日刊サイゾー トップ > 芸能  > 王道の終焉──ドラマ『水戸黄門』打ち切り 日本の時代劇はもうダメなのか

王道の終焉──ドラマ『水戸黄門』打ち切り 日本の時代劇はもうダメなのか

mitokoumon0725.jpgTBS『水戸黄門』HP

 TBS系時代劇ドラマ『水戸黄門』が、現在放送中の第43部で終了することが発表された。

 昨年10月からは的場浩司や東幹久、雛形あきこを起用するなど、キャストの若返りによる「テコ入れ」を行ったが、視聴率の低迷に歯止めがかからなかった。

 思えば、近年は、『JIN-仁-』などの変化球的時代劇がヒットしているものの、いわゆる正統派の時代劇は再放送ばかり。『水戸黄門』はやはり、もう時代に合わないのか。番組終了に関し、番組に携わっていたあるスタッフは言う。

「スタッフの中では番組への危機感が2年ほど前からあり、この数年の番組のテコ入れも、方向性として良いのかどうかという声もありました。ただ、視聴率をタテにとられると、やむを得ないところがあります」

 ”視聴率低迷”の背景には、放送枠の異動や、間にやっている現代劇の視聴者層狙いなどのズレが影響している部分もある。


 DVDやビデオ、再放送で過去の時代劇が見られる今、わざわざ毎週チャンネルを合わせなくても自分の好きなものだけ選べば良いという時代の流れも、もちろんある。

「一番の問題はやっぱり、予算が足りなくなってきたことです。かつては大名行列に100人のエキストラを使っていたところ、今は50人をうまく画作りで使いまわすなどになっていますが、どうしても画がヘタってしまってくる。また、(水戸黄門役の)里見浩太朗さんが高齢だから、早く出番を終わらせてあげようという配慮も現場的にはありました。もっとも、これまでも東野(英治郎)さんが高齢で動けなくなってきた際など、動けないときなりの本づくりはあったのですが、今は時代劇をかける脚本家が減ってしまっているんですよね」(前出のスタッフ)

 また、水戸黄門は、「勧善懲悪」という大きな柱のもと、「○分ごろに由美かおるの入浴シーンがあって、○分ごろに印籠が……」という流れまで含めて「ワンパターン」という指摘は昔から多い。そして、「ワンパターンだからこそ良い」という声も多かった。

「確かに長年ワンパターンと言われていますが、その中でも回によって、人情話があったり、ローマの休日のような話があったり、地方性もたくさん盛り込まれていて、いろいろなバランスがありました。ところが、近年は”視聴率”ばかりが重視され、『人情話がウケる』となると、毎回人情話ばかりになっている。かつてはワンパターンと言われるなかにいろいろな色合いがあったけれど、今はワンパターンじゃないのに、かえってワンパターンに見えてしまうという結果です」(同)

 長年、時代劇の王道カテゴリとして存在してきたのは、『水戸黄門』と、NHKの大河ドラマであった。ところが、一方の柱『水戸黄門』は終了が決定し、もう一方の柱・NHKの大河ドラマは、近年はゲームやアニメから入った「歴女」狙いのものなどが増えてしまっている。

「個人的には、水戸黄門は”大人の戦隊”だと思うんです。かつては『水戸黄門』や大河ドラマという王道があったからこそ、対極にある『必殺~』シリーズなどが魅力的でした。でも、今は『必殺~』シリーズなどと同じ側『JIN-仁-』などがあるだけ。対極のドラマが輝くためにも、やっぱり王道として『水戸黄門』は、残すべきだったと思っています」

 時代劇の王道が、長い歴史にピリオドを打つことになるが、せめて最後は華々しく終わってほしいものである。

水戸黄門 [Soundtrack]

人生、楽ありゃ苦もあるそうですが……。

amazon_associate_logo.jpg

最終更新:2013/09/12 11:38
こんな記事も読まれています

王道の終焉──ドラマ『水戸黄門』打ち切り 日本の時代劇はもうダメなのかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

人力舎の”若手”アンダーパーに注目

 芸歴5年目、なのに全員オーバー30という、人力舎の”若手”トリオコント師「アンダー...
写真