赤羽ディープスポットめぐり(後編)
【第5回】『東京都北区赤羽』の作者と行く赤羽ディープスポットめぐり(前編)
【第4回】手塚、藤子、赤塚、石ノ森……漫画界の巨匠たちも食べた伝説のラーメン屋
【第3回】「激安宿に泊まりたい!」ドヤ街で一泊1,000円代の宿に泊まってみる
【第2回】「甘酸っぱい思い出のシンボル……」僕らの愛したブルマーは今どこに
【第1回】アイドル小明と行く、サブカル魔窟『中野ブロードウェイ』

最終更新:2012/04/08 23:16
こんな記事も読まれています

SM雑誌だらけの図書館!? 風俗資料館のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

白石和彌監督が語る、若松孝二の遺産

 珠玉の青春映画が誕生した。門脇麦主演作『止められるか、俺たちを』は、インディーズ映...
写真